Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

空きっ腹に酒

2016年10月号掲載

空きっ腹に酒

メンバー:田中 幸輝(Vo) 西田 竜大(Gt) いのまた(Dr)

インタビュアー:松井 恵梨菜

-好きに楽しむといえば以前、ライヴのときに西田さんのギターを真似してるお客さんがいると幸輝さんのブログに書かれていましたよね。

西田:そういうの最高ですよね。嬉しいというか、失礼ですけど、かわいらしいなって思います(笑)。

幸輝:僕、"自分もやれそう!"って思えるバンドってすごくいいバンドやと思ってて。そういう意味では、エア・ギターをやってるお客さんがいるってことは、いいライヴができてたんかなぁと。テンションが上がっちゃって思わずやったんでしょうけど、自分が弾いてるような感覚になってたってことですから。

いのまた:ライヴで歌ってくれるお客さんはよくいますけど、それも一緒かもしれないですね。

-"いいライヴ"というワードが出ましたが、ほかに"いいライヴができてるな"って思える瞬間ってどんなときですか?

幸輝:僕は、いいライヴができてるときって、自分がかっこいいと思えるんですよ。お客さんが、ライヴを観てバンドをかっこいいと思ってるのと同じくらい自分もかっこいい。

西田:難しいことを全然考えなかったときが、いいライヴやったなと思えるかな。それってスタジオで考えることやから。スタジオで目一杯考えて、ライヴでは忘れるっていうのがちょうどいいバランスやと思います。

いのまた:僕はさっきの話と矛盾しますけど、観てくれてる人を踊らせることができたら楽しいですね。ドラマーやからやと思うんですけど、自分が生み出すビートにノってもらえてるってことやから。

西田:ダンス・ミュージックの人や(笑)!

-では、ライヴでテンションが一番上がる瞬間ってどんなときでしょう?

いのまた:俺はメンバーと化学反応が起こったときですかね。演奏のタイミングがビシッと決まったときとか、普段合わへんところで目が合うとか、フロアの同じところを見て笑ってたときとか。一緒に演奏してる以上の何かが生まれたときにテンションが上がります。

幸輝:一番は難しいけど、明確に自覚するのはメンバーとぶつかったときとか、身体に痛みが走った瞬間は興奮してるかもしれないですね。

西田:ドMやもんな。

幸輝:俺、1回ライヴ中に足の骨が折れとったのに気づかんくて、2回くらいそのままライヴしたことがあるんですよ。痛みが興奮材料になってるのかわからないんですけど、そのときすごく楽しいなと。さっきいのまたが言ってたようなことって、感覚的なことじゃないですか。でも、血が出たり骨が折れたりするのは直接的なことやから、わかりやすくて楽しいんですよね。あと、息が上がりすぎて歌えへんくらいのときとか。もうむちゃくちゃになって、余裕がなくなる瞬間は楽しいかもしれないですね。

-こうして聞いただけでもそれぞれの個性が出ますね、みなさん、ほかのメンバーのことはプレイヤーとしてどんなふうに評価されてますか?

幸輝:いのまたは冷静になったときがいい。だから、何も考えずに叩いてるときがかっこいいんですよね。西田は、"お前、そこはこだわってここはこだわらへんのか!?"みたいな意外性が毎回あるのが面白いです(笑)。ベースのシンディは、一番年上やのに一番目立ちたがり屋ですね。前にグイグイくる感じはいいんですけど、それで失敗した瞬間とかめっちゃおもろいんですよ。

西田:全員"これだけめっちゃ得意"みたいなタイプですね。それ以外やらせたら下手やけど、なんとか頑張ってやってます、みたいな(笑)。いのまたは昔からファンキーな16ビート系が得意なんですけど、8ビートになるとめちゃくちゃ下手で(笑)。でもクセもあるし、そこがいいですね。幸輝はラップのときだけ上手いし、いきなり饒舌になるところが面白いです。自分もカッティングは得意やけど、アルペジオとかやらせたら全然ダメなんですよ。シンディはなんでもできると言えばできるけど――

幸輝:手出したがりやねん。

西田:そう、手を出す幅が広すぎて、てんやわんやしてる感じがおもろいです(笑)。でも、シンディのどこが一番いいって、やっぱりライヴでのプレイなんですよね。ステージの下では目立ちたがり屋感があんまりないんですけど、ステージに上がった途端、"俺俺! 俺やでー! 俺はここにおるでー!!"ってアピールがすごくなるから(笑)。

いのまた:"ONE PIECE"で喩えると、幸輝がルフィで、西田がゾロ、シンディがチョッパー、俺がサンジですね。

西田:自分でええとこ持ってったな(笑)!

いのまた:一応理由があるんですけど、幸輝はみんなの目を引く存在やから主人公。しかもゴム人間やからとんでもないとこから攻撃してくるし、動きが予測できない。西田は日々トレーニングを欠かさへん。で、三刀流っていう斬新な武器――カッティングとスラップを合わせたような演奏をする。しかも、1回寝たら全然起きひん。

西田:そこかよ(笑)。

いのまた:シンディは、お客さんからマスコット・キャラクターみたいに見られてるところが若干あって。で、さっき西田が話してたとおり、ステージの下にいるときは小さいチョッパーやけど、ステージに上がった瞬間に巨大化して強くなる。

幸輝:自分は女好きってところでしょ?

いのまた:まぁ女好きですよね。

西田:いいオチやったな(笑)。