Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

ChroniCloop

2017年09月号掲載

ChroniCloop

メンバー:瀬崎 裕太(Vo/Gt) 谷藤 希隆(Gt/Key) 本間 智行(Ba) 吉成 直輝(Dr)

インタビュアー:高橋 美穂

"Eggs presents FM802 MINAMI WHEEL 2017"などの大型フェスへの出場も決まっているChroniCloopが、ミニ・アルバム『パレード』をリリースする。前身バンドから含めると結成9年目という歴史を持つ彼らだが、メンバーの変遷を経て今の4人になり、"RO69JACK 2015"二次選考通過や、"イナズマゲート2015"ファイナル審査出場といった数々のコンテストへの出場を重ね、自分たちの軸を確立したうえで今作は生まれた。その歴史と、満を持しての初の流通作品でもある今作への意気込みをメンバー全員に訊いた。

-Skream!初登場なのですが、前身バンドから含めると歴史は長そうですね。

瀬崎:そうですね。このふたり(瀬崎、吉成)では、9年目です。

吉成:もともとは、小学校に入る前からの幼馴染みで。そのままずっと同級生だったんで、中学生のころに"バンドをやろうよ、これ聴いて!"ってTHE BEATLESのCDを渡されたんです。そこから、僕の音楽人生は始まりました(笑)。

-それまでは音楽に興味は?

吉成:なかったんですけど、この子(瀬崎)がませてて(笑)。中学生のころからTHE BEATLESやCARPENTERSを聴いてたんです。僕は英語のタイトルすら読めなかったのに(笑)。

-瀬崎さんは、ずっと音楽が好きで?

瀬崎:そうですね。親がコンポを買ってくれて、"これ聴きなさい!"って渡されたものを聴いてたんです。

-ある種の英才教育ですね。

瀬崎:みたいな(笑)。それで、気づけば"バンド組みたいな"って思ってて。でも、周りに音楽が好きな奴はいなかったから、とりあえず仲がいい奴を誘って(笑)。そこが始まりです。

-パートも指定されたんですか?

吉成:そうなんです。当時の友達全員に、"お前ギターやって"、"お前ベースやって"、"ドラムやって"って。だから、"一緒に遊ぼう"くらいの感覚で、"いいよ"って。

-なんでドラムだったんですか?

瀬崎:いや、イケメンだったんで、イケメンはドラムだろうっていう直感です(笑)。でも、楽器はすぐに持たなかったんです。そのころエアギターが流行ってて、ふざけてエアバンドで遊んでたんですけど、そのまま楽器を持ってっていう。ほんと遊びの延長でした。9年も一緒にやるとは思ってなかったし。

-ちなみに、瀬崎さんがご両親に渡されたCDっていうのは、THE BEATLESとCARPENTERSと、他には?

瀬崎:Michael Jacksonとか、Stevie Wonderとか。

-どんな音楽をやるにしても、聴いておいて間違いないものばかりですね。

瀬崎:そうですね。それをメンバーにも渡して。逆に、邦楽は彼から教えてもらったんです。"邦楽とかじゃないでしょ!"って思ってたんですけど、当時のメンバーに良さを教えてもらいましたね。

-そして2011年、ChroniCloopとして始動するという。

本間:そのちょっと前に俺が加入して。

瀬崎:加入のときに名前は変えたんです。

吉成:"本気入れていこうぜ"、っていう。

-ここからギアを入れていくっていう決意の改名であり、体制だった?

瀬崎:そうですね。当時のメンバーは将来のことを考えて辞めていったんですけど、ふたり(瀬崎&吉成)にとっては、"やっとちゃんとできるじゃん!"と思っていて、そこでズレがあったんですよね。

-本間さんは、がっちりやっていくっていう意志を持って加入したんですか?

本間:そうですね。ちょうど僕が前にやってたバンドが解散して、宙ぶらりんだったところを拾ってもらえて。ずっと前身バンドを対バンで観てはいたんです。誘われたときにも"やりたい!"って言って。

瀬崎:この3人で最初に入ったスタジオはよく覚えています。これだよね、っていう感じはあったよね。

吉成:そうそう。

瀬崎:やっててニヤけちゃうっていうか。運命的なものもあったのか、最初からすっと始められて。

-音楽性はどうなんですか? 前身バンドから現在まで、どう変遷してきたんでしょうか。

瀬崎:根本は変わってないです。歌があっての音楽っていう。唯一変わったのはテンション感かな。長くやってると、一緒に過ごす時間も長くなってくるし、わかり合えるようになってくるし。深いところで作れていると思いますね。あと、見栄えとしては明るくなってます。

本間:暗かったよね。

-本間さんが入ったときは?

本間:まだ暗かったよね。

-それは歌詞? それとも曲調?

本間:全部だよね(笑)。

瀬崎:テンション感で変わってくるんで。

吉成:お客さんも観てて微動だにしない感じでした。

本間:バンド的にも友達バンドがいない、みたいな。

-じゃあ本間さんは貴重な友達だったと(笑)。

瀬崎:彼にとってもそうだったと思うんですけど(笑)。

-だから相思相愛だったんだ(笑)。この3人になってより活動が楽しくなるとともに、テンションが上がり、音楽性も明るい方向に進み始めたと。

瀬崎:そうですね。僕らはアルバムごとに色が違うんですけど、2枚目くらいから明るくなってきました。暗いっていうか......そんな暗くないとは思ってるんだけど(笑)。

吉成:でも、ピースな感じではないっていう。

瀬崎:そのときはそれがかっこいいと思ってたんです。尖ってたっていう。