Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

FEATURE

Overseas

Dinosaur Pile-Up

2015年11月号掲載

Dinosaur Pile-Up

ライター:山口 智男

何でもありじゃない、というところがイカしている。どぎついシンセの音色を差し音に使うわけでも、軽快なダンス・ビートを交えるわけでもない。彼らは編成も極めてオーソドックス。ギターとベースとドラムの3人組。もちろん、シーケンサーに頼ったりもしない。バンドのフロントマン、Matt Bigland(Vo/Gt)は足元のエフェクター類にはそれなりにこだわりがあるようだが、それでもビッグマフを中心にした極々シンプルなセッティングだ。
 
何でもありの今の時代。そんなふうに音楽に取り組んでいる姿勢は、ある意味ストイックとも言えるけれど、彼らにしてみれば、そんな大層な話ではなく、単純にそれがかっこいいからとか、それがやりたいからというだけなんだと思う。他に何が必要だろうか? 轟音で鳴るギターとそれを支えるずっしりとしたリズム。そして誰もが口ずさめるメロディがあれば、それで十分じゃないか。俺たちはそれだけで誰とでも勝負できるぜ――Dinosaur Pile-Up(以下:DPU)が前作『Nature Nurture』から2年4ヶ月ぶりにリリースした3作目のアルバム『ELEVEN ELEVEN(Japan Edition)』は、そんな自信を改めて......いや、ダメ押しでアピールするパワフルな作品だ。ちなみに"2年4ヶ月ぶり"は彼らの本国であるイギリスの話。輸入CD店における人気に後押しされ、『Nature Nurture (Japan Edition)』がリリースされたのは、昨年10月だから、日本上陸をきっかけにDPUのファンになった人にしてみれば、わずか1年でニュー・アルバムを聴けるわけだ。その間、DPUは2014年8月の"SUMMER SONIC"、BLUE ENCOUNTと2マンという形でHello Sleepwalkers、WHITE ASHと共演した同年10月の"VS JAPAN TOUR"、そして今年8月の"SUMMER SONIC"と3度も日本に足を運び、快進撃を見せつけるとともに日本のロック・ファンの心を鷲掴みにしてきた。
 
直近の来日となる今年の"SUMMER SONIC"ではそんな人気や注目度の高さを物語るように大勢のオーディエンスが詰めかけ、爆音を轟かせるバンドとともに午前11時スタートのライヴとは思えない盛り上がりを作り上げていた。昨年の"SUMMER SONIC"の演奏もなかなかインパクトがあったが、今年はバンドとオーディエンスの一体感が感じられた。頭を振りながら、拳を挙げ、身体を揺らしているオーディエンスの中に放り込まれた恐竜型のバルーンがクラウドサーフしている光景は個人的にも今年の夏のいい思い出だ。そこでも披露していたTrack.1「11:11」他、日本盤ボーナス・トラックのTrack.12「Cross My Heart」を含む全12曲を収録した『ELEVEN ELEVEN(Japan Edition)』。冒頭に書いた通り、彼らは何でもありというバンドじゃない。だから、今回も彼らの音楽性およびDPU節とも言えるメロディが劇的に変わったということはない。だが、NIRVANAを始めとする、90年代のグランジ/オルタナ・ロックが好きなリスナーなら今回も満足できるはずだ。
 
しかし、彼らは同じことを、ただ繰り返しているだけのバンドでもない。じゃあ何が新しいのかと言えば、DPUのサウンドにさらなるヘヴィネスとスピードが加わったことだ。Mattのソロ・プロジェクトとしてスタートしたため、これまで彼ひとりで行っていたレコーディングを、今回はMike Sheils(Dr)とJim Cratchley(Ba)を加えた現在のラインナップで行ったことが大きかったのだろう。3人で作ったちょっと70年代っぽいリフが曲に発展した「11:11」を聴いた新作のプロデューサー、Tom Dalgety(ROYAL BLOOD、TIGERCUBらを手掛ける)から3人でレコーディングすることを勧められたそうだが、ライヴのエネルギーをとらえ、バンド・サウンドのダイナミクスをこれまで以上に強調したことで、結果、グランジーなサウンドとキャッチーなメロディの落差というDPUサウンドの醍醐味がより際立った。
 
リフで聴かせるロック・ナンバー「11:11」、へヴィなギター以上にうねるベース・ラインが不穏な響きを生むTrack.3「Grim Valentine」、呪文のような歌メロが轟音で鳴るバンド・サウンドの中、転調を繰り返しながらポップな響きを醸しだすTrack.4「Friend Of Mine」、WEEZERを連想させる轟音ポップのTrack.7「Might As Well」など、彼ららしい曲が並ぶ中、前述したDPUサウンドの醍醐味を1番味わえるのがTrack.6「Anxiety Trip」。彼らにとって最もヘヴィなリフとサビのキャッチーな展開の落差があまりにも鮮烈な新作の聴きどころだ。また、彼らなりのMOTÖRHEAD讃歌と言えるTrack.9「Bad Penny」は、今年7月にTOWER RECORDS限定でリリースした『11:11 EP』に収録済みだが、イントロがどこかメタルっぽいTrack.5「Nothing Personal」と同様、DPUに新たに加わったスピードという魅力を物語るものとして印象に残る1曲だ。
 
ストイックにギターとベースとドラムだけで、これだけ充実したアルバムが作れたんだから、誰とでも勝負できるぜという彼らの自信は揺るぎないものになったに違いない。12月10日、渋谷CLUB QUATTROで実現する待望の単独来日公演では新曲の数々とともにひと回り成長したバンドの姿を見せてくれるはずだ。

 


Dinosaur Pile-Up
ニュー・アルバム
『ELEVEN ELEVEN(Japan Edition)』
[A-Sketch]
AZCS-1048 ¥2,000(税別)
NOW ON SALE
amazon | TOWER RECORDS | HMV
 
1. 11:11
2. Red And Purple
3. Grim Valentine
4. Friend Of Mine
5. Nothing Personal
6. Anxiety Trip
7. Might As Well
8. Gimme Something
9. Bad Penny
10. Crystalline
11. Willow Tree
12. Cross My Heart ※Bonus Track

  • 1