Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

GIRLFRIEND

2018年03月号掲載

GIRLFRIEND

メンバー:SAKIKA(Vo/Gt) NAGISA(Gt) MINA(Ba) MIREI(Dr)

インタビュアー:秦 理絵

-MIREIさんは、どうしてドラムに興味を持つようになったんですか?

MIREI:私は、みんながギターを始めるより1年ぐらい早くアコギを始めてたんですよね。でも、アコギが全然好きになれなくて。SAKIKAとMINAがギターを始めたときに一緒に練習してたんですけど、1ヶ月ぐらいでSAKIKAにスキルを抜かれたんです(笑)。"あ、これは自分、向いてないわ"と思って。もともと動いてる方が好きやったから、"これはドラムしかないわ"と思って、ドラムをやるようにやりました。

-あとから加入したNAGISAさんがリード・ギターですよね。

NAGISA:私は3人がバンドを組んでるところに見学に行ってたんです。それで、バンドがかっこいいなと思うようになって。最初はアコースティック・ギターをやってたんですけど......それも"やってた"っていう肩書きだけで、全然ほったらかしだったんです。でも、エレキ・ギターっていう存在を知ってから、リード・ギターのポジションが面白くなりましたね。

-で、SAKIKAさんは"歌が好き"って言ってたから、ギター・ヴォーカル。

SAKIKA:そうですね。

-きれいに楽器の被りがなくハマりましたね。

MINA:もし被ってたらケンカになってたと思います(笑)。

-もともとバンドの音楽は好きだったんですか?

MIREI:まったく聴いてなかったですね。洋楽しか聴いてなかった。

-ダンスをするための音楽を聴いてた感じ?

SAKIKA:ダンス・ヴォーカル・スクールやったし、自分から音楽を聴くっていうよりは、周りで自然に流れてたんですよね。

-最近はバンドの音楽も聴きますか?

SAKIKA:聴くようになりました。私は初めてハマったのがチャットモンチーやったんですけど、アレンジとか歌詞の世界観、メロディもすべてが好きで。初期のころはチャットモンチーの真似みたいな曲しか作れなかったんです。そこからTHE BEATLESに行き着いて。

-SAKIKAさんが感じるTHE BEATLESの魅力はなんですか?

SAKIKA:初期のTHE BEATLESから最後の方のTHE BEATLESまでの成長段階って言うんですかね......全然違うのが面白いなと思ったんです。こういうのが音楽の楽しみなんだって勉強になりました。あとはOASISとかTHE CARDIGANSもすごく好きです。いまはKEYTALKさんとか、邦ロックもいっぱい聴いてます。

-なるほど。GIRLFRIENDの曲はSAKIKAさんが作詞作曲してる曲が多いですけど、なんとなく古いイギリスの匂いがするなと思ったんです。

SAKIKA:そうですね、みんなにも私の作った曲は"古臭い"って言われてます(笑)。

-MINAさんはどんな音楽を聴いてますか?

MINA:私は椎名林檎さんとか東京事変です。椎名林檎さんのアルバムだと、『勝訴ストリップ』が好きなんです。この作品でクロスフェードを始めて聴いたのが衝撃的でした。私が生まれた2000年にリリースされたアルバムなんですけど、自分が生まれた年のアルバムを聴いて、かっこいいって思えるなんて、音楽って本当にすごいなと思います。

NAGISA:私はバンドを始めたときは、SAKIKAの影響でチャットモンチーさんを聴いたんですけど、そこからBON JOVIとか布袋寅泰さんを聴くようになったんです。

-やっぱりギターに注目して聴くんですか?

NAGISA:そうですね。ああいうエフェクターを使いたいな、とか勉強にもなるので。いまは歪みしかなくてシンプルなんですけど、もっといろいろ取り入れたいなと思うんです。最近は練習のときにKiroroさんとかいきものがかりさんの楽曲をカバーして、自分でギター・アレンジをしたらどうなんだろう? っていうのを試したりしてます。