Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

POT

2016年01月号掲載

POT

インタビュアー:山口 智男

病気療養のため1年間、バンドを離れていたよしくん(Vo/Gt)が無事バンドに復帰し、大阪の4人組、POTが1stミニ・アルバム『MISH MASH』を完成させた。よしくんの病気療養中もあえて活動を休止せず、サポート・メンバーを迎えてバンドを続けていたメンバーたちは、この日をどれだけ待ちこがれていたことだろう。メロコアをバックボーンに持ちながら、ジャンルにとらわれないサウンドを追求してきたPOTの完全復活はもちろん、さらなる前進をアピールする全8曲についてメールでインタビューした。

-自己紹介とPOTがいつごろ、どんなふうに始まったか教えてください。

大阪の京橋で結成しました! 微妙な関係性の4人がある人のひと言で半ば強制的に結成することになりました。今もそのときのメンバーで変わらず活動してるのが紛れもなく僕たちPOTです。

-ひょっとしたら、レゲエやSUBLIMEなどから影響を受けたと思ったのですが、POTを始めたとき、どんなバンドをやりたい、どんなサウンドを出したいと考えていたんでしょうか? 目標にしていたバンドはいましたか?

このジャンルをしよう、このバンドを目指そうって目標のバンドは特になく、各々の好きなバンドもジャンルもバラバラだったので全員で部分的に持ってきた曲を組み合わせる方式で曲を作っていました。

-新作の『MISH MASH』を聴けば、メロコアやレゲエの他、メンバーそれぞれ幅広い音楽を聴いてきたことが窺えますが、みなさんはこれまでにどんなバンド/アーティストを聴いてきましたか?

織田(Vo/Gt)は19、よしくん(Vo/Gt)はゆず、よっぴー(Vo/Ba)はBLINK-182、まこと(Dr)は椿屋四重奏ですね(笑)。

-フロントに立つ3人が掛け合うヴォーカル・スタイルはPOTの魅力のひとつですが、それはいつ、どんなふうに生まれたんでしょうか?

もともと、織田とよっぴーがツイン・ヴォーカルを務めてたバンドと、よしくんがヴォーカルでまことがドラムを叩いてたバンドの、それぞれ2人ずつがくっついた形でPOTがスタートしたので、誰がヴォーカルをするとか決めることなく自然と3人が今まで通りヴォーカルを担当する形が現状です。

-資料によると、デビュー・アルバムが無名の新人にも関わらず、なかなかのセールスを記録したそうですね。それだけヒットした理由は何だとご自分たちでは考えていますか?

え、そうなんですか!? 自信のある1枚なので嬉しくは思いますが、そういう実感はないので理由は"頑張ってるから"でお願いします。

-デビュー・アルバムのリリース・ツアーも順調だったそうですが、その後、よしくんが病気になってしまったそうですね。そこで活動休止せずにサポート・メンバーを迎え活動を続けましたが、そう決断するに至ったときのことを今振り返ると、どんなことを考えていたんでしょうか?

考える余裕も時間もなく、発覚した次の日にはファイナル・シリーズのライヴだったのでそのときはライヴをキャンセルせず、いかに本来の自分たちを出せるかを考えました! サポートしてくれる友達もいたし、ステージに立てないことを悔しがってるメンバーの気持ちも込めて、この今のPOTを逆に特別なものに変えるエンターテイメントとして前に進むことを決めました。

-よしくんが復帰した今だからこそあえて聞きますが、解散の2文字が頭をよぎったことはありましたか?

まことは、なんでも考えすぎるから少しあったみたいですが、織田とよっぴーは少しも心配してなくて、良い意味で無関心だったので今もPOTがあるようです。