Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

NOTHING TO DECLARE×彼女 IN THE DISPLAY

2018年06月号掲載

NOTHING TO DECLARE×彼女 IN THE DISPLAY

NOTHING TO DECLARE

Official Site

彼女 IN THE DISPLAY

Official Site

英詞というだけではなく、ボーダレスな感覚そのものを轟かせてきた4人組バンド NOTHING TO DECLAREが、このたびミニ・アルバム『Are You Where You Are?』を完成させた。それを記念して、5月30日にメジャー・デビュー・ミニ・アルバム『get up』をリリースする九州の雄 彼女 IN THE DISPLAYのRYOSUKEを招き、NOTHING TO DECLAREのMasとのヴォーカリスト対談を敢行。"好きな人とはいくらでも話せる!"とRYOSUKEも言っていたが、お互いへの絶妙な考察と深い尊敬が表れた、読み応えたっぷりの対談となった。

NOTHING TO DECLARE:Mas(Vo/Gt)
彼女 IN THE DISPLAY:RYOSUKE(Vo)
インタビュアー:高橋 美穂 Photo by RIKA(ROCK HAiR FACTORY店長)

-そもそも、おふたりの出会いはいつだったんでしょうか?

RYOSUKE:"LET IT DIE"っていうゲームがありまして、それをテーマにして楽曲を制作するというコラボレーションに、お互い参加していたんです。そのイベント(2017年1月22日にZepp Tokyoにて開催された"LET IT FES")で初めて顔を合わせて、僕はめっちゃ好きなんで、熱烈アプローチしました。

Mas:(笑)海君(彼女 IN THE DISPLAYの海 THE KID/Dr)に、名古屋のフェスで会ったことはあったんだけど、一緒にライヴをやったのはそこが初めてだったね。そこで観て、うわーって。両想い......で、いいのかな?

RYOSUKE:大丈夫ですか? 僕の片想いじゃないですか?

Mas:ちゃんと思ってるよ(笑)。のちに、(彼女 IN THE DISPLAYが)渋谷でやったライヴも遊びに行かせてもらって。

-RYOSUKEさんは、熱烈アプローチをかけたんですね(笑)。

RYOSUKE:いやぁ、めっちゃカッコ良くて。カッコいいバンド、少ないんで(笑)。

Mas:(笑)

RYOSUKE:僕が好きな音楽を通ってるバンドだと思いました。

Mas:僕も、自分にできない音を彼女(彼女 IN THE DISPLAY)は出していると思った。ないものねだりなのかもしれないけど。歌詞が日本語だったり、対照的なところもあって。

RYOSUKE:僕も、まったく同じことを思いました(笑)。

Mas:ジャンルって関係ないなって。やってる人が好きだから惹かれたり、自分がやっている音楽とは違うけど気持ち良かったりとかあるもんね。

RYOSUKE:僕がDECLARE(NOTHING TO DECLARE)を好きになった一番のポイントは、ライヴ感ですね。

-DECLAREのライヴを観て、どう思いました?

RYOSUKE:"ヒーローだ!"って思いました。ギターも好きなんです。だから、速攻うちのギター(吉田弘輝)に"ヤベぇから観てくれ!"って言って。

Mas:あぁ、僕がギタリストあがりなんだよね。

RYOSUKE:でも、歌が上手すぎますよ!

Mas:いやいや、体調管理とかなかなかできていなくって。

RYOSUKE:気力ですよね。(いいコンディションに)持っていけない日もありますよ。

Mas:声が出ない日は出ないなりのライヴの作り方もあるしね。その日にしかない何かを残して帰ろうっていうので、歌わずに叫んでみたり。

RYOSUKE:僕はそういうバンドが好きですね。カッコいいの概念は上手いだけじゃないし......いや、上手くてナンボだとは思いますけど、自分が高校生のころライヴハウスに行き始めたときに、バンドに対して感じる部分はそこだけじゃなかったんで。そこがルーツになっています。

Mas:ライヴハウス育ちの人は、そういう考えがあるんじゃないかな。アクシデントがあっても前向きに転がす力を、ライヴハウス・バンドは持っていると思う。

RYOSUKE:国内と国外は、どう違います?

Mas:お客さんの反応で言うと、(海外は)オープンかな。野外でやっていると、音が鳴ってるだけで、"お!"って寄ってきてくれる。うるさい音を出してても、"おぉー!"って素直にリアクションしてくれるんだよね。そういう意味では、日本の人たちはシャイなのかな。ワンテンポ遅れて反応が返ってくるから。でも、だからこそ、コミュニケーションのし甲斐がある。音楽って、その壁を壊せるものだと思うので。ステージ面で言うと、俺は東南アジアでライヴをやることが多かったんだけど、オーストラリアもヨーロッパも、機材を見て"ここでやるのか......"っていう感じだよ(笑)。日本は環境が整っているから。

RYOSUKE:なるほど。そういう経験がまだないので。

Mas:海外は行ったことある?

RYOSUKE:僕、プライベートでも日本から一歩も出たことがないです。

Mas:そうなんだ! 行けると思うよ。(住んでいるのが)福岡なら、海外も近いでしょ?

RYOSUKE:韓国に行くのにかかるのは1時間って言いますね。東京に来るよりも近い。

Mas:台湾や韓国でライヴできると思うよ。

RYOSUKE:できるかなぁ......俺、ビビリなんです。