Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

魔法少女になり隊

2017年09月号掲載

魔法少女になり隊

魔法少女になり隊

Official Site

メンバー:火寺 バジル(Vo) gari(VJ/Vo) ウイ・ビトン(Gt) 明治(Gt/Vo)

インタビュアー:秦 理絵

かつて見たこともない"RPG系ロック・バンド"というコンセプトで、昨年9月にメジャー・デビューを果たした魔法少女になり隊(通称:ましょ隊)が初のフル・アルバム『魔法少女になり隊~まだ知らぬ勇者たちへ~』をリリースする。ヘヴィ・ロックからパワー・ポップ、アニソン、J-POPまでを自由に縦断していくノー・ジャンルな音楽性と、RPGゲーム的なヴィジュアルを融合させたユニークな発想の原点にあるのは、ただ"面白いことをやりたい"というピュアな想いだけだった。振り返れば、それは確信犯的なようで、メンバー自身も"ましょ隊とは何か"を掴み切れてはいなかったのかもしれない。メジャー・デビューから1年。多くのライヴで経験値を積み、初のアルバムを完成させたことで、いま見えてきたましょ隊とは? 全員に訊いた。


みんな現実世界でもゲームみたいにいろいろなことと闘ってる。私たちが作るゲームの世界で現実逃避してほしい


-先日の自主企画"魔法少女になりな祭 2017"(2017年7月1日、2日に渋谷STAR LOUNGEにて開催)でアルバムのリリースが発表されて。1stアルバムだし、お客さんも喜んでくれてましたね。

ウイ;そうですね。結成して4年目......結構時間がかかったのかな。

バジル:やっと発売できるのが嬉しいですね。

明治:"すごくいいタイミングで出せるな"っていうのがあるんですよ。感覚的なことなんですけど、いろいろまとまってきたというか、固まってきたというか。

-固まってきたというのは?

ウイ:僕らの根本には遊び心っていうのがあると思うんですけど、そういうものは前に出しつつ、なんとなくバンドとしてふわっとしてた部分があって。それがカチッとした感じですね。今まで、バンドとしてやりたいことがわかりづらかったと思うんです。

-それは音楽的に?

ウイ:いや、全体的な話ですね。

バジル:見せ方だよね。

明治:音楽に関しては、まとめてくれる人(ウイ)がいるから、個々でいろいろなものから刺激を受けて、こういうふうに消化しようっていうのがあるんですよ。でも、そうじゃないところで、"自分たちがやりたいものは何だろう"っていうのを話し合って、"いまはこういう表現の仕方だよね"っていうのを決めながら作っていった感じだと思います。

-なるほど。たしかにましょ隊って、"これ、面白いよね"っていうのがいっぱいあって、実際それが広がってきたけども、"で、そこで何をやりたいの?"っていうのが、正直ふわっとしてるバンドだなっていうのはあったと思う。

バジル:そうですね。

-で、今回のアルバムですごく感じたのは、ましょ隊って、ファンタジーなんだけど、それをちゃんと現実世界に繋げようとしてると思ったんですよ。例えばライヴでも、私たちが日常に戻ったときに、ちゃんと闘えるようにして帰してくれる。それが今回のアルバムでバンドとしてカチッと固まったことのひとつだと思いました。

バジル:そうなんですよね。ファンタジーになりすぎちゃうと、非現実的すぎて、楽しみたくてもあんまりリアルに受け止められなくなっちゃうというか。それで、リード曲の「完全無敵のぶっとバスターX」は、特にそういうことを考えながら書いたんです。現実世界でもゲームみたいに、みんないろいろなことと闘ってるじゃないですか。急にめちゃくちゃ強い奴に出会ったりとか。

-ラスボスみたいな奴がね(笑)。

バジル:そう。で、"降参しちゃいたい"って思うようなこともある。そういう日常のゲームみたいな要素を書くことで、現実逃避してくれたらいいなと思ったんです。

明治:自分たちが伝えたいことがあって、じゃあ、"こういうコンセプトでやっていれば、ちゃんと受け取ってもらえるだろうな"と思ってても、意外と伝わらないことが多いこともわかったんですよね。もっと強く言った方が伝わるんじゃないかとか。そういう経験を積んだうえで、伝えたいことと、音楽のファンタジー性と、パッケージのクスッとくる面白い要素っていうバランスが、このアルバムでは一番取れたと思います。

-なるほど。他にアルバムを作るうえで、最初に考えたことはありましたか?

gari:メンバーで話し合ったときも、魔法少女になり隊の一番のモチーフはやっぱりゲームとかRPGだから、それをどういうふうにパッケージしていったらいいのかなっていうところがポイントだったんですよね。いままでうちが出してきたシングルって、結構世界観が強いじゃないですか。

-ひとつの大陸から大陸にいくようなニュアンスでやってきましたもんね。

gari:そのテーマだけでひとつのゲームができる感じというか。だからオムニバス的なゲームのパッケージみたいに落とし込んだらいいなと思ったんです。バラエティに富んだ音楽性で、いろいろな世界を楽しめるようにしたいっていうのはありましたね。

バジル:私たちは普段からノー・ジャンルって言ってるんですけど。このアルバムで初めて魔法少女になり隊を聴いてくれる人も多いと思うから、メジャー・デビューから1年経ったいまの私たちの名刺代わりになる1枚を作りたいと思ったんです。