Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

フィッシュライフ

2016年03月号掲載

フィッシュライフ

フィッシュライフ

Official Site

メンバー:ハヤシング(Gt/Vo) ミヤチ(Ba)  テラオカ(Dr)

インタビュアー:蜂須賀 ちなみ

大阪発の3ピース・バンド、フィッシュライフが2ndミニ・アルバム『Exhibition』をリリースする。結成からの3年間を総決算してみせた前作『バトルフォーユー』のリリースを経て、バンド自身が再び原点(=自由に音楽をやること)に立ち返ったからこそ、さらなるステージへ向かうことを告げるような作品がここに誕生した。メンバー全員へのインタビュー・テキストから、彼らが掴み取った確信の片鱗を感じていただきたい。

-2012年に結成されたとのことですが、どういう経緯でこのメンバーが集まったのでしょうか?

ハヤシング:僕は高校まで福岡に住んでたんですけど、大阪の大学に進学したんですよ。そこから俺はバンドを組みたくてひたすら必死だったんで......ふたりの方がより客観的な事実として話せるかと。

ミヤチ:じゃあ俺が(笑)。大学に入学したとき、最初に五十音順で近い人が集まってごはん食べたり自己紹介しあったりする機会があったんですよ。そのときにハヤシが同じグループで、話してみたらギターをやってると。俺もベースやってるって話になって......まあそのときはエレキ・ベースじゃなくてウッド・ベースだったんですけど。

ハヤシング:虚偽報告ですよ(笑)。

ミヤチ:そう(笑)。それで、その次に会ったときに、ハヤシが"スタジオ予約とっといたわ~"って。"いや、早!"って正直思って(笑)。

ハヤシング:引っ越し終わった段階でスタジオの場所もめっちゃ調べてましたから(笑)。

ミヤチ:それで"アジカンかバンプのコピバンかな。そのへんやったら知ってるし、たぶん行ける"みたいなノリでスタジオに行ってみて。そしたら"こんな曲作ってきてん"ってハヤシがオリジナル曲を持ってきたんです。そのとき、"あ、これは本気でバンド組むやつや"、"ここでハヤシとやっていくんやったら本腰を据えないと"とかいろいろ考えて。そのあと、中学校が一緒だったテラオカがmixiで"うわー!ドラム叩きてえ!"みたいなことを書き込んでたので、"じゃあ大阪来いよ!"って声をかけて3人が集まったんです。

-その1ヶ月後には大阪の城天にて路上ライヴを行ったとのことですが、それがフィッシュライフにとって初めてのライヴでもあったんですよね。当時のことは憶えてますか?

ハヤシング:もうあのときのことはあんまり憶えてないですね......。

ミヤチ:俺は憶えてるけどね(笑)。ヤバかったよ(笑)。

テラオカ:ハヤシがもうすっごい暴れてたんですよ。目の前にあるお客さん用の通路までブワーッと出ていって(笑)。

ミヤチ:それを見て"俺すごいヤツとバンド組んじゃったなあ......!"って思いましたね(笑)。

テラオカ:そのころは僕なんてハヤシとはスタジオで3~4回ぐらいしか会ったことがなくて、そもそもハヤシという人間を知らない状態だったんで、"こいつこんなヤツだったんだ!"って思って(笑)。

-スタジオでは暴れる素振りはなかったんですか?

テラオカ:............今思えば若干あったわ(笑)。

ミヤチ:(笑)そのときはとにかくハヤシが暴れたことが印象的ですね。ライヴどうのこうのっていうよりそのイメージが強いです。

-そして2013年には"十代白書"、"閃光ライオット"、"eo Music Try"など多数のコンテストに出場していますが、当時はどんな気持ちでコンテストに臨んでいたのでしょうか?

ハヤシング:何というか敵だという感覚ではなかったんですよね。他の同い年のバンドを観てると"自分たちにできないことをやってるな"って思うんですけど、逆に"俺らがやってることはみんなにはできんことなのかもな"とも思って。だから、例えば10個バンドが出てたとしたら優勝する確率は単純に10分の1なんですけど、自分の意識としてはどこかで"優勝できる/できない"の2分の1や、って考えてて。

ミヤチ:僕は勝てるかどうかを結構意識してましたね。他のバンドのことも"このバンドは強いな~"とか思いながら観てて。

-強いというのは?

ミヤチ:曲がめっちゃカッコいいとか歌が上手いとかじゃなくて、圧倒される部分があるというか、そのバンドに全部持ってかれる瞬間があるかないか、ですね。自分は横でハヤシを見ていたので、フィッシュライフは最強やと思ってました。ハヤシよりもすごくないヤツには僕らは負けないじゃないですか。そういう意味で絶対いい勝負ができると思ってましたね。

テラオカ:僕は結構マイペースなところがあるので、やるからには自分のできることはすべて出し切ろうと思いつつも、根底には"楽しもう"というの気持ちがありましたね。物事に必死になれる経験そのものを大切にしたかったというか。......あと、賞金もありますし、やるからには(グランプリを)取りに行ってやろうという気持ちも(笑)。

ミヤチ:いきなりゲスいところ出してきたな(笑)。