Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

FEATURE

Overseas

MUSE/The Resistance

MUSE/The Resistance

ライター:杉浦 薫

前作『Black Holes and Revelations』から約3年半、MUSEが5枚目となる新作『The Resistance』を9月14日にリリースする。この作品は、バンドにとって初のセルフ・プロデュース作品となっているのだが、外部のプロデューサーを雇わずに、ここまで複雑に凝りまくった構成のアルバムを完成させてしまったことに驚きを隠せない。ヴォーカル、ギター、ベース、ドラムという、ロック・バンドの基本パートの枠を大きく超え、純粋なクラシック音楽が大々的にフューチャーされているのだ。40人のオーケストラとともにレコーディングされたということで、かなり大掛かりな作業となったことだろう。唯一、ミックス・エンジニアにはU2やBjorkを手がけたMark Stentを起用してはいるが、クラシックパートのアレンジも、スコアも、全て自分達で手がけたというのだ。Matthew Bellamy、Christpher Wolstenholme、Dominic Howardという3人のメンバーが、いかに勤勉で、いかに芸術的創造性が豊かであるかということを改めて叩き付けてくれた作品だと言えるだろう。

『The Resistance』は、一聴しただけではロック・オペラ的とも言えるかもしれないが、例えば『Tommy』や『The Wall』や『American Idiot』のように、架空の主人公がいて、物語を語るわけではない。この作品においての"僕"は、この世界で生きている一人の人間としての"僕"に過ぎない。小説やオペラの作品からの引用がありつつ、コントロールされる社会に生きる"僕"が愛という唯一のものを信じながら、本来尊重されるべき民衆の権利を取り戻そうとする姿を真摯に描いている。いわば、壮大なコンセプト・アルバムということになるだろう。

アルバムの幕開けは、グラム・ロック的アプローチのシャッフル・ナンバー「Uprising」から始まる。そして、アルバムのタイトル・ナンバー「The Resistance」の歌詞は、徹底した恐怖政治の元にある監視社会をテーマとした小説、George Orwellの『1984年』からの引用が含まれている。ピアノのオープニングから始まり壮大な展開をしていく、アルバムの象徴となる曲である。「Undisclosed Desires」は、「Supermassive Black Hole」を彷彿とさせるリズムではあるが、もっと大胆にエレクトロニック・サウンドを導入している。弦楽器を爪弾く音が曲をポップに聴こえさせているが、どこか物悲しいメロディだ。そして、「The Resistance」と同じく、『1984年』からの引用が導入されている「United States Of Eurasia(+Collateral Damage)」では、ギターがノイズとしての役割に徹し、弦楽器がメインのメロディを奏でている。ピアノとストリングスから静かに始まるオープニングから、突然バーン!!!と激しく展開されるのは、QUEEN風とでも言うべきか。エンディングには、あのショパンの夜想曲第二番変ホ長調がそのまま使用され、ストリングスのアレンジが加わって幕を閉めるのだ。その他、「Unnatural Selection」に至ってはパイプオルガンが使用され、「I Belong To You(+Mon Coeurs'Ouvre A Ta Voix)」に至っては、フランスのカミーユ=サンサーンスの悲劇的オペラ『サムソンとデリラ』のアリアの一節を、Matthewがそのまま歌うというセクションが曲の真ん中に導入されているのだ。音が分厚く、シアトリカルなこのナンバーは、アルバムの中でも一際凄味のあるナンバーである。

そして、全ての締めくくりとなる交響曲「Exogenesis」は三楽章から成り立っており、バンド・アンサンブルと絶妙に絡み合ってはいるものの、正に管弦楽のための交響曲と呼ぶに相応しい仕上がりとなっている。ここまでをご覧になって想像していただける通り、『The Resistance』のキーワードはクラシック・サウンドである。あなたがこのアルバムを初めて聴いた時には面食らうかもしれないが、最後まで聴いた後には、MUSEをMUSEたらしめている理由を理解すると共に、新鮮な感動を感じることになるだろう。

  • 1