Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

八十八ヶ所巡礼×ピアノゾンビ

2018年09月号掲載

八十八ヶ所巡礼×ピアノゾンビ

ピアノゾンビ

Official Site

八十八ヶ所巡礼

Official Site

八十八ヶ所巡礼:マーガレット廣井(Vo/Ba)
ピアノゾンビ:アキパンマン(Vo/Gt)
インタビュアー:加藤 智裕 Photo by ゆうばひかり

-アキパンマンさんは過去のパチパチの映像は観られました?

アキパンマン:(東京)キネマ倶楽部のだけ観せていただいて。

廣井:2016年のやつはたぶん映像に残ってないですね。

アキパンマン:とりあえずKenzoooooo頑張ってるなって思いました(笑)。メンバー入れ替わったらこうなるよなとは思いつつ。

廣井:そうなんですよ! だからパチパチのクオリティを高めるにはどうすればいいのかが僕は最近興味あります。

アキパンマン:Kenzooooooもギター全然弾けないし、弾いてない感じもしましたけど、お客さんが喜んでる感じはありましたよね。

廣井:お客さんに助けられてますね。

アキパンマン:やってる内容は酷いけどお客さんは喜んでて、だからチケットもそれだけ伸びたんだろうなって。

-今回のパチパチはだいぶ演奏もしっかりしてたと思いました。

アキパンマン:KenzooooooのMCがだいぶしっかりしてたよね。

廣井:そうですよね! でもMCの台本があった方がいいのかなと思いました。

アキパンマン:俺!? それはそっちで考えてくださいよ(笑)。

廣井:いやいやいや。僕が言ってもKenzooooooはやってくれないと思うんですよね。座長が原稿を書いてくれたらやるんじゃないですか。

アキパンマン:そうなの? そういう意味合いで僕を入れたのが大きいかもしれないですね、言ってもやらないから。じゃあ、次はMCも考えるか。

廣井:来年やりましょう!

アキパンマン:"行くぞ、お前ら! かかってこいよ!"とかね(笑)。

廣井:そういう単純なやつがいいですね(笑)。

アキパンマン:そういう練習したいな。

廣井:僕ら今年、八八で一瞬だけ映画(10月12日公開の"音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!")に出演したんです。初めは楽曲提供(※挿入歌「肩噛むな!」)だけっていう話だったんですけど、監督(三木 聡)が僕らに会いに来てくれたときに"出演もしてくれませんか?"って直々にお願いされて。そういう演劇的なことに縁がある年なのかなと思ってます。役者、俳優になりたいとは僕は微塵も思わないんですけど、ひとつ芸として身についてたら今後の人生のなんかに役に立ちそうじゃないですか。特にかっちゃんとKenzooooooが演技やればすぐ上手くなりそうだなと思うので、そういうところを見守りたいっす、僕は。

アキパンマン:なんかやります?

廣井:やりましょう。"劇団アキパンマン"やりましょう。

アキパンマン:その名前やだな(笑)。

-セッション以外でそういったコラボがあったら面白いですよね。

廣井:赤坂BLITZのピアノゾンビのワンマン(※2016年1月31日に開催した"ホワイトクラブ発売記念TOUR「強化合宿」最終日")のときに、八八メンバー全員で呼ばれて行ったんですよ。お芝居だけ......演奏とかなんもやらずに、ただ不良役として俺ら3人がいてっていう。

アキパンマン:あんときのKenzooooooすごい良かったんだよな。不良モノの何かやる?

廣井:不良モノのやつやりましょう(笑)! 俺もあのとき結構楽しくて、竹刀振り回すだけで楽しかったです。

アキパンマン:人足りるかな。人足りなかったら......周りに女の人とかいないもんね?

-それこそバックドロップシンデレラとか?

アキパンマン:そこで久しぶりのコラボ(笑)! そんなことはないんですけど、キャナコさん(アサヒキャナコ/Ba/Cho)とかスケバン役にピッタリだもんね(笑)。

廣井:アクションできますかね、俺ら。

アキパンマン:アクションとかもやりたいけどね。

廣井:ちゃんとやりたいっすよね。それだったら僕はちょっとした怪我はいとわないです。

アキパンマン:そこまでの話じゃない(笑)。

-今回のパチパチでもう少しできたなということは何かありました?

廣井:それこそMC台本ですよね。あそこで流れは良くも悪くもどっちにもなるので、あのMCは......僕が言うのもあれですけど(笑)。

アキパンマン:思ったよりMCの時間が長かったよね。その長いMCの中でもKenzooooooがフリーズしてる時間の方が長かった(笑)。

廣井:困ってるなーって。でも俺は"絶対助けないぞ"って思いながら見てました(笑)。

アキパンマン:他にできることあるかな。LOFTであの時間内でやるんだったらちょうど良かったんじゃないかな(笑)。

廣井:あれ以上できないと思います(笑)。

アキパンマン:あとは特殊メイクをちゃんとやりたかった。剥がすのに1時間ぐらいかかるって言われたんで、本編までに1時間かかっちゃうとお客さんを待たせちゃうから。それは諦めましたね。

-ピアノゾンビもパート・チェンジはあったりするんですか?

アキパンマン:年に1回ぐらいディナー・ショーをやってて、そこでパート・チェンジしてやったりはしてますね。

廣井:ディナー・ショーとか相当ふざけてていいですよね。

アキパンマン:楽しいよ。今度ディナー・ショー一緒にやればいいじゃん。

廣井:楽しそうですね。でも、ちゃんとライヴはやるんですよね。

アキパンマン:昼間の1部はワンマン・ライヴで。ワンマンのお客さんが帰ったあと、夜の2部はテーブルとか全部運んでコースみたいにして、VIP席も作って。VIP席はチェキとか撮れるんですけど、チケット代が2万ぐらいする(笑)。披露宴みたいにウェルカム・シャンパンをメンバーがやったりとか。

廣井:ふざけてますよね(笑)。

アキパンマン:そんときは映像とか撮って"ダーツの旅"みたいな映像を流したりとか。そういうのやればいいじゃん。

廣井:はい(笑)。逆にそういうのやってもらっていいですか。僕らは従うだけなんで、座長に。

-パチパチでやる曲というのはどうやって選曲をされてるのですか?

廣井:これだったらできるだろうっていう、なるべく演奏力の必要のない曲を選んでます。僕らどう考えてもできないフレーズとか個々にあるんですよ。結構ドラム好きなんですけど、Kenzooooooのドラムとか一生かかっても叩けないフレーズ叩いてたりするんで。かっちゃんのギターも練習してもできない次元のテクを使ってるやつがあるんです。そういうのは外しますね。物理的に演奏が無理っていう曲は多いですね。

アキパンマン:映画の曲(「肩噛むな!」)さ、初めてをパチパチでやったんだよね。本編というか普通の八八でもやってない新曲をパチパチで(笑)。お客さんどうだったんだろうね。新曲をパチパチでやるとか頭イカれてんのかなって思った(笑)。

廣井:いつかやろうっていう発想がなかったからじゃないですかね。その曲は監督が歌詞を考えたんです。

アキパンマン:監督が歌詞考えたの?

廣井:そうなんですよ。監督からいくつかスケッチ的な歌詞が送られてきて。最初は、最終的に「凍狂」という曲になるデモを送ったら、プロデューサーから"監督が考えた歌詞が1行も使われてないです。ちょっとその歌詞のニュアンスを入れてください"と言われまして。じゃあ「凍狂」は自分たちでやろうと思って、映画の曲は監督が書いた歌詞のまんま曲だけつけようって。だからあれはまんま監督の歌詞です。

アキパンマン:「凍狂」はもともと映画用に作ってたってこと?

廣井:映画の主題歌っぽいなって思って(笑)。しかも僕は全然わかってなかったんですよ、主題歌ではないっていうことを。

アキパンマン:それがアルバムのリード曲になったってことか(笑)。そんなことあるんだね。

廣井:ボツになって良かったって思ってるぐらいですね(笑)。