Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

PENGUIN RESEARCH

Skream! マガジン 2019年09月号掲載

PENGUIN RESEARCH

Official Site

2019.08.10 @横浜文化体育館

Reported by 蜂須賀 ちなみ

PENGUIN RESEARCHの全国ツアーが、バンド初のアリーナ・ワンマン=横浜文化体育館公演をもって終幕した。彼らはこのツアー中、8月7日に2ndフル・アルバム『それでも闘う者達へ』をリリースしたため、セットリストはそれを踏まえた内容に。アルバム収録曲がハイライトを担っていた。

客席後方からメンバーが登場するサプライズを経て、「決闘」から演奏がスタート。ツアーの他公演では終盤に披露されていたこの曲は、全国行脚を通じてより逞しくなった印象だ。重心の低いバンド・サウンドが地を揺らし、生田鷹司のヴォーカルはアリーナの上空を飛んでいった。レーザーや火炎など大会場特有の演出が各曲を彩るなか、観客も積極的にシンガロングをしたり掛け声を上げたりしている。このようにして早くもライヴハウスと変わらず熱量の高い空間が誕生。最初のMCでは、生田がこの日のライヴ・タイトル="横浜決闘"に引っ掛けて観客へ"君たちと闘うつもりはない"、"だってお前らと俺らは最強のタッグだろ!?"と投げ掛けた。

「ボタン」以降はバラードを中心に披露。柴﨑洋輔(Key)の奏でるインタールードから始まった「冀望」はほぼ暗転状態、且つ生田のみがセンター・ステージに移動し椅子に腰かけて歌う、という孤独感を際立たせる演出の中で演奏される。激しくかき鳴らされるバンド・サウンドは、ひとりの人間の内側で轟々と音をたてる感情の渦のようだった。途中、生田が"楽しいときもそうじゃないときも(リスナーの)そばにいたい"という話をしていたのも印象に残っている。この日のライヴに、"生きる"というテーマを中心に据えたアルバム『それでも闘う者達へ』に通ずる温度感があったのは、この中盤ブロックによるところが大きいのでは。

生田が観客にスマホのライトを点灯するよう促し、"こんなに素敵な日を作れる君たちが誇らしいです"と笑みを浮かべたところでいよいよ終盤戦へ。アルバム収録曲「ゴールド・フィラメント」で大きなシンガロングを巻き起こすと、生田、堀江晶太(Ba)、神田ジョン(Gt)がセンター・ステージに躍り出るなか、ハイテンポな曲を続け、グッとアクセルを踏む。"僕らは生きてるからさ、いつかはさよならする日がやってきます。でもね、少なくともそれは今じゃないよねって俺は思います。だってこんな日があるなら......こんな日があるから俺らここまで歩いてこれました。みんなもそうでしょ?"、"今日はたくさん力をくれてありがとう。また必ず会いに行くから、またいつでもおいで"。そんな堀江のMCを経て本編ラストに演奏されたのはアルバム表題曲「それでも闘う者達へ」だった。新保恵大(Dr)のツービートを筆頭にバンド・サウンドが疾走し、"それでも"という願いを込めた歌声が高らかに響く。ここを出て、日常という闘いのフィールドに戻る私たちの背中を支えるように。

アンコールとして「boyhood」、「BYEBYE RESEARCH」を披露してライヴが終了――と思いきや、神田が生田のもとへマイクを持っていき、「ハードロック★パラダイス」に繋げた。ドタバタと大団円を迎えるこの感じが非常に彼ららしい。MCでメンバーそれぞれが"楽しいツアーだった"という手応えを語っていたように、また、生田がオフマイクで"先のことはわからないけど、誰ひとり欠けることなく、お前らと歩いていきたい!"と叫んでいたように、語るべきことは様々あるライヴだったが、"バンドの等身大の思いがダイレクトに表れたライヴだった"ということが最も大事なポイントだったように思う。年末に東名阪で開催されるツーマン・ツアーも楽しみだ。

  • 1