Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

クリープハイプ

2010年09月号掲載

クリープハイプ

クリープハイプ

Official Site

メンバー:尾崎世界観(Vo&Gt)

インタビュアー:山田 美央


-言葉自体もシンプルで日常的に使う言葉が多いなと思うんですが、実際は一つ一つ選んで言葉をつけているのかなって感じます。

歌詞に関しては、一行ずつためて書いてますね。全体で書くというよりは、一行ずつの分で完結できるくらいの意味はほしいなと思っていて。そういう作り方が好きというか。途中でココで終わりって他の人に言われても良いっていえるくらいの感じにしようっていうくらいの気持ちではつくってますね。言葉も気を使って選んでます。でも、今のメンバーになってからはわりとそれがゆるくなったというか。いい意味で、演奏に対してこうだったら変えようとしたり柔軟性みたいのは出てきたかなって思いますね。

-そういう変化のきっかけは何でしょうか?

一回一人でやってたっていうのもあるかもしれないですね。かなりきつかったんでその時。全部一人でやらなきゃいけないし。コレどうしようかって相談できるってことはすごいことなんだって言うのがそのとき分かって。だから、今そういう風になったときは、聞くようになってるかなって思いますね。

-では、今回のアルバムの中で、そういう風にメンバーの意見も取り入れてご自身の意見も入れて、って作られた曲はありますか?

「ごめんなさい」は長谷川カオナシ(Ba)が作ってる曲で、たまにソロでライヴやってるのを見ていて、これが歌いたいってからやらせてくれって。そういうのも今までだったらやらなかったんですけど。自分が歌ったらこうなるかなって想像してやらしてもらって。あと、ずっと3人でやってたんでギターが一人入ってるっていうのもでかいかもしれないです。でも一番でかいのは、この「ごめんなさい」って曲を歌えたっていうことですね。自分でもすごく変わったなって思いますね。もし一人で一度やっていなかったら、この曲をやろうとは思ってなったかもしれないですね。一人でやっていた時は、やっぱり面白みがなくて。例えば、でかいライヴが決まったりだとか、バンドをやっていることに対して結果がちょっとこう出た時に、一緒に喜べる人がいないって言うのはすごくつまらないなぁというのは思いましたね。最初はこう全部自分に返ってくるから辛くてもいいだろうとは思ってたんですけど。それが大きかったですね。

-「ごめんなさい」はご自身で作詞・作曲された曲よりも内容がシンプルでストレートなんですが、アルバムの中でも遜色なく、お互いの曲の良さを引き出しあっていますよね。この曲のどこに惹かれたのでしょうか?

自分が書かないような歌詞、当たり前のことすぎて自分が飛ばしちゃうようなことだったし。あとは特に書かない、作れないメロディだったし。歌い回しが特に。これレコーディングでもAメロは長谷川カオナシ(Ba)が歌ってるんですよ。そこの歌い回しがどうしてもできなくて、歌ってもらったんですよね。自分が絶対作れないものだったし、がんばっても出来ないものだからですね、やろうとしたのはやっぱり。それでもがんばってもAメロはどうしても歌えなかったんですけど。

-「ごめんなさい」のストレートさに対して、尾崎さんの描かれる歌は生々しいですよね。“パートのババア”だったり話し言葉みたいなところが多く、すごい日常的でリアルな感じがします。

一言で“刺せる”、そういう言葉を曲の中に一つ二つは入れたいなって言うのがありますね。“パートのババア”とかいきなり言われたらびっくりするなぁっていうのが。意味が急に入ってくるっていうか、インパクトある言葉って言うのは大事にしてます。自分の声も分かってるので。高い声でこんな感じでこんな風に言われたらそりゃあ耳に残るだろうなっていうのは考えたりしますね。

-楽曲に対する反響があるのは、日常で感じつつも他人と共有することがないことを言葉にしてくれることに対して共感してくれてると思うんですが、共感して欲しい、こう感じて欲しいっていう思いはありますか?

そういうのはないかもしれないですね。歌ってる感じとしては、そういうのを伝えたいっていうよりは、“映画監督が、映画を撮って試写会とかで映画を観てる人を見てる感じ”で見てるかもしれないですね。物語っていうのが別にあって、それを聴いてる人を客観的に見ているというか。この言葉をっていうよりは、歌というものが別にあって、その歌とお客さんと対峙してるのをどこからか見てるような冷静な自分がいるような気がしますね。こう・・・めちゃくちゃこう思ってるからこの思いを伝えたいっていう感じではないですね。ただ、いい歌を作りたいっていう気持ちはすごくありますけど。それでも理解してもらえるっていうのは、さっきも言った言葉じゃないですけど、女の人じゃないから伝わるみたいな感じで、めちゃくちゃ伝えたいっていう奴の歌は嘘臭いのかなっていうのは思うんですよね。

-実際にバンドで活動されるようになって、いろいろかわっと思うのですが、尾崎さんにとってバンドとは何ですか?

ずーっとメンバーが固定できなくて、演奏がちゃんとできなかったり人間関係の問題もあったりして、なかなかちゃんとバンドを出来てるって思ったことがなくて。去年の年末からやってみて、やっとちゃんとバンド出来てるなって。本当最近ですね、バンドをちゃんとやっているって気持ちでいるのは。今のメンバーになってからが自分にとっての本当のバンドって言う気がします。

-今のメンバーでなければ、アルバムにはたどり着けなかった?

うん、絶対たどり着けなかったと思います。2、3年前からアルバムをつくろうっていうのはずっと目標にしてたんですけど、ずーっとアルバムが出せなくて。なかなかレコーディングするってなっても進まなかったり、メンバーが辞めちゃったりして上手くいかなかったので。でもやっとこうやって完成させられたっていうのは、このメンバーが正しいのかなって思います。

-今後、音楽活動をしていく中で、クリープハイプの音楽はこれからの音楽シーンにどういうインパクトを与えるものでありたいと思いますか?

基本的には、僕はずっと歌物のバンドっていうのが好きなので、そのままでいいと思うんですよね。そのままの流れであるもので。ただ、長く続けていけるようなバンドになりたいっていうのはありますね。音楽のシーンを変えたいとかは全く思ってなくて、とにかく長くバンドを続けていけるような状況でいたいなっていうのはあります、これからは。CDもいっぱい出したいし。そりゃもちろん、続けていくだけならできますけど、評価されてちゃんと周りの人とか関わってくれる人の生活もちゃんと出来た上で、長くやっていきたいです。ずっとやってたいなって思います。