Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

DISC REVIEW

Japanese

1987

亜沙

『1987』

Release Date : 2018-09-19
Label : ポニーキャニオン
¥4,104

名うてのベーシストであるだけでなく、亜沙には優れたコンポーザーとしての才覚も存分に備わっており、そればかりか近年はソロ・ヴォーカリストとしての実力さえ研鑽してきた。そんな彼にとっての今作は、まさに文字どおりのセルフ・カバー・ベスト・アルバムとして仕上がっている。大名曲「吉原ラメント」を筆頭に、いわゆるボカロ曲として世に出たものたちを亜沙がここで改めて歌うことにより、それぞれの楽曲がより色濃く鮮やかに描き出されていく様は圧巻だ。そして、わびさびやノスタルジーを湛えた旋律に漂う機微は、繊細にしてどこまでも美しい。母艦である和楽器バンドでの表現方法とは一線を画する、亜沙ならではのモダニズムとセンスが光る純度100パーセントのソロ・ワークス世界を、みなさまどうぞ召しませ。(杉江 由紀)