Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

リリィ、さよなら。

2018年07月号掲載

リリィ、さよなら。

リリィ、さよなら。

Official Site

メンバー:ヒロキ(Vo/Gt/Pf)

インタビュアー:沖 さやこ

-(笑)"守れなかった約束は今でも/この胸に生きています"という歌詞のとおり、約束が胸に生きていたからこそ再生できたんでしょうね......。「ハンドメイド」は3rdミニ・アルバムに収録されている「シアワセな機械」のアンサー・ソングですか?

そうです、そうです。結構お気に入りで。

-「シアワセな機械」も"甘やかしていられる"など生々しい甘さがありましたが、「ハンドメイド」もものすごく"触る"という描写が多いなと(笑)。

前作まで結構とんがってたから、今回はとにかく優しかったり甘かったりするものにしたかったので、少女漫画っぽい甘ったるさに振り切りました(笑)! "宝物みたいに 君を触っていたいんだ"なんて歯の浮くような台詞、現実世界じゃなかなか言えないですもん。歌詞だからできるギリギリのラインですね(笑)。"触る"という言葉には感情やメンタル的な成長は人との触れ合いで生まれていくんだな......というニュアンスも入っていて、それもあって"すべてが君の手で生まれた"という歌詞で締めくくっています。

-今までアレンジをしてくれていた池窪浩一さんだけでなく、以前から親交の深いkoma'nさんや山崎あおいさんがアレンジに参加してくださるなど、人との触れ合いで生まれたCDになりましたね。

いろんな人に助けていただいて、音楽をやらせてもらっているんだなー......ということに気づいたうえで作れました。ある意味、初めてミュージシャンとして作れたCDなのかもしれない。音楽が大好きだった男の子から、ミュージシャンになれました(笑)! 昔の等身大のエッセンスもありつつ、いろんなアレンジの曲があるので、初見の人にも聴きやすいアルバムになったと思います。

-"成長した"のひと言に尽きます。2年前にお会いしたときは"華々しく引退したい"とおっしゃっていたけれど、まだまだ音楽やめられなさそうですね。

"引退したい"なんて、自分のことばっかり考えてるから言える言葉ですよね......。本当にどん底に落ちたときに"僕が歌手をやめても新しいミュージシャンはどんどん出てくるし、困る人はいない"と突きつけられて。今は当時の自分に"ナメんなクソガキ!"って思いますもん(笑)! 今の僕は"いつやめてもいい"と言いながら音楽をするよりも"死んでも続けます"と言っている方が絶対にかっこいいと思う。だから僕は死んでも音楽を続けます!

-大人になったヒロキさんにお会いできて良かったです。

本っ当にやめなきゃいけないとき以外は、気持ちと頑張りで続けられることを身をもって知ったし、続けることは本当に大事なことだなと思いました。これからも青春時代に培った切なさやラヴ・ソングのエッセンスは、ずっと大切に思い出として持っていきたいし、僕はまだまだなのでこれからもっと成長します。そのときにどんな曲が書けるかな......。でもまずはこのCDをいろんな人に聴いてもらいたいですね。これを聴いたら人生が変わると思うんです。

-聴いた人への爪痕の残し方が変わりましたね。

引っかいたり傷をえぐったりするのではなく"包む"になりました。『愛する以外になかったからさ』はセカンド思春期を終えて再生した、リリィ、さよなら。第2期の第1作目ですから! 聴いてもらうためにとにかく一生懸命やろうと思っています!