Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

Crispy Camera Club

2018年10月号掲載

Crispy Camera Club

Crispy Camera Club

Official Site

メンバー:ミサト(Vo/Gt) 中根 トモヒロ(Ba) りんすけ(Dr)

インタビュアー:秦 理絵

-当時、トモヒロさんが"このバンドでやっていく"って思えたのはなぜですか?

中根:僕も就活はしてたんですけど、説明会とかに行くじゃないですか。それが面白くないんですよね。"これならバンドをやった方がいいわ!"と思ったんですよ。

りんすけ:その言葉でふたりだけじゃない感じがしたんですよね。

ミサト:やっぱりメンバーが抜けるって深刻になってしまうんですよ。しかも、そのギターはずっと一緒にやってきた子だったから。悲しかったけど、それだけではダメだなというか。改めて気合を入れて進まなきゃって思うようになったんです。

-なるほど。"進まなきゃ"っていう気持ちは、今回リリースになる新しいアルバム『SWAG』にも出てますよね。今回の収録曲は、ずっとライヴでやってた曲ですか?

中根:新しいのは「雨があがったら」ですね。

ミサト:それ以外はライヴでやってた曲をアレンジして作った感じです。

-リード曲の「雨があがったら」、いい曲ですよね。軽やかなハーモニーにしても、サウンドの醸し出す懐かしさにしても、このバンドにしか出せない雰囲気があって。

ミサト:この曲は跳ねる曲を作りたいっていうところから始まったんです。

りんすけ:セッションから作ったんですよ。そこに(ミサトが)適当にメロディを乗せて、あとで歌詞を持ってきてくれて、"いいやん!"ってなったんです。

中根:最初はWHAM!とか、モータウンっぽいのを意識してたんですけどね。グルーヴィな感じにしたかったんですけど、最終的には90年代のギター・ロックっぽくなって。

りんすけ:自分たちで演奏をしてても気持ちいいんですよ。全員で歌うところもあるから、ライヴでは一緒に口ずさんでくれたらいいなと思います。

-歌詞はあとからミサトさんがつけるんですか?

ミサト:そうですね。昔弾き語りでやってたときは先に歌詞があって、メロディをつけるのが得意だったんですけど。バンドをやり始めて、歌詞をあとにつける方がアレンジを面白くできることに気づいて、あとで書くようにしてます。

-"1957 奇跡の始まりを知りたいな"とか"ストレイキャッツ"とかが出てきて、ロックンロールに想いを馳せる曲なのかなと思いましたが。

ミサト:この曲はメロディが良く聴こえる言葉を選んで作った感じです。"ストレイキャッツ"はバンドから取ったわけじゃなくて、野良猫っていう意味で。でも、知ってる人がそういうふうに取ってくれたら面白いなって思ってます。

-ミサトさんの歌詞って、あんまり言いすぎてないのがいいですよね。1曲目の「favorite train」なんか、"私はお気に入りの電車に乗ってる、ハッピー、以上"っていう曲じゃないですか。すごくシンプルだけど、練られてて、想像できる余地もあるんですよね。

ミサト:そう取ってもらえたら嬉しいです。歌詞では言葉で全部を言いたくないっていうのがあって。言わなすぎてわかりにくいのかもしれないんですけど、聴く人がそれぞれ違う取り方をしてくれたらいいなと思って書いてますね。

りんすけ:私、彼女の書く歌詞がめっちゃ好きで。風景が浮かんでくるんですよね。

中根:説明しすぎてない感じがロックを感じるんですよ。

りんすけ:(中根は)あんまり喋らへんけど、結構歌詞には食いつくんですよね。"この歌詞いいっすね"とか言ってるよな?

中根:(※ミサトに)清志郎(忌野清志郎)好きですよね?

ミサト:うん、好き。お母さんの影響なんですけど。

中根:言葉足らずな感じに、そういうのを感じるんですよ。

ミサト:嬉しい褒め言葉です(笑)。

-ちなみにルーツに洋楽が多いけど、歌詞は日本語にこだわってますよね。

ミサト:正直、英語の方が、私が歌いたいメロディをちゃんと表現できる気はしてるんですけど、やっぱり日本語でなんとか言いたいなと思うんですよね。それは清志郎とかスピッツの影響だと思うんです。私はイギリス人ではないし、日本人っていう軸を固めるためにも、日本語で歌わなあかんかなというのでやってますね。