Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

NEWS

Japanese

Base Ball Bear、湯浅将平(Gt)の脱退を発表

2016.03.02 18:30

Base Ball Bear、湯浅将平(Gt)の脱退を発表

Base Ball Bear

Official Site

Base Ball Bearが、湯浅将平(Gt)の脱退を発表した。

2月中旬、制作作業をする予定だったスタジオに湯浅が現れず連絡も取れない状態が続き、バンドはその後、第三者を通して"今後Base Ball Bearでの活動を続けることができない"という意志表示を受けたとのこと。以後数日間、様々な方法で湯浅本人との話し合いを試みたがそれは叶わず、Base Ball Bear及びSony Music Artistsは、今後Base Ball Bearの4人での活動は難しいとの判断に至ったと説明している。

なお、3月5日より開催予定である全国ツアー"LIVE BY THE C2"と4月30日の"日比谷ノンフィクションⅤ~LIVE BY THE C2~"については、フルカワユタカ(ex-DOPING PANDA)をサポートに迎えて行われる。

オフィシャルのアナウンス及びメンバーのコメントは以下より。

 
Base Ball Bear 湯浅将平についてのお知らせ
 
体調不良というアナウンスをし、皆様にご心配をおかけしている湯浅将平(Gt)について、お知らせがあります。

2月中旬、制作作業をする予定だったスタジオに現れず、連絡も取れない状態が続きましたが、その後、第三者を通して、今後Base Ball Bearでの活動を続けることができないという意志表示を受けました。以後数日間、様々な方法で湯浅本人との話し合いを試みましたが、結果それは叶わず、Base Ball Bear及びSony Music Artistsは、残念ながら今後Base Ball Bearの4人での活動は難しいとの判断に至りました。

突然の出来事に他のメンバーも動揺する中、2月27日のチャットモンチーのこなそんフェスの際は、体調不良という理由で発表をし、急遽、the telephones石毛輝氏のサポートを得て、なんとかライヴを行うことができました。現在発表されている3月5日からのツアー"LIVE BY THE C2"と4月30日の"日比谷ノンフィクションⅤ~LIVE BY THE C2~"につきましては、元DOPING PANDAのフルカワユタカ氏をサポートに迎え、ライヴを敢行いたします。

結成15周年+デビュー10周年のこの年に、このようなことになることはメンバー・スタッフとも想像だにしていませんでした。

湯浅将平がいなくなったBase Ball Bearは、今後、今までとは大きく変わっていかざるを得ません。ただ、メンバー・スタッフとも、これからもBase Ball Bearの音楽を届けていくという意志に変わりはありません。

一番近くにいるメンバー・スタッフでさえも、まだ全ては納得できていない状況を皆様にお伝えするのは非常に心苦しい気持ちでいっぱいですが、ツアー初日の前になるべく早くお伝えさせていただきたく、お知らせさせていただきます。

ご心配をおかけし、大変申し訳ありません。今後ともBase Ball Bearをよろしくお願い致します。


Base Ball Bear スタッフ


----------------------------------------------


今回のことで、ファンの皆様には沢山のご心配をおかけしてしまいまして、大変申し訳ございません。

14才の時にギターがきっかけで友達になり、
それから人生の半分以上を共にしてきた湯浅がバンドを去ってしまうのはとても残念ですし、
彼からギターを取ったら何が残るのか、正直、わかりません。
友人としてはせめて、これからもギターだけはやめないでいて欲しいなと思います。
感情表現も意思表示もクソ下手だから、ギター弾きでもしなきゃ何もわかんねーよ。
今までどうもありがとう。

バンドはこれからも続けていきます。
この4人というルールを強く持っていた僕らでしたが、
今は、あの4人では表現できなかったことに挑戦していきたいという気持ちでいます。
長年乗ってきた船を乗り換えるというような状況ではありますが、
この逆境をバネにしてこそ、音楽ではないでしょうか。

Base Ball Bearは臆さず変化し続けてきたバンドです。
これからも変化し続け、そして、面白い作品を作り続けていきます。
まずは、3月5日からのツアーで皆様をお待ちしております。
今後ともBase Ball Bearをよろしくお願い致します。

―― Base Ball Bear 小出祐介

 
4人で20年、30年とバンドを続けていけると信じてやってきたので、とても悔しいです。
日頃から将平含め4人でいるのが当たり前だったので、
彼のいない現場は何とも言えないものがあります。

15年一緒に続けてきたバンドで突然このようなことが起こってしまったことが
理解出来ませんし、怒りすら感じています。それが正直な気持ちです。
ただ、彼が決めたことであり、僕ら3人も待っていてくれる人たちのことを考えると、
Base Ball Bearの活動を止めたくありませんでしたし、
バンドをこれからもずっと続けていきたいという気持ちは消えていません。

これからも新しい曲を作り続け、ライヴをして音楽で納得してもらえるように、
より一層本気で頑張っていきますので、何卒よろしくお願い致します。

―― Base Ball Bear 堀之内大介


突然こんなことになってしまい、当初は大変困惑しました。
それでも、近々にライヴが控えていたわたしたちは、色々なことを決断しなくてはなりませんでした。
わたしたちはメンバー4人だけで演奏するということをルールとしてきました。
わたしはそのルールがとても好きで、このバンドにおいては
4人で演奏するということを何より大切にしたいと思っていました。
誰かが抜けるときのことは、考えたこともありませんでした。
大切なものが崩れて、不安でした。

でも、わたしはどうしてもBase Ball Bearを続けたいと思いました。
そこに関して迷いはなく、こいちゃんも、ほりくんも、同じ気持ちでした。
なぜならBase Ball Bearとしてやりたいことはまだたくさんあって、
それを貪欲に追い求めていけば、まだまだ面白いものが出来ると思っているからです。
わたしにとってはそのことが救いでもあります。
だからBase Ball Bearを続けることを、3人で決意しました。

これまでBase Ball Bearの音楽を聴いてきて下さった方々にも、
これからのBase Ball Bearの音楽を面白いと思ってもらえるよう、真摯に頑張っていこうと思います。
これからも、Base Ball Bearをどうぞよろしくお願い致します。

―― Base Ball Bear 関根史織 

 

▼ツアー情報
LIVE-BY-THE-C2_1.jpg
"10th&15th Anniversary"
Base Ball Bear Tour "LIVE BY THE C2"

3月5日(土)仙台darwin
開場17:00/開演17:30
問合せ:キョードー東北/022-217-7788

3月11日(金)岡山IMAGE
開場18:30/開演19:00
問合せ:HIGHERSELF/082-545-0082(平日11:00?19:00)

3月12日(土)高松MONSTER
開場17:00/開演17:30
問合せ:DUKE高松/087-822-2520

3月19日(土)福岡DRUM LOGOS
開場16:30/開演17:30
問合せ:キョードー西日本/092-714-0159

4月2日(土) 名古屋DIAMOND HALL
開場16:30/開演17:30
問合せ:JAILHOUSE/052-936-6041

4月9日(土)新潟LOTS
開場17:00/開演17:30
問合せ:FOB新潟/025-229-5000

4月15日(金)なんばHatch
開場18:00/開演19:00
問合せ:キョードーインフォメーション/0570-200-888(全日10:00~18:00)

 

Base Ball Bear Tour "日比谷ノンフィクションⅤ~LIVE BY THE C2~"
4月30日(土)日比谷野外大音楽堂
開場17:00/開演18:00
問合せ:ディスクガレージ/050-5533-0888(平日12:00~19:00)

関連アーティスト

Base Ball Bear