Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

DISC REVIEW

Japanese

Synesthesia

IVORY7 CHORD

『Synesthesia』

Release Date : 2013-08-28
Label : Magnifique
¥1,851

IVORY7 CHORDの1年4ヶ月振りの新作となるミニ・アルバムは、インスト2曲を含めた全8曲とは思えないほどに濃厚でドラマティック。そしてどの曲もひたすら攻めているのが特徴的だ。IVORY節ともいうべき清涼感のある音の洪水がダイナミックに降りかかり、心地よく鼓膜を包む。UNCHAINの佐藤将文とheの大谷武史がギターで、Kyleeが大西俊也(Vo/Gt)と共に「ONE」歌詞の共作を手がけているなど、バンドと親交が深いアーティストが各楽曲に参加していることも“Synesthesia(=共感覚)”的なスパイスとなり、エッジの効いた繊細な音色が織り成す層は煌びやかだ。大西のヴォーカルとメロディの相性はより高まり、楽曲を更に強く印象づける。 (沖 さやこ)