Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

Crispy Camera Club

2018年10月号掲載

Crispy Camera Club

Crispy Camera Club

Official Site

メンバー:ミサト(Vo/Gt) 中根 トモヒロ(Ba) りんすけ(Dr)

インタビュアー:秦 理絵

芯ができてきたんです。内に秘めてるものが、どんどん燃え上がってきてる


-日本語への強いこだわりがありつつ、「She's so cute」みたいな大半が英語詞の曲もある。曲の雰囲気を尊重して、あまり固執しすぎない柔軟さもありますよね。

ミサト:この曲は(りんすけと)ふたりでオルタナなユニットを組んでたときに作った曲なんです。最初はドラムとギターだけやったので、その名残もあるんですよ。

りんすけ:ギターを歪ませよう、ドラムもビートで攻めよう、コーラスとかサビの掛け合いを入れてみようっていう私の好きな音楽が入ってる感じがします。

中根:でも、オルタナすぎるのも嫌いなので。THE STROKESっぽいのを意識して、ちょっとロックンロールっぽいのも入れてみた感じですね。

りんすけ:ほんまに、この曲はそういう話をしながら作りました。

-わかる気がします(笑)。アルバムを締めくくる最後の2曲「タンザナイト」と「アナザーデイ」には、歌詞にバンドに懸ける想いのようなものを感じましたが。

ミサト:たしか「タンザナイト」は、YESを聴いて、ああいう変な入り方の曲を作りたいみたいになって。あとからYESを聴いても、どの曲を参考にしたのかわからないぐらい、全然違う曲になってますけどね。

中根:前にいたギターが変わった手癖を持ってたので、その個性が詰まった曲です。

ミサト:"タンザナイト"っていうのは石の名前ですね。心の中に秘めてるものが静かに燃えるっていうような意味があるんです。で、この曲の歌詞ができたときに、この石の名前がピッタリだなと思ったんですよ。"タンザナイト"っていう響きも好きですし。

中根:僕これ、"ターン・ザ・ナイト"だと思ってたんですよ。

ミサト:あ、3単語で!?

-Turn the nightで"夜に帰る"みたいな(笑)。

中根:間奏で同じフレーズをループしてるところがあるから、"ターン"なのかなって。

ミサト:なるほど、新しい解釈だ(笑)。

-最後の「アナザーデイ」はアルバムの中で一番パワフルな歌が印象的でした。

ミサト:「アナザーデイ」も、まずはサウンドからできた曲ですね。

-"たどり着きたい場所はなく/まだ見ぬ時に出会いたい"っていうところに、たぶんCrispy Camera Clubとしての意志を込めたのかなと思いました。

ミサト:本当にそういうことを考えてるときに書いたんですよね。バンドとしてのゴールとかは全然わからないんですけど、なんとなく知らんところに飛んでいくんだろうなみたいな感じなんです。明確なゴールは思いつかないけどっていう。

-1曲目「favorite train」ではお気に入りの電車に揺れて始まるアルバムだけど、最後に「アナザーデイ」で終わるところにストーリーを感じる作品にもなりましたね。

りんすけ:そこにミサッティ(ミサト)の変化を感じますよね。「favorite train」から「アナザーデイ」を作るまでの心境の変化が出てるというか。芯ができてきたんです。内に秘めてるものが、どんどん燃え上がってきてるなって、1枚を通して聴いたときに思いましたね。

-トモヒロさんは完成してみて、どんな手応えを感じていますか?

中根:未完成だなと思いますね。次はもっとかっこいいものになるなって。

ミサト:うん、それはわかる気がする。未完成だけど、面白い作品になったと思います。今回は好きなことをやっただけなので、バラバラのものがひとつの作品になった感じだから、次の作品ではもっとテーマを決めて作ってみたいなと。

-わかりました。最後にアルバムのタイトルの"SWAG"の意味はなんなのでしょう?

ミサト:今まで私たちは自主でCDを2枚出してるんですけど、そのタイトルが全部ローマ字4文字なんです。だから、今回もその縛りで単語を探したいなと思って。冒険とか旅に惹かれるものがあって、"SWAG"っていう言葉を知ったんです。オーストラリア英語で"旅人が持ってる袋"みたいな意味ですね。でも、あとからこれはヒップホップの人が使うスラングやでって教えてもらって。"かっこいい"とか"イケてる"の意味で。ヒップホップとは全然関係ない私たちが、そういうのをタイトルにしたのも面白いんちゃうかなと思ってます。