Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

チャットモンチー

Skream! マガジン 2015年08月号掲載

チャットモンチー

Official Site

2015.07.01 @Zepp Tokyo

石角 友香


まぁあらゆる既成概念が粉々に打ち砕かれる痛快さに開いた口が塞がらない強烈な"対バン"だった。今回の"求愛ツアー"最終公演の対バンがGLAYであることがアナウンスされてからのチケット一般発売だったこともあり、当然、GLAYのファンはZepp Tokyoという激レアなキャパシティに殺到したことは言うまでもない。言うまでもないのだが、彼らの登場に狂喜したのはGLAYのファンだけじゃなかったのだ。


ステージを覆うスクリーンに"求愛ツアー"のおなじみキャラクターであるクマのアニメーションが投影され、GLAYの名前が投影され、一音鳴った瞬間の歓声の大きさは過去最高音量だったんじゃないか?しかもオープニングから「口唇」、そして「誘惑」「HOWEVER」などなど、コアファンじゃなくても知ってる名曲のオンパレード。つくづく強い曲を持ったバンドであることを再認識させられる。しかもメンバーはデビュー20年選手という意味を刷新するぐらいフレッシュな佇まいで、このステージを最大限楽しんでいるのが痛いほど伝わってくるのだ。そしてTERU(Vo)は"ファイナルに選んでくれて、戦友って感じで嬉しいです。このシーンの妹みたいに思ってるんで"という言葉のひとつひとつに人柄が滲み出る。彼らの不変の人気の理由を垣間見た思いだ。そして重いビートと特徴的なイントロに驚きの歓声が上がり、なんとチャットモンチーの「真夜中遊園地」をカバーするというサプライズまで!「彼女の"Modern..."」で魅せたTAKURO(Gt)のセクシーなロッカーっぷりは、どこかぐるっと一周してむしろ斬新なスタイルに見えたりもしたのだが、それもやはり曲の良さ、ヘヴィだがタイトでメロディアスな演奏のたしかさに裏づけられていることをシンプルなセットで十二分に堪能させ、あっという間に11曲を完走。すごいバンドというバカみたいな感想しか出てこない、歓喜に溢れたステージだった。


フロアの興奮が渦巻く中、転換中にはチャットモンチーの地元・徳島で開催された期間限定ショップ"チャット商店"の紹介が情報番組のスタイルで映し出される。デビュー前の自主企画時のフライヤーや昔の写真などの展示物から、10年にわたる活動において彼女たちはほんとに自分たちの手を動かし頭を使ってきたんだなぁと、マイペースに見える活動の大本にはチャットならではのヴィジョンがあったわけだ。改めてそう思った。


そして後半はいよいよチャットモンチーの登場。今回はニュー・アルバム『共鳴』リリース後でもあり、遂に男陣(恒岡章:Dr/Hi-STANDARD, CUBISMO GRAFICO FIVE/下村亮介:Key&Gt/the chef cooks me)と、乙女団(世武裕子:Pf/Syn/北野愛子:Dr/DQS, nelca, ex-your gold, my pink)が一堂に会することも大きな見どころ。アルバムではふたつのチームに分かれていた編成がライヴでどうフレキシブルに変化するのか?という点にも期待が高まる。そんな中、オープニングは全員が登場しての「変身」。ハンドマイクで"レペゼン・チャットモンチー"よろしく歌う橋本絵莉子と福岡晃子に自由度の高い今のチャットを見る。そしてそのままツイン・ドラムのカタルシスを放出する「きみがその気なら」へ突入。おなじみの「シャングリラ」では福岡&恒岡のタフなリズム隊、自在にエフェクトを飛ばす下村のシンセがこの曲をアップデートしていく。


祝祭感とパワーに満ちた演奏をしつつ、最初のMCでは橋本も福岡も先ほどのGLAYのステージに"夢みたい""もう今日、終わってもええかな"と感極まった様子。それでいてこの6人編成の要としてバンドを引っ張ってるのだから、やっぱりこのふたりは強力だ。その後、男陣の演奏で、今と上京時の"東京"にいることの意味や温度感をそれぞれに表現した「いたちごっこ」と「東京ハチミツオーケストラ」が続けて披露されたことも感慨深い。橋本が以前、シングル『こころとあたま / いたちごっこ』のインタビューで"東京にいるということは音楽をやるため、に限りなく近い"と話していたことを思い出した。しかしまぁこの日はお楽しみがてんこ盛り。"ラッパー・えりこ&あっこ"が登場しての「ぜんぶカン」では、リリックを手書きした四面の箱を自ら回しながら、ファンにも、"合法 go home 維持 easy~"とラップを促す。その間、ベースはシモリョー、世武はショルキーで、懐かしめなディスコ・テイストを演出。かと思えば、パンツルックの衣装の上にワンピースを着て"アイドル・橋本聖子ちゃん"として、80sのアイドル歌謡よろしく披露された「最後の果実」のインパクトたるや。その装束のままギターを演奏する姿とキャッチーなメロディと、歌い手としてのなりきりっぷりが破壊力抜群! ロック・ミュージシャン、橋本絵莉子のかっこよさは、ここまで来ちゃったか、10年って歳月は伊達じゃないねと、笑うどころか羨望の気持ちが上回ってしまった。


そして、乙女団の本領発揮な「ときめき」。女性ならではの業や切なさを含んだこの曲を、大きなグルーヴと凛とした響きで表現する、この4人の出会いの必然を見た思いだ。そして通底する思いを新たにマス・ロック的なアプローチも取り入れた「Last Love Letter」でも聴かせ、ミュージシャン/女性としての経験による変化と、同時に歳月に左右されない核心を同時に体現していたようにも思う。再び男陣も参加して、チェンバー・ポップ風にアレンジした「例えば、」は、たくさんの音楽やたくさんのインスピレーションをモリモリ食べてきた結果としての今があった。やはり音楽家/表現者としてチャットモンチーの壁のなさと、壁を超える勇気やパワーは計り知れない。お祭り感もあれば、女性の内面の深いところも13曲の本編に詰め込むというのは若干、荒業ではあったけれども......。


アンコールにはTERUがチャットTシャツを着用して登場。GLAYへの返礼なのだが"本人が歌ったらカバーじゃないよね?"と福岡が笑いと歓声を集める中、GLAYの「グロリアス」を7人で演奏。橋本に続いてTERUがヴォーカルをとり、あまりにもレアなコラボにフロアは沸きに沸いた。1番興奮しているのは当のチャットのふたりという状況の中で、"チャットモンチーのお客さんにも観てもらいたいツアーやったんです。私たち、口下手なんでそういう気持ちはライヴや音楽で伝えていきます"と福岡。10年のあいだで最も大きな出来事は今のふたりになったことと話し、そのときに作ったという「ドライブ」を最後に披露。いろいろな意味を込めながらも軽快に一歩踏み出すチャットモンチーの在り方を示し、ツアーを終了したのだった。