Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

NEWS

Japanese

ニガミ17才、小銭喜剛(Dr)が本日4/14をもって脱退

2021.04.14 21:15

ニガミ17才、小銭喜剛(Dr)が本日4/14をもって脱退

ニガミ17才

Official Site

ニガミ17才のドラマー 小銭喜剛が本日4月14日をもってバンドを脱退することが公式サイトで発表された。
 
アナウンスでは脱退理由について、"音楽性の違いや関係性の悪化ということではありません。家庭内の事情によるもので、メンバー内でも様々な方法を提案しましたが、小銭本人の意思も強く、また家庭の事情を鑑みて、笑顔で送り出すことを決断いたしました。"と説明。今後のライヴ活動は当面サポート・メンバーを迎え、当初の予定通り実施していくという。
 
なお、メンバーのコメントは以下の通り。
 

■小銭喜剛(Dr)
ドラムの小銭です。
ニガミ17才をいつも応援していただき、ありがとうございます!
 
まず報告させて下さい。
わたし、小銭喜剛は、4月14日を以ってニガミ17才を脱退します。
 
決して、音楽性の違いや、仲が悪くなってしまったから、というわけではありません。
わたしの、家族に関わることです。
 
今年の1月に、わたしの父親が脳出血をおこしました。
早期の対応により、一命はとりとめたのですが、父には、右半身を自由に動かせない後遺症が残ってしまいました。そこから、次第に、わたし自身地元岡山に帰って、実家の家族をサポートしていきたいという気持ちが、強くなっていきました。
 
もちろん、メンバーにも相談しました。
メンバーは、「小銭自身がニガミ17才を続けたいという気持ちがあるなら、岡山に帰っても、下手くそになっても、全然いいから」
と言ってくれて、岡山へ帰っても続けていく方法やサポート案を、本当に沢山、色々と、考えて提案してくれました。
 
メンバー、スタッフには、本当に感謝しかありません。
 
しかし、わたし、器用な人間ではありません。流石に自分でも分かっております。
ニガミ17才に対しても、家族に対しても中途半端な形になりそうです。
18才に岡山から旅立ち、音楽と向き合いながら突っ走ってきたつもりです。東京で家庭も築きました。
岡山に帰ると言うことは、自分の中で思った以上に大きなことで、覚悟を持ってしないと駄目だと思いました。
何より、真剣に考えてくれるニガミ17才のメンバーがいて、最高の音楽を作りだすニガミ17才だからこそ、自分自身、中途半端にはできないと考えました。
なので、わたしはニガミ17才のドラマーではなく、実家である岡山に戻り、小銭喜剛として家族を守ろうという決心をしました。
 
ニガミ17才のドラムとして、最高の音楽に関わることが出来たことを胸に、これをもってわたしの音楽最前線での活動の締めくくりとしたい!と思います。
 
ニガミ17才を応援してくれているみんな!ありがとう!
これからもニガミ17才をよろしく頼むで!
わっしょい!!

 

■岩下優介(Vo)
いや句読点多すぎるやろ

 

■イザキタツル(Ba)
いつも応援ありがとうございます。
発表があったとおり、ドラムの小銭が家庭の事情により脱退します。
小銭の思いを受けてメンバー4人で話し合って、スタッフを含めたチームで話し合って出した答えなのでネガティブな気持ちはありません。
 
コロナ禍でライブがなかなかできない状況で、小銭にとっての最後のライブが出来なかったことは、応援してくれているファンの皆様に申し訳ない気持ちと悔しい気持ちがあります。
ですが小銭の気持ちを汲んだ上での決断なのでご理解の上、ニガミ17才の今後、小銭の今後を応援してもらえたら嬉しいです。
 
別れを乗り越えてニガミ17才はまた大きく強くなっていきます。
そんなニガミ17才のこれからに期待していてください。

 

■平沢あくび(Syn)
2月1日、タツルボーイお誕生日の日、
突然こっちゃんから脱退の話を伝えられました。365日もある中でわざわざこの日を選ぶなんて、本当こっちゃんらしいです!
 
脱退の話を受けて、
岩さん・タツルボーイ・こっちゃん・あくびの4人でのライブを観れる日を信じて、楽しみに、希望を持って、ずーっと我慢してくれていた皆の顔と想いが1番最初に心に浮かんできて、申し訳なさと、悔しさと寂しさでいっぱいになりました。
この気持ちは、2月1日からこの文章を書いている今も、ずっとです。
でもこれはこっちゃんの気持ちを尊重した上での決断です。
また4人で会いに行くという約束を守れなくて、本当にごめんなさい。
 
こっちゃんとの時間・奇行の数々・音・想いはちゃんとニガミ17才に吸収されてこれからも、ぶくぶくと大きくなってみんなのもとへ会いに行きますね!
 
こんなに水分が出るのかと思うほどに日々泣く私を、岩さんとタツルボーイが支えてくれました。
無理矢理前に進めようともせず、ただ傍で支えてくれました。
そのお陰で前を向くことができました。
 
ニガミ17才は止まりません、
これからも今まで通り、芯を持って思うがままに進化していくので、そんなニガミ17才と一緒にあなたのペースで楽しんでもらえたら私は嬉しいです。
 
ありがたいことにライブも続々と決まっていて、当面の間はサポートドラマーに《kyon》を迎え活動していきます!
急な出来事にも関わらず快くサポートを引き受けてくれて感謝でいっぱいです。
 
これからもあなたが"音楽を楽しみたいな"と思った時に、ニガミ17才の音楽はちゃんとそこにいますので、安心してこれからも一緒に遊びましょうね!楽しみにしていて下さいな!

 

こっちゃんのばーか!!!ありがとう!
わっしょーい!!!

関連アーティスト

ニガミ17才