Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

ЯeaL

2016年08月号掲載

ЯeaL

メンバー:Ryoko(Vo/Gt) Yurika(Gt/Cho) Fumiha(Ba/Cho) Aika(Dr/Cho)

インタビュアー:吉羽 さおり

今年3月に1stシングル『秒速エモーション』でメジャー・デビューを果たした、大阪発の4人組ティーンズ・ガールズ・バンド、ЯeaL。勢いのあるバンド・サウンドとキャッチーなメロディで、同世代を中心に支持を集めている4人が、2ndシングル『仮面ミーハー女子』をリリース。SNSの裏と表(本音と建前)を率直に綴った歌を、キメがたっぷりのアップ・テンポなロック・サウンドでからりとポップに聴かせる今作は、毒っ気たっぷりでありながらもチャーミングに響かせてしまうのである。天真爛漫でありながら、確信犯的な"ニヤリ"とした表情も窺がえるシングルについて、そしてЯeaLというバンドの心について訊いた。

-今年3月にメジャー・デビューしてから数ヶ月経ちましたが、今実感としてはどうですか?

Ryoko:デビューをしてやるべきことが見えた気がして、それに向けてこの数ヶ月間は走ってきた感はありますね。

-その、やるべきこととは?

Ryoko:デビューした月の終わり(※3月27日)に、大阪城野外音楽堂でレコ発ワンマン・ライヴをさせていただいたんです。そこで、まず自分たちの楽曲に対しての考え方やライヴの考え方が変わりました。それから、5、6月に東名阪で初めて対バン・ツアー"「秒速エモーション」Release Tour 2016 ~Next Generation~"で、同世代の人たちとやらせていただいたんですけど、それがすごく刺激的だったというか。それまではガールズ系のイベントに出ることが多くて。対バンでは、負けてられへんぞって思いました。この数ヶ月間でそういうふうに思ったことを、最近になってメンバーで話し合うようになりましたね。

-やっぱり対バンは気合が入ったりするものですか?

Ryoko:違うジャンルのバンドだったり、ゴリゴリのバンドとかと対バンすると、"負けてられへんぞ"って思ったりして。メラメラするよね?

Yurika&Fumiha&Aika:うんうん。

-なるほど、ハングリーさが出てくるわけですね。

Ryoko:そっちの方が楽しいし、その方が成長もするので、このツアーはとくに楽しいなという気持ちはありましたね。

-デビュー時のインタビューなども拝見したのですが、"なんだろうこのがむしゃらさは"というくらいに、結成当初からそういった上昇志向を持ち合わせたバンドですよね。その"負けない"という姿勢とか、ガンガン突き進んでいくんだという思いの原点はなんでしょう。

Ryoko:そもそもは私がきっかけとなって組んだバンドなんです。普通バンドの結成って友達同士から入ったり、音楽サークルで組んだりすることが多いと思うんですけど、ЯeaLは全員バンドがやりたくて集まったメンバーなんです。しかも、私が昔から"売れるよ"とか"できるよ"とか大きなことを言う人で、そんな私にこの3人がついてきてくれたんです。それで、結成当時から"武道館のステージに立つこと"を目標にやっていたので、お客さんがいなくても、"まぁまぁまぁ"という感じでした(笑)。

-今はこうだけど、全然大丈夫だからと(笑)。

Ryoko:どこかでそう思ってました(笑)。全然大丈夫じゃなかったんですけどね。

Fumiha:言ってただけや。口だけ(笑)。

-口にしていくことは大事ですよね。そのRyokoさんの意志に、みなさんは引っ張られながら結束していったんですか?

Yurika:そうですね。

Aika:最初は、"何言ってるんやろこの人"って思ってました。初対面のときから大きなことをずっと言ってたんですよね。今まで、そういう人が周りにいなかったので、初めて出会った人種というか(笑)。

Yurika:ひとりだけ規模が違ったんですよ。自分たちの想像や、考えられることよりも上のことを考えて提示してくれていたので。"あ、はい"って、それに走ってついていってました(笑)。

Ryoko:私が大きなことを言っても、それがまだ具体的に実現していなかったので、初めはそれで、よくぶつかりましたね。"いついつのコンテストで絶対決勝まで行くから"って言っても、やってみないとわからないし。"このツアーをしたらこんな意味があるからやろう"って言っても、終わってみて結果が出ないとわからないじゃないですか。中学3年生とか高校1年生だったし、わかってもらえなくて。"何言ってるん、こいつ?"みたいな感じになったりしたんです(笑)。でも、活動していく中でコンテストの決勝大会にも行けたし、ツアーを回ると徐々にお客さんが増えていったし、音源を聴いてくれる人が増えたことをメンバーも実感してくれて。そこからは、あまりケンカしなくなりました。

Yurika:バンドを始めたばかりで右も左もわからない状態で、いきなりデカいことだけポンと言われて、1年間のスケジュールを渡されて。"え、どういうこと!?"って最初はなりましたね。

-いきなり年間スケジュールが決まっているんだ(笑)。

Yurika:年表がくるんですよ。

Ryoko:ここで何をして、ここで何をしてっていうのを勝手に計画していくんです。で、"はいこれ"って。

Yurika:それも"これでどう思う?"じゃないんですよ。"これでやります"っていう(笑)。

-未来予想図だけど、もう決定事項なんですね。

Ryoko:それでついてきてくれるようなメンバーだったので、"わがままに付き合ってくれてありがとう"という感じですね。

-と言っている手前、Ryokoさん自身はもっといい曲を作ろうという思いにもなりますね。

Ryoko:そういうことを言うからには、メンバーに有無を言わせない曲を作らないといけないし。自分自身にシビアに向き合って中途半端な楽曲は出さないようにというのは、デモの段階から心掛けています。

-曲作りや、制作ペースも早いんですかね?

Fumiha:早いときは早い。でも遅いときは遅い(笑)。

Ryoko:(笑)デビューが決まってからは、一気に早くなりましたね。高校1、2年生のときは、半年に1曲書けたらいいペースやったんですけど、デビュー曲を書くことになったときは、高校3年生の8月下旬くらいから、10月の間に100曲くらい書いて。そこからは、ペースがすごかったよね。