Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

Cure²tron

2016年10月号掲載

Cure²tron

バンドやろうぜ!

Official Site

メンバー:黒沢 ともよ(Vo/マイリー)

インタビュアー:秦 理絵

Aniplex×Sony Musicが手掛ける新作リズム・ゲーム"バンドやろうぜ!"。そのゲーム・ストーリーに登場するBLAST、OSIRIS、Fairy April、Cure²tronの4バンドが4週連続でシングルをリリースした。それぞれ特色のあるバンド・コンセプトを持ち、個性的な楽曲を発表している中、特に異色の存在なのが、見た目は女の子なのにメンバー全員が男の子というガールズ(?)バンド、Cure²tron(読み:キュアキュアトロン)。女の子らしいキュートさと男の子のかっこよさを併せ持ったこの魔性のバンドの魅力は何なのか。ヴォーカル=マイリー役の黒沢ともよに話を訊いた。

-黒沢さんはバンドがお好きなんですよね?

そうなんです!

-どんなバンドが好きなんですか?

なんでも好きですよ。フェスに行って素敵だなと思うとすぐにCDを買っちゃう感じですね。(Skream!9月号を見ながら)それこそ04 Limited Sazabysも好きですし、グッドモーニングアメリカもワンマンを観に行きました。Benthamは「TONIGHT」(2015年リリースの2nd EP『NEW LIFE』収録曲)がめっちゃ好きだし、ミソッカスは渋谷チェルシーホテルで対バン・イベントを観てハマッて、お客さんがまだ少なかったときからライヴを観てるんです。あとはカフカとか、それでも世界が続くならも好きです。

-夏フェスとかも行かれるんですか?

行きますね。でも今年は......すごく悲しかったんですけど、"SWEET LOVE SHOWER 2016"(8月26~28日開催)の3日通し券を買ったのに、結局お仕事で行けなかったんです。最初にTHE ORAL CIGARETTESがオープニング・アクトとして出演したとき(※2013年)に行って、私、泣きながら観たんです!

-本当にバンド・シーンが好きなんですね(笑)。で、そんな黒沢さんがヴォーカルを務めるのがCure²tronという男子高校生による男の娘バンド。すごいコンセプトですけど......。

このコンセプトでバンドをやってて、ポップ調の曲を歌ってるバンドって少ないんじゃないかなと思うんですよ。それこそ、OSIRIS みたいなテイストのシリアスな世界観の楽曲だったらわかるんですけど。あとはゴスロリに寄せて、女装するとか。実際のバンドだとピコさんみたいな感じだったり。だから、こんなに明るく照明を当てて大丈夫なのかな? みたいな感じではあるんですけどね(笑)。珍しいなと思いました。

-黒沢さんから見て、Cure²tronはどんなバンドですか?

簡単に言うと、開き直ってる(笑)。メンバーはみんなすごく前向きに男の娘をしてるんですよ。男の子が好きっていう描写は今のところなくて、たぶん普通に女の子が好きな男子高校生なんですけど。男の娘の格好をするのが趣味っていうことなんですよね。

-歌詞を聴くと、かわいいものが好きな男の子って感じですよね。

そうそう、そうなんです。マイリーだけはちょっと違うんですよね。もともと歌が好きだったけど、カラオケで誘われてCure²tronに入ったから、それにプラス・アルファとして男の娘の格好がついてる。でも、他のメンバー3人はかわいくなること、きれいになることを純粋に楽しんでるっていう感じなのかな。私から見ると、下手したらそこらへんにいる女の子よりもキラキラしてて、ポジティヴな考え方を持ってるなと思います。

-黒沢さんが演じるのは平凡な男子高校生で。半ば強引にマイリーとしてバンドに入るわけですけど、この役どころをもらったときはどんなふうに思いましたか?

マイリーは特に男の娘の格好が好きっていう気持ちがなくて、恥ずかしがり屋なんですよ。だからお芝居の面に関しては、友達に"男の娘の格好しろよ"って言われて、断れなくてやっちゃった学園祭みたいなノリなんです。

-難しい役だと思いますけど、役作りで気をつけたことは?

マイリーは声が女の子っぽいからCure²tronにスカウトされたっていう設定があるので、あんまり男の子に寄せすぎることができないんです。声は細いんだけど、歌い方は男の子っていう微妙なバランスというか。それが難しかったですね。

-やはり普段演じられている役とは全然違いましたか?

普段はキャラクター・ソングとかミュージカルの曲を歌うので、"嬉しい"とか"悲しい"って感情を押し出していくんです。でも今回は"アーティストっぽく歌ってほしい"って言われたんですよ。それが"どういうことだろう?"みたいな。アーティストってその人独特の歌い回しがあるじゃないですか。そういうことだったりもするんだろうなと思って、それを拾い集めたんです。ある意味、アーティストをひとりプロデュースするつもりでやらなきゃいけなかったんですよね。

-Cure²tronもそうですけど、男の子だけど女の子みたいな中性的な声って、聴いてても不思議な魅力がありますよね。

そうなんですよ。でも、今回は4バンドの中に蒼井翔太さんがいらっしゃるんですよ(※Fairy Aprilのヴォーカル/鳳 葵陽役)。私的には中性的な声の代表のような方なので。蒼井さんが爽やかな青年をやられるときに、私がどれだけ男の娘をアプローチできるのかっていうのはハードルが高いなと感じました。

-ゲームに登場する他の3バンドの存在も結構意識したんですか?

だいぶ意識しました。最初にお話をいただいたときに、生田鷹司さん(※BLASTのヴォーカル/東雲 大和役)と小林正典さん(※OSIRISのヴォーカル/高良 京役)のお名前を見て。"いやいや、本物のアーティストやん!"ってところからのスタートだったので(笑)。蒼井さんもアーティスト活動をされていらっしゃいますし。"うわー......いかんところに紛れ込んでしまった"みたいなところはありましたね。

-それから歌は結構練習されたんですか?

したんですけど、結局、現場に行ってから作り直していく方が多くて、レコーディングは毎回へこんでましたね。だから、1曲1曲のレコーディングが終わるたびに"はぁ......なんで私は成長できないんだ"みたいな自己嫌悪に陥ってました。

-そうなんですか? でも不思議なんですけど、黒沢さんの歌はこの設定を知って聴くと、ちゃんと女の子っぽい声をしている男の子の歌に聞こえてくるんですよ。

そうなってたら嬉しいですね。