Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

noovy

2017年10月号掲載

noovy

メンバー:Shawn(Vo/Gt) Hank(Gt/Cho) JK(Ba/Cho) Mark(Dr/Cho)

インタビュアー:山口 智男

何があっても楽しくやっていこうっていうのがnoovyらしいやり方なんです


-やっとその苦労が報われたわけですね。

JK:2年ぐらい経ったころ、やっと事務所が日本で活動してみようって言ってくれて、そのとき初めて光が見えてきたと思いました。

-でも、それだけ苦労しているならこの先、何があっても大丈夫じゃないですか?

JK:他のバンドと違って、僕らは友人でも、知り合いでもない4人が組んだバンドだったので、その2年のおかげで仲良くなれたのは、今思えば、ありがたかったですね。

Shawn:マネージャーさんと会ったとき、"演奏がヘタクソなのに、なんでそんなにワイワイできるの? 呑気すぎる"と言われました(笑)。でも、何があっても楽しくやっていこうっていうのがnoovyらしいやり方なんです。

-「Garage」を聴いた人たちには、"僕らはこれだけ苦労してきたけど、こうやって夢を追い掛けているんだから、みんなも負けずに夢を追い続けてほしい"というメッセージが込められているわけですね?

Shawn:僕たちの実体験がみんなの力になれたらいいなと思います。

-「Garage」と「イチバンボシ」は、すでにライヴでも演奏しているそうですが、どんなところが聴きどころでしょうか?

Hank:「Garage」の"Don't worry now/We'll work it out"というブリッジは、4人が一緒に歌っているんです。この曲は全体的に、"レッツゴー"っていうパワフルな感じなんですけど、そこだけ優しい雰囲気になるんです。それは、"夢を追い掛けながら、自分を疑うときもあるかもしれない。それでも、諦めずにみんな一緒に頑張っていこう"という気持ちを込めているからなんです。そこをぜひ聴いてほしいです。

Mark:ドラムは疾走感を意識して、常に走っているところをイメージしながらプレイしています。

JK:勢いだけではなく、立ち止まったり迷ったりする気持ちを表現するために、アクセントをつけたベース・プレイもぜひ聴いてください。

Shawn:自分の体験を思い出しながら聴いてもらえると嬉しいですね。

-「イチバンボシ」は?

Hank:懐かしかったり、ちょっとかわいらしかったりするメロディを聴いてください。

Shawn:身体を揺らしながら歌っているところに注目してほしいです。

Mark:僕は歌詞に書かれている思い出を思い浮かべながら演奏しています。

JK:簡単に聴こえるかもしれないけど、リズムがちょっと変わっているので、そこは丁寧にプレイするようにしています。

-全国11ヶ所を回る『Garage』発売記念イベントに続いて、10月28日には都内某所で『Garage』の購入者を対象にしたスペシャル・イベントを開催するそうですね。

Shawn:ファン・ミーティングですね。全4部に分けてやるんですが、第3部と第4部ではせっかくハロウィン直前なので、仮装もしようと思っています。台湾ではハロウィンがそんなに盛んではないから、今から楽しみにしています。実はどんな仮装をするのかもう決めているんですけど、それは当日のお楽しみにさせてください。

-最後に、今後、どんな曲を演奏したいか教えてください。

Shawn:今までは夢を追い掛ける青春ソングが多かったので、次はラヴ・ソングを歌ってみたいですね。