Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

爆弾ジョニー

2014年11月号掲載

爆弾ジョニー

メンバー:キョウスケ(Gt/Cho) 小堀ファイヤー(Ba/Cho) タイチサンダー(Dr/Cho) ロマンチック☆安田 (Key/Cho)

インタビュアー:沖 さやこ

-(笑)イントロとタイトルで"なんだこりゃ!?"と思ったけど、大サビで半音上がって、最終的にはとってもピュアな気持ちになれる大団円になっていると思います。

安田:この曲は意外とまとまってるんですよ。最後に転調して、最後にスッと戻して。その戻しをうまく繋げた......っていうこの自己満! ベース・ラインがキモなんです! それで最後に"ヘポタイヤ"って叫んでるんですけど......これちゃんと許可取ってるんだよね!!(※岡村靖幸の「だいすき」のエンディングに"ヘポタイヤ"というコーラスが入る)

全員:はははは!

-「アッチ向いて☆恋っ」のイントロダクションになっている「Super KOBORI.」は曲が完成してから録ったんですか?

安田:「アッチ向いて☆恋っ」は『はじめての爆弾ジョニー』を録ったときに作ったんですけど。『はじめての爆弾ジョニー』に入ってる「イミナシ!」を録音してるとき、機材の関係で僕だけ録りが別日だったんです。だからみんなが「イミナシ!」を頑張ってるときに、僕だけ違う部屋で「Super KOBORI.」のオケを作っていて、友達の山塚りきまる君が作った台詞を小堀君が言うという。テイク3くらいで見事に尺がハマったんだよね。

小堀:タイミングが難しかったんですよ。オケのこの音のあたりでこの台詞があるといい、みたいなの考えながらだったんで。

-わ、めっちゃ考えられてる!

キョウスケ:そうそう、これ俺が「イミナシ!」のギター・ソロ一生懸命やってるときにさ~......"小堀です!"とか......。最初聞こえてきたときめっちゃいらいらしたけど、2回目聞いたときはめっちゃ気持ちが晴れやかになった(笑)。

-今回も"世界平和の第1歩はみんながふざけること"の理念からぶれることのない、真面目に全力なおふざけ具合で。

安田:初回盤についてるDVDには「ギャルがゲル暮らし ~遊牧民~」(※『はじめての爆弾ジョニー』収録曲)の教則映像が入ってるんで。

タイチ:俺が考えた振り付けで、ライヴでも毎回踊りかたをレクチャーするんですけど、後ろのほうにいて見えない人とかもいるので、教則DVDにしたら全員踊れるんじゃないか?という僕の熱い気持ちで作りました! ライヴ来た人全員に踊ってもらいたい!

キョウスケ:......笑えるDVDになってると思います(笑)。

-そりゃあ爆弾ジョニーのやることだから、なってるでしょうねえ(笑)。

小堀:見るたびに新しい発見があるよね(笑)。ワイプとかも出てくるし。

キョウスケ:ちゃんと音声もしっかりしてるんだよね(笑)。

-余すことなく楽しめるシングル、是非多くの人々に聴いて、観ていただきたいですね。では最後に、Zepp Tokyo公演に向けての、現在の4人の意気込みなどを聞かせていただけますか。

キョウスケ:とにかくいい方向に進むように、俺らは全力を尽くす。

安田:細かいことはまだあんまり決めてないけど、Zeppだからね。でっかいから。やるからにはせっかくだからハコを生かしたいですよね。予算の許す限りのセットは組みたいし。

小堀:年末なんで、今年の集大成的な感じでやれたらいいなと思います。

タイチ:タイチサンダーとしては、このZeppでどう生まれ変わるか乞うご期待ということで......。

キョウスケ:本当にタイチは終始何言ってるかよくわかんねえ(笑)。俺らにでかいステージが合うのかどうか、是非見ていただきたいですね。