Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Overseas

CAGE THE ELEPHANT

2009年07月号掲載

CAGE THE ELEPHANT

メンバー:Matt Shultz(Vo)

インタビュアー:遠藤 孝行

グルーヴィーでフォーキーでヒップ。CAGE THE ELEPHANTの音楽は一言では言い表せない。あえて言うならRED HOT CHILI PEPPERSミーツARCTIC MONKEYS。アメリカのバンドならではの、乾いたグルーヴにローファイ感、そこに鋭いギターリフとエキセントリックな早口ラップが絡む。<好きな音楽の要素を放り込んでそのままPLAYしてるだけ>そういう彼らのデビュー・アルバムは荒削りながら音楽の愛情に溢れた、まさに新しいミクスチャー・サウンドの見本市。過激でエネルギッシュなパフォーマンスが評判の彼らがついに日本にやってくる。FUJI ROCK FESTIVAL09への意気込みも含めて話を伺った。

-日本デビュー、そしてFUJI ROCK FESTIVAL出演決定おめでとうございます。
まずバンド結成のいきさつについてお聞きしたいのですが、厳格なキリスト教のコミューンで育ったMatt、Bradの二人と、ギャング・チームに属していた、Jared、Daniel、Lincolnの三人の出会いから始まったということですが、実際どのような状況での出会いであったのか教えてください。

ありがとう。まずFUJI ROCK FESTIVALはすごくクールなイベントだと聞いてるから、楽しみだよ。バンドの結成に関してだけど俺たちは同じハイスクールに通ってたんだ。育ったのは、みんなボウリング・グリーンという場所。ダニエルの両親とうちの両親は仲のいい友達同士だったんだ。地元のコミュニティで一緒に農場をやってたこともある。Danielはその農場で生まれて、5歳ぐらいまで住んでたはずだ。子供の頃から俺たちもみんな知り合いで、割と音楽が盛んなエリアだったから、色んな友達同士でバンドを組んだり、一緒に音楽をやったりしてる中で仲良くなったメンバーってことだね。

-昨年6月のUKでのアルバム・リリースから1年経って、今回のアメリカでのデビュー、そして日本デビューとなりましたが、感想を教えて下さい。

光栄だよ。UKで先にデビューして、今はアメリカでアルバムを出したわけなんだけど、オーディエンスは世界中どこに行ってもすばらしいよ。国籍は関係ないって思うね。

-日本に対してはどのようなイメージをお持ちですか?

昔から興味を持っている国のひとつなんだ。子供の頃日本人の親友がいて、そいつがすごくいいヤツだったんだ。あと寿司は大好きだ。FUJI ROCK FESTIVALに関しても良い噂をたくさん聞いているから日本に行くことが待ちきれないよ。

-今年の春South-by-Southwest Music FestivalとCoachella Valley Music and Arts Festivalに出演されましたね?その時の様子を教えて下さい。

僕らが行った場所にはどこにもすばらしい観客がいてくれた。人間ってどこへ行ってもみんなよく似ているんだよ。文化的な違いを人は分厚いコンクリートの壁くらいに思いがちだけど、ステージから見下ろせば、実は紙一枚分くらいしかないって思うね。

-レコーディングはわずか10日間で行われたそうですが、レコーディングの様子はいかがでしたか?

レコーディングからミックスまでを10日間。とにかくやるしかなかったんだ。あまり金もなかったしね(笑)。考える暇なくパッパと事を進めなきゃならなかったんだけど、逆にそれがよかったんじゃないかな。