Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

アンテナ

2016年02月号掲載

アンテナ

メンバー:渡辺 諒(Vo/Gt) 池田 晃一(Gt) なかむら よしひさ(Ba) 本田 尚史(Dr)

インタビュアー:蜂須賀 ちなみ

仙台発の正統派ひねくれ歌モノ・バンド、アンテナが3rdミニ・アルバム『底なしの愛』をリリースする。"愛"というテーマに対して様々な角度から切り込んだ全7曲は、作詞作曲を務める渡辺 諒(Gt/Vo)が独自の視点で綴るトゲはあるが嘘のない歌詞と、聴き手の胸にあたたかな痛みを残してくれるサウンドが特徴的だ。Skream!初登場となる今回はメンバー全員へのインタビューを敢行。バンドのバイオグラフィを辿りつつ、本作が誕生した経緯を探った。

-Skream!には初登場ということで、まずはプロフィールからうかがいたいと思います。みなさんが楽器を始めた経緯を教えていただけますか?

なかむら:僕は高校時代、吹奏楽部に入ってたんですけど、そのとき友達と一緒にバンドを組もうということになりまして、遊びでやったのが始まりでした。あと通ってた教会がゴスペルやバンドをやってたりするところで、"ベースを弾いてくれ"って言われたのもキッカケのひとつですね。

-そもそも吹奏楽をやってたのになぜバンドをやろうとなったんですか?

なかむら:音楽で目立ちたいっていう気持ちがあったんですよ。

-吹奏楽だと目立てませんでした(笑)?

なかむら:吹奏楽ではちょっと目立ち足りなかったですね。そんなに上手じゃなかったので......(笑)。

-そうなんですか(笑)。池田さんはいかがですか?

池田:僕は中学校までサッカーをやってたんですけど、高校入学するぐらいのときに運動をするのがダルくなってしまって(笑)。それで、友達から"軽音楽部あるらしいから見に行こうぜ"って誘われたので"バンドやったらモテるんじゃないか"みたいな下心もありつつ入ってみたら、そこがすっごいスパルタで。

-どんな感じだったんですか?

池田:みんな第一ボタンまでしっかりつけて、髪の毛とかも全然伸ばさない。まず最初にふるいにかけられるんですよ。入部式で"とりあえず今第一ボタン開けてるヤツと髪の毛が目にかかってるヤツ、お前ら外出ろ"って(笑)。あと、テストで赤点を取ると部活で補修を始めるし。

なかむら:そのへんの野球部とかより厳しいじゃん。

池田:そうそう、もうビックリして(笑)。でもそういうのに負けたくないというか、逆に頑張ってたら、反動でこういうふうになってしまいましたね(笑)。

-なるほど(笑)。学校自体が厳しかったわけではなくて、軽音だけがスパルタだったんですか?

池田:軽音楽部だけでしたね。バンドって学校からすると不良がやるものっていうイメージがあるから、教師とかにあんまり良く見られなくて。そういうのに対して"俺らちゃんとしてるのに何がダメなの?"、"お前らの部活のヤツらこそ赤点取ってるやん。それってどうなの?"って言うためというか。優等生を演じてましたね。

-ちょっと特殊な環境だったんですね(笑)。本田さんはいかがですか?

本田:友達のお母さんがピアノの教室をやってて、そこで兄ちゃんと一緒にピアノのレッスンを始めました。でも、完全に友達と遊ぶ方がメインになっちゃって、あんまりピアノに身が入らなくて。中学になったときに兄が吹奏楽部に入ったんですけど、その流れで僕も打楽器パートとして入部して。ドラムの先輩から"打楽器人少ないから入らないか"っていうふうに勧められて入ったのがドラムを始めたキッカケですね。

-ピアノからドラムに転向したのは、実際にやってみて打楽器の方が面白いと感じたからですか?

本田:まず楽譜を読むのがすごく苦手だったんですよ、音程を憶えることができなくて。でも音楽はやりたいって思っていたので"あ、打楽器なら音程ないじゃん!"みたいな、結構軽い感じではありましたね(笑)。実際バンドを始めたのは大学に入ってからで、コピー・バンドをやってる軽音サークルに入ったところでベース(池田)に出会うんですけど。それからスタジオの店長に紹介してもらったのがキッカケでアンテナに入りました。

-渡辺さんはいかがですか?

渡辺:僕は中学のときの友人がギターを弾いてて"それ何?"って聞いたのが始まりで。高校まではずっと運動部に入ってたので、バンドを組んだのは大学生からだったんですけど、それまではひとりでずっと弾き語りでコピーをやってましたね。大学生になってその友人がバンドを組むことになったとき、"お前ギターも弾けるしヴォーカルもやってくれ"って言われて"いいよ"ってそのまま入って、それで今のアンテナに至る、みたいな感じです。

-最初から歌いたかったわけではなかったんですね?

渡辺:歌うことやバンドを組むことに対する願望はまったくなかったですね。

-作曲を始めたのは自分が歌を歌うようになってからですか?

渡辺:そうですね。

-最初はギターだけを弾いていたのに歌うようになって、さらに曲も書くようになって......ってなったときに恥ずかしさみたいなものはありませんでした?

渡辺:ありました。人前に立つのが基本的に嫌で、なるべく目立たない生き方をしていたかった人間なので、フロントマンという1番目立つものになったときに最初は"何でこんなことやってるんだろう"と思って。