Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

太田家

太田家

メンバー:太田 彩華(Vo/Ba) 太田ERIKA様(Gt/Cho) 太田ひさおくん(Key/Cho) 太田たけちゃん(Dr/Count)

インタビュアー:荒金 良介

声優や歌手として幅広く活躍する太田彩華擁する4人組、太田家の1stアルバム『愛読書』がとんでもなく濃い。自ら"文学的青春パンク"と掲げている通り、00年初頭に盛り上がった青春パンクに対する憧憬をストレートに表現しながら、男女混合バンドの持ち味を生かした曲調はキャッチーな輝きに満ち溢れている。THE BOOGIE JACK、ザ・マスミサイル、太陽族のメンバー提供曲や↑THE HIGH-LOWS↓、ガガガSP、MONGOL800のカバー3曲を含めた全12曲入りの今作はノスタルジックだが、フレッシュなサウンドに磨き抜かれ、楽曲クオリティと作品トータルの流れも文句ナシの完成度である。渾身の自信作について、メンバー4人に話を訊いた。

-今作は素晴しかったです! バンド自ら"文学的青春パンク"と謳っているように、00年初頭に盛り上がったあの時代の懐かしさを感じる一方、太田家は女性ヴォーカルなので新鮮に聴けました。この作品には実際に青春パンクの人たちが深く関わってますよね?

ひさおくん:ただ、そこまで考えていないんですよね。バンドを組む動機も彩華さんが青春パンクが大好きだからという(笑)。

彩華:ガガガSPさんをカバーするとか、今まで青春パンクに助けられましたからね。曲作りはひさおさんとたけちゃんが協力してくれて。たけちゃんはザ・マスミサイルでドラムを叩いてましたからね。

-ええ。太田家ではあの時代の青春パンクの良さを現代に継承していきたい?

たけちゃん:彩華さんはそういう気持ちが強いだろうし、僕はそういうバンドをやっていたから。あの当時のままのドラムをやって、"気持ちいい、最高!"って(笑)。

ひさおくん:曲は主に僕が作っているんですけど、昔の良さも継承しながら、令和の新しいものを魅せたい気持ちもあります。ヴォーカルが女子という部分も大きいですからね。

彩華:太田家というジャンルを作っていきたいです。私は声優もやっているので、語りや叫びを入れて、自分たちらしい曲を作りたいなと。

ERIKA様:私はパンクを通ってないので、カバーした曲もオリジナルは知らないから、自分的には新しい気持ちで弾いてます。だから、全部パンクに合わせるのも違うし、ギター・ソロを考えるときはあまり寄せすぎないようにしてます。

-そのバランス感も太田家独自の曲に仕上がっているんでしょうね。

ひさおくん:面白がってやってます(笑)。ERIKA様のロックなギターが入ったらいいなとか。

たけちゃん:ERIKA様が作ったインスト曲(「Sky-雲外蒼天-」)も青春パンクと言われたら違うし、それも太田家らしさになってますからね。みんな好きな音楽は違うけど、共通してキャッチーなものが好きなんですよ。

-今作はこれまで発表し続けてきた曲をまとめた部分もあると思いますが、1枚のパッケージになった印象は?

彩華:アルバムのために曲を作ったというより、1年半ぐらい活動して、毎月曲を出していたので......一曲一曲が濃いなと。

たけちゃん:その時期を思い出すよね。

-曲を発表し続けるなかでスキルアップできた部分もあります?

ひさおくん:それはありますね。「星明かりのメロディ」、「夢の散歩者」、「名もなき少年の 名もなき青春」の3曲が最初の頃にできた曲で、"文学的青春パンクとはなんぞや?"と考えた曲だったんですよ。「星明かりのメロディ」はTHE BOOGIE JACKのヒライシュンタ(Vo)君に提供してもらった曲ですけど、それをどういうふうに昇華しようかなと。ほかにもいろんな人に曲を提供してもらったり、カバーをやったりして、いろんな変遷を経てますからね。

彩華:うん、次はどんなアプローチをしようかって。

-初めて作った曲が「名もなき少年の 名もなき青春」ですよね。ここに太田家の音楽的なスタイルやエッセンスが全部詰まっている気もして。

彩華:あぁ、そうですね。めちゃくちゃ悩みましたからね。

ひさおくん:歌詞も最初はすごく文学的だったんだけど、もう少しキャッチーにしたりしてね。

彩華:"太田家はこうしたい!"という柱みたいなものが「名もなき少年の 名もなき青春」で作れました。

ERIKA様:オリジナル曲もいろんなタイプの曲があるし、カバー曲もあって、インスト曲もあって、どう1枚にまとまるんだろうと思ったけど。ごちゃごちゃしてなくて、1枚通してすっきり聴けたからすごいなと(笑)。

たけちゃん:ERIKA様が言ったように1枚の作品としてまとまりがいいし、自分で言うのもなんだけど、次はこう来るんだ、こんな曲もやるんだって、飽きずに聴ける作品ですね。

-たしかに現時点で全部やり切ったような濃さです。

ひさおくん:まだまだやりたいことはあるんですけど、一区切りとしてはいい作品になったと思います。青春パンクが土台にあるから、統一感もありますしね。