Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

NEWS

Japanese

LITEのベーシスト JunIzawa、草刈愛美(サカナクション)の声をエディットして作り上げた楽曲「Last」配信リリース

2022.05.04 11:00

LITEのベーシスト JunIzawa、草刈愛美(サカナクション)の声をエディットして作り上げた楽曲「Last」配信リリース

サカナクション

Official Site

LITEのベーシストである井澤 惇(JunIzawa)が、WOZNIAKとの共作「Fubuku」に続いて新曲「Last」をデジタル・リリースした。
 
本楽曲はソロ・ライヴ活動の際に作り上げた楽曲だが、その活動に協力する形でサカナクションのベーシスト 草刈愛美が声で参加。草刈本人が自宅でレコーディングした声をJunIzawaがエディットし、メロディ・フレーズとして収録されている。 変拍子だが、踊れるようなシャッフル・ビート、ハーモニクスと低音二役をこなすベース・プレイ、そしてどこか懐かしい声による主旋律など、沢山の仕掛けとアイディアが詰まった楽曲となった。
 

■本人コメント
「LITE」を続ける目的としてはじめたソロでのアプローチは、僕のサイドストーリーとして今後も生き続けると信じて活動をしている。
その中で生まれた今回の楽曲「Last」は、 ソロのライブ活動の時のみにデモの段階から演奏していた楽曲であり、一つの僕なりの終着を見せたので発表することにした。
 
「Last」は二つの相反する要素を表裏一体に織り混ぜて構成されている。
 
ベースとしての低音的役割とハーモニクスによるウワモノ的役割。
この二つをベースという一つの楽器で同時に演奏するフレーズを作り上げた。
横ノリのシャッフルリズムと変拍子を織り交ぜたビート。気持ち良いけど、何か変。そういうリズムを狙った。
サカナクションの草刈愛美と90代の男性の声。愛美ちゃんの協力の元、異色のボイスコラボレーションが出来たと思っている。
暗がりの地下Barとランタンによるジャケット。インドアとアウトドアが混在する僕自身の日常の感覚通りだ。
 
こうした「混ぜるな、危険。」的な相反する要素を実験的に組み合わせた曲が、どう聴き手に捕らえられるのかは、僕にはわからない。ただそんな音楽があってもいいな、と思っている。
 
「Last」という多義語。「最後」という意味と「(限定的に)~続く」という意味。
この曲にぴったりな名前だ。

 

▼リリース情報
JunIzawa
配信リリース
「Last」
JunIzawa_last.jpg
NOW ON SALE
 
配信はこちら

関連アーティスト

LITE, サカナクション