Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

GIRLFRIEND

2018年03月号掲載

GIRLFRIEND

メンバー:SAKIKA(Vo/Gt) NAGISA(Gt) MINA(Ba) MIREI(Dr)

インタビュアー:秦 理絵

-ここからは収録曲について、作詞作曲者にフォーカスを当てながら話を聞ければと思いますけども。まず、MIREIさん作詞作曲の「光」はダークな曲ですね。

MIREI:「光」は2年ぐらい前にボカロが一番好きだったときに作った曲だったんですよ。「敗北の少年」(kemu)っていう曲がめっちゃ好きだったんです。で、そういう感じの曲を作ろうと思って、できたのが「光」なんです。サビと同時進行で歌詞を考えていったんですけど、ちょうど中3から高1のころなので。ちょっと中2病っぽいですよね。

-"光なんかもういらない"っていうフレーズとか?

MIREI:はい(笑)。

-それは当時のMIREIさんの気持ちともリンクしてたんですか?

MIREI:なんか......私は性格が歌詞とか曲のイメージと真反対なんですよ。

-たしかに。雰囲気は明るくて、バンドのムードメーカーっぽいのに、歌詞は暗い。

MIREI:そうなんですよね。性格はわりと"いえーい!"っていう感じなんですけど、曲はマイナー調になるんです。そっち系の曲が好きだから、歌詞もハッピーにならなくて。"なんなんだ、この世界はどうかしてる"みたいな。

SAKIKA:この曲がMIREIから上がってきたときに、「光」っていうタイトルだから希望系の曲なのかな? と思ったら、"光なんかいらない"で、そっちか! みたいな感じでした。でも、このギャップも面白いのかなと思います。

-MIREIさんが作曲をしたもう1曲の「JUMP」は新曲ですね。ハードなロック・ナンバー。

MIREI:ライヴで盛り上がれる曲が欲しいなと思って作った曲です。最初はドラムとメロディしかなかったんですけど、イントロは弦楽器チームが一緒に考えてくれて。だから、みんなで協力して作った感じですね。歌詞はSAKIKAに手伝ってもらいました。

-学生生活をテーマにした歌詞にしようと思ったのは?

SAKIKA:学校のLINEで暇な人を集めたグループがあるんですけど、それを知ったときに、みんなもライヴに来たら、もっと毎日が楽しくなるのになと思ったんですよね。もともとライヴでジャンプしよう! っていう曲だから、そのまま書いてみました。

-MINAさんが作詞作曲を手掛けた「甘い誘惑」は、キャッチーなメロディに中毒性がありますよね。椎名林檎さんの影響っていうのもわかるし。

MINA:これは中学2年生のときに作った曲なんですけど、チョコレートが大好きだったので、そういう曲を作っちゃえ! っていうノリですね。"甘い誘惑について行かないように。チョコレート中毒にかからないように"っていうフレーズがパッと出てきて。そこにメロディをつけた感じです。"あかんよ"って言われたら、余計やりたくなっちゃう、みたいな。そういう人間の本能的な部分を書けたらなって思いました。

-アルバム・タイトルの"CHOCOLATE"は、この曲からとったんですか?

SAKIKA:タイトルは、"このアルバムがみなさんの好きなものになってほしい"っていう意味にしたくて、自分たちの好きなものを挙げてみたりしたんですよ。そしたら、出てきたのが食べものばっかりやったんですよ。ポテトサラダとかおこげとか......。

-おこげ!?

SAKIKA:はい(笑)。その中にチョコレートもあって。"チョコレート"っていう言葉の響きとかイメージがなんとなく私たちっぽいんじゃない? っていうことで決まりました。

-たしかに10代の女の子に似合うタイトルかもしれないですね。実際に聴くと、すごくロックだから、かわいいだけの女の子だと思ったら痛い目にあいますけど。

SAKIKA:ふふふ、嬉しいです。

-あと、MINAさんが作詞作曲をした「ヨンソク」の話も聞かせてください。これはNAGISAさんが加入して、4人になったタイミングでできたそうですね。

MINA:そうですね。「ヨンソク」も中2か中3ぐらいのときに作りました。NAGISAが入るってなったときに、あとから入るって悩むこともあるだろうなと思ったんです。

-さっきNAGISAさん自身も"コンプレックスがあった"って言ってましたね。

MINA:そう。"入りにくいやろうな"っていうのを感じてて。言葉で"大丈夫やで"って言うより、せっかく曲を書ける環境におるから、かたちで示した方が伝わると思ったんです。とにかくNAGISAに"一緒に頑張ろう"って伝えたかったんですよね。

NAGISA:この曲を聴いたとき、めっちゃ嬉しかったです。みんなで歌い分けるところがあるんですけど、それをMINAが決めてくれて。私は"出来ないことが/たくさんあり過ぎて悩み/目の前が曇ってきても/「少しずつでいいんだよ」「頑張ることに意味があるから」"っていうところなんですけど、この歌詞にグサッとやられましたね。いまでもライヴでは最後らへんにやることが多いんですけど、号泣しちゃいます。

MIREI:ふたり(MINA、NAGISA)が演奏しながらいつも泣いてるんですよ。

SAKIKA:サビが涙声混じりのユニゾンになっちゃうよね(笑)。

MINA:SAKIKAのパートで"あの日決めた未来の地図を/広げ旅ができるようになる為には"っていうところがあるんですけど、それは、いつか大阪城ホールでライヴをするっていう私たちの目標に向かって、一緒に地図を見ながら旅をできたらいいねっていうことを歌ってるんです。いつまでも4人でいることが大事だから。

NAGISA:本当にこの3人が大好きですっ!

MIREI:急に想いが溢れてきた(笑)。