Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

majiko

Skream! マガジン 2022年08月号掲載

2022.07.02 @恵比寿ザ・ガーデンホール

Reported by 石角 友香 Photo by Viola Kam(V’z Twinkle)

majikoが1年半ぶりのライヴで見せたものは、ライヴはもちろん、この間どう生き、過ごしてきたのか? の報告でもあった。冒頭からライヴ以外のことで恐縮だが、自宅で行っていた筋トレをジム通いに変更し、年配の方々とのユニーク且つ奇妙なコミュニケーションについて語る彼女は、自分にとっての強さや心地よさを自分の尺度で獲得しに行っているのだ。キャラクターを含めたmajikoというアーティスト性のオリジナリティが、ますます頼もしくなった印象を持った。

暗転したステージにシルエットが浮かび上がる、ドラマチックな演出の「狂おしいほど僕には美しい」でスタートしたライヴは、お馴染みのサポート陣である木下 哲(Gt)、伊藤翔磨(Gt)、北原裕司(Ba)、吉野ユウヤ(Key)、camacho(Dr)がカオスも洗練も消化したグルーヴでmajikoのヴォーカルを支える。口笛のサンプリングに導かれる「エスカルゴ」と、ファンク・チューンが続くが、ステージを凝視していたファンに"みんな立ってもええねんで?"と促し、「白い蝉」でみんな一斉に立ち上がり、クラップが起こった。一気に歌うと、"1年半ぶりのライヴってことでドキドキしてるんですが......1年半と言えば入社と退社とか、出会って別れるとか"と、生々しい話も笑いに転化してしまうmajiko節に安堵を覚える。歌っているときのシリアスさとMCのリアリティは地続きだからこそ、彼女のライヴにしかない安堵を覚えるのだ。

"バトルスピリッツ コネクテッドバトラーズ"の主題歌「劫火のエトワール」は、マイナーの地メロからメジャー・キーのサビへの飛翔やスピーディな展開が、アニソン風のスリルを体感させ、突き抜けるハイトーンが切なさや、苦しさも残す。アウトロからビートを繋げてノワールな「勝手にしやがれ」、何が本当の自分の気持ちなのか混乱する気持ちを吐き捨てていく「一応私も泣いた」は、生きてるだけで幸せだと思わなくもない今の時勢の中で、疑問として心をざわつかせた。

ラウドで複雑な構成を持つブロックに続き、「ひび割れた世界」を皮切りにじっくり歌が立ち上がる曲が続く。もはや曲ができた発端を超えて、majikoとファンにとって共通の約束となった印象のある「エミリーと15の約束」が、フロアに見えない確かな繋がりを形成していくようだ。涙は大切な人の前でだけ流せばいいと歌うこの曲を共有しているからこそ、続く「世界一幸せなひとりぼっち」が腑に落ちる。温かさが滲む地声が寄り添ってくれる、その素直さもいい。シューゲイズなギターや音の壁すら包み込むような大きさで歌われていた。じっくり歌うこの中盤部分はmajikoの核心なんじゃないだろうか。まさに久々の再会を実感できるセクションだった。

次の曲は撮影OKですよ、と呼び掛けて、"もう(どの曲か)わかっちゃうけど"と言いながら、新曲「交差点」のMV撮影エピソードを話す。とあるメディアでは"ドSなmajikoがサラリーマンをガン攻め"と書かれたといい、挙句"サラリーマンの願望をmajikoが晒す"とも形容されたと、どう受け取られても笑える彼女のタフさにこちらが元気づけられた。撮影OKとなると誰もが真剣にスマホを掲げてきれいに撮影しているのがまじっこ(※ファンの呼称)らしい。洗練されたファンクで、歌唱もR&Bやヒップホップ的な譜割りにチャレンジしているが、踊っていないフロアとの対比がシュールだった。ただ、ここからさらに新しい歌の表現やアレンジを聴かせてくれる予兆は広がったのは確かだ。

交差点のアスファルトのイメージから地続きのイメージで「ミミズ」に繋がり、さらにエレクトロニックなダンス・チューン「FANTASY」で淡い声の表現も伝わってくる。この曲も比較的新しい曲だが、個人的にはエレクトロニックなR&B寄りの曲のmajiko流の消化をもっと聴いてみたいと感じた。

"次の曲はみんなに協力してほしい"と、スマホのバックライトをつけて左右にワイパーをすることに。ジプシー音楽とスカが組み合わさったイメージの「ワンダーランド」で、フロア中に溢れる光のエネルギーを受けて、ステージ上もパワーアップ。majikoの無国籍な謎のダンスも加速する。歌い終えて、冒頭の筋トレの話題に突入したのだが、ジムでのお婆さまたちとのコミュニケーションを塑像すると笑いを禁じ得なかった。

サックスのSEも印象的な「パラノイア」では高音のサビが冴え渡り、ピアノ・リフがループし、四つ打ちのビートに自然にクラップが起きる「グリム」では、めくるめくダイナミックな展開に巻き込まれていくようにフロアが沸き立つ。少しグロテスクなおとぎ話を現代のポップ・ミュージックの言葉とメロディに変換できる、彼女の才覚が極まる瞬間だった。

本編ラストの前には今回のライヴ・タイトル"愛わかる"について、コロナ禍の中、マスク越しのコミュニケーションでも、目が物語る何かで感情は受け取れることを知った、と話した。つまり"目でわかる"という感謝の意味が込められたタイトルだったのだ。"終わらない過去より、いつか終わる未来のほうがいい"という言葉には、現在の閉塞や混沌も含まれているだろうが、終着地があっても、過去に縛られるより、この先を楽しんで生きたいという意味に個人的には捉えた。そんなMCからこの日最も力強い声で「23:59」を歌い始める。24時になって世界が終わるとき、わかり合えたらいい――どんな生き物も人も平等じゃないと感じる現実があるからこそ、majikoは希求する。今、より多くのリスナーに刺さる曲で本編を終了した。

やまない拍手に迎えられアンコールの1曲目に「心做し」を渾身の力で歌い終えると、一転、"わかる"ことをテーマにしたグッズ紹介。例えばタオルがあることで汗をかいていることがわかる、というふうに。さらに今秋、ニュー・アルバムをリリースすることを発表し、12月にライヴをやることをその場で決定。"やるって決めた。私はやるんだ!"と言い切った彼女は素直にカッコ良かった。最後にたくましく明るい「声」で終演したのも、次に繋がる希望だ。ニュー・アルバムへの期待が否応なく高まる。

  • 1