Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

八十八ヶ所巡礼×ピアノゾンビ

2018年09月号掲載

八十八ヶ所巡礼×ピアノゾンビ

ピアノゾンビ

Official Site

八十八ヶ所巡礼

Official Site

8月18日に3年ぶりのニュー・アルバム『凍狂』をリリースした八十八ヶ所巡礼。彼らのパート・チェンジ・バンドがあることはご存じだろうか。その名も"パチジュウパチカショジュンレイ(略称:パチパチ)"。2014年にスタートした同バンドは、2016年、2018年と2年おきに一夜限りのライヴを敢行。さらに今年のライヴにおいては、演出のプロデューサー(座長)としてピアノゾンビのアキパンマンが就任。平日であろうと"パチパチ"が出演することで週末のワンマンよりもチケットが売れてしまうという謎の多い"パチパチ"について、マーガレット廣井とアキパンマンによる対談を敢行した。

八十八ヶ所巡礼:マーガレット廣井(Vo/Ba)
ピアノゾンビ:アキパンマン(Vo/Gt)
インタビュアー:加藤 智裕 Photo by ゆうばひかり

-まず、この2バンドの出会いはいつだったのでしょうか?

廣井:2012年ぐらいじゃないですかね。柏PALOOZAで共演(2012年2月25日に開催された"palooza 3rd Anniversary『ピアノゾンビ vs 八十八ヶ所巡礼 vs バックドロップシンデレラ』")して。

アキパンマン:あれ、なんだっけ? ブッキングだったっけ?

廣井:バックドロップシンデレラ、ピアノゾンビ、うちとかだったような。

アキパンマン:そうだそうだ。その3マンで......そのときは仲良くなかったよね。

廣井:そうですね。ピアノゾンビは打ち上げ出ずに帰ってたし。

アキパンマン:その日ってバクシン(バックドロップシンデレラ)と打ち上げあったの?

廣井:ありましたよ!

アキパンマン:俺らだけ行かなかったのか(笑)。

-それまでにお互いに音源を聴いていたり、存在は知っていたりしたのでしょうか?

廣井:俺、広告でピアノゾンビを見たことがあって、聴いたこともありましたね。それこそ(見たのは)フリーペーパーだったと思います。

アキパンマン:僕の方は知っててかっこいいなと思っていたんですけど、ジャンルとか何もかも違いすぎるからそんなに一緒にやることはないなと思っていて。けど意外とお客さんが両方好きな人が結構いたみたいな感じで。柏PALOOZAの店長さんから"ツーマンやろうよ"って言われてやったとき(2013年4月13日に開催された[palooza presents VS CIRCUIT "ピアノゾンビ vs 八十八ヶ所巡礼"])に飲みに行ったのかな。それぐらいからよく一緒にやるようになった気がする。

-最初の3マンがいいきっかけになったのですね。

アキパンマン:うちらがバクシンなしでツーマンやったんで、バクシンに怒られましたね(笑)。"俺らをはじくな。なんで俺ら誘わねぇんだよ"って(笑)。

-そこから毎年ツーマンをやる仲になっていったわけですね。初めて対バンしたときの印象を教えてください。

廣井:異様に盛り上がってるなと思ってました。

アキパンマン:バクシンじゃなくて(笑)? 八八(八十八ヶ所巡礼)を観た人の印象ってだいたい一緒だよね。すげぇなとか、上手いなとか、かっこいいなとか。

廣井:ピアノゾンビと出会ってなかったら、僕らもうちょっとストイックに楽器を演奏する方向にいってたかもしれない。

アキパンマン:ストイックにやってるでしょ(笑)。

廣井:(笑)でも、ふざけ要素みたいなのは、ピアノゾンビと一緒にやってたから絶対増えてきたんだと思うんですよ。

アキパンマン:ライヴでお互いのネタを交換し合ったりしてたよね。うちのホネヌキマン(大王)がマガちゃん(廣井)に変装して、マガちゃんから飛び蹴りを食らうとか。逆にマガちゃんがライヴ中に客席をお神輿で渡ったりとか。せっかくツーマンやるからいろいろコラボしようよとなって、何年目かぐらいのアンコールでセッションしたよね。

廣井:そうですね(笑)。ゲスの極み乙女。の「猟奇的なキスを私にして」をやったような気がするんですよ。

アキパンマン:それが初めだっけ?

廣井:あ、違う。一番初めは郷ひろみだった気がする。

アキパンマン:そうだ。それでゲスの極み乙女。やって、次にKANA-BOONやったね。

廣井:そのあとTM NETWORKですもんね(笑)。

-ツーマンをやるようになってからは打ち上げもやるようになったんですか?

アキパンマン:毎回一緒にやってますね。

廣井:最初は地方でやるときに次の日もライヴだからって打ち上げやりましたよね。仙台の打ち上げがすごい楽しかった記憶があります。そこにいる全員で飲み屋に行って。

アキパンマン:その次の日に大阪でライヴで、そのアンコールでホネヌキマンとマガちゃんがラップ対決みたいなのをやって、"ディスらない褒め合う対決をしようぜ"ってやってたら、マガちゃんが"昨日のキャバクラでは......"みたいな話をして、あれは(八八の)マネージャーさんがなんちゃらみたいな言い訳をするっていう(笑)。

-勝手なイメージなんですけど、八八はあんまり交友関係が広くないイメージがありますが。

廣井:僕ら、対バンにあまり誘われないんで。遊ぶだけのバンドの友達はいるけど対バンはしないですね。別に遊ぶくらい仲いいんだったら、お互いのタイミングがあったときにいつでも対バンできるかもしれないわけじゃないですか。でも、ライヴはシビアに決めていかないと。ただ仲良しってだけでやってると成り立たないんだろうなって思うんですよね。

-そういう考えがあるなかでピアノゾンビとは継続的に続いているのはなぜだと思いますか?

アキパンマン:遊んでるみたいな感じじゃないんですか(笑)。(八八の)マネージャーさんもふざけたことやらせたいんじゃないんですかね。たぶん、八八のメンバーが恥ずかしいことをさせられたりしてるのを見て笑ってるんですよ(笑)。

廣井:狂ってますよね(笑)。

-それでは今回の本題の"パチジュウパチカショジュンレイ(以下:パチパチ)"についてうかがっていきたいのですが、まずパチパチはいつから始まったのですか?

廣井:2014年の東京キネマ倶楽部のワンマン(2014年12月14日に開催した"one man LIVE―攻撃的国民的音楽")のときに、パート・チェンジしてやってみたんですけど。

アキパンマン:それってなんのためにやったの?

廣井:......(笑)。

アキパンマン:アンコールで?

廣井:アンコールじゃなくオープニング・アクトで(笑)。その2年後の新宿LOFTでのワンマン(2016年8月18日に開催した"八十八ヶ所巡礼 -one man LIVE-")でもパチパチをやりました。毎年、新宿LOFTで8月8日と18日の2デイズでライヴをやっているんですけど、そのときはどっちかが平日だったんですね。平日ってチケットの売れ行きが週末に比べるとちょっと落ちるので、それをどうにかすることはできないかってことで"パチパチが復活します"って打ち出したんです。

-今年と同じような感じだったんですね。

廣井:今年もパチパチやった日の方(8月8日に開催した"八十八ヶ所巡礼one man LIVE 八×八祭 -八月は極楽浄土キャンペーン!!!-")が、平日なんですけど、チケットが売れてしまったんですよ(笑)。