Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

シイナナルミ

2019年11月号掲載

シイナナルミ

シイナナルミ

Official Site

インタビュアー:高橋 美穂

YouTubeチャンネル登録者数は約39万人。"女子あるある"を発信するYouTuberのシイナナルミが、メジャー2ndシングル『すきぴホリック』をリリースする。YouTuberらしい発想力だけではなく、作詞や歌手のスキルも評価されるべき人であることがわかる1枚だ。もともとはアイドル・グループ出身。卒業してから本格的に"自分発信"の活動にシフトし、今はYouTuberやシンガーとして活動するだけではなく、楽曲とリンクさせたドラマの脚本を自身で書くなど、マルチ・クリエイターと言える才能を発揮している。話を訊いても、そのまま歌詞になりそうな言葉がポンポン出てきて面白かった。ぜひ、注目してほしい。

-お会いしてみて、写真や動画以上にかわいらしい方だな! って思いました。

ありがとうございます。怖いって言われることも多いんですけど......動画で男をディスるショートコントみたいなものも上げているんで。素の自分は知られていないんですよね(苦笑)。

-ファッションも、今着ているようなゴスっぽいものが好きなんですか?

そうですね。普段から好きですし、これは「すきぴホリック」のMVの歌唱シーンで着ていた衣装なんです。"ホリック"は中毒っていう意味なので、それが表現できるかなって。

-ファッション、音楽、キャラクターを連動して考えているというか。

そうですね。MVの中でドラマを撮ったんですけど、その世界観もリンクさせて。好きすぎて頭がおかしくなっちゃう女の子、っていう。

-そこは、歌に集中しているシンガーとは一線を画すというか、YouTuberでもある、マルチ・クリエイターのシイナさんならではの発想ですよね。

ありがとうございます。そう、全部自分でプロデュースしているからこそ、ドラマの脚本と歌詞をリンクさせるとかできるのかなって思います。

-9月にはPONY CANYONからメジャー・デビューしましたよね。それで状況や心境が変わったりはしましたか?

メジャー・デビューして一番驚いたのは、スタッフさんの多さです。これまで3人とかでやっていたんですけど、今はひとつの現場に20人もいて。MVも、インディーズのときは自分で撮ったりしていたんですけど、今は自分だけでは考えられないアイディアが出てきたり、機材のセッティングもやってもらったりして。できあがったものを観てもクオリティが違うので、嬉しいです。あとは、自分の曲がCDという形になることに感動しましたね。歌詞カードがつくことも嬉しいし、パッケージのデザインもこだわれるし。周りからも、発表したときに"おめでとう! ずっと夢だったもんね"って言っていただきました。YouTuberだけの活動だと、ファンの方とは自分でオフ会とかを開かないと会える機会がなかったんですけど、今はリリース・イベントがあるから"月に2、3回会えるし、歌も聴けるから嬉しいです"って。

-スタッフさんが増えても、いろんなことを自分自身で考えることには変わりないんですね。

そうですね。私はやりたい世界観が強いので、自分から"こういう曲がやりたいです"、"こういう演出にしたいです"って発信しています。今回の「すきぴホリック」も、黒とピンクがテーマ・カラーなので、MVでは照明や出てくる文字もピンクにしてもらって。私が好きなこと、やりたいことに向けて背中を押してもらっている感じです。

-経歴を振り返ると、もともとはアイドルだったんですよね?

はい。アイドル・グループ(81moment)に入っていて、卒業してからYouTuberになりました。卒業の理由は、期間限定のグループだったので、それを満たしたからっていう。歌うことやライヴをするのが好きだったので、これからもやりたいなって思ってきて、(卒業から)2年かかってメジャー・デビューできました。今までやってきて良かったなっていう気持ちです。

-アイドル以前から、人前に出ることや何かを表現することは好きだったんですか?

そうですね。"テレビに出る人になりたい!"って思っていて、タレントになることが夢だったんです。その通過点としてアイドルという形から入ったんですけど、やっているうちに、歌ったり踊ったりすることが楽しいな、お客さんと喋って"今日良かったよ"って言われるのが、嬉しいなって思うようになって......だから、アイドルになりたくてなったっていうよりは、なってからアイドルを好きになったんですよ。

-なるほどね。卒業されてからYouTuberというスタイルを選んだのはなぜだったんですか?

もともとアイドル時代から動画投稿は続けていたんです。テレビに出たいけど、呼んでもらわないと出れないな。じゃあ自分で番組を作ろう! って。でも、その当時に私が投稿していたサイトが、1分半くらいの動画しか上げられなかったんです。YouTubeは長い動画も上げられるし、自分のチャンネル"なるみんTV"みたいにしたいと思って始めました。今は、そのときに思っていたことが形になって、「すきぴホリック」を主題歌にして撮ったドラマ("仮面彼氏")を、私のチャンネルで観られるようになっています。