Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

MOP of HEAD

2015年07月号掲載

MOP of HEAD

メンバー:George (Machine) Kikuchi (Gt) Hitomi (Ba) Satoshi (Dr)

インタビュアー:山口 智男

ハイブリッドなダンス・ロックをバンド・スタイルで演奏する4人組、MOP of HEAD。圧倒的な演奏力を誇るライヴ・バンドとしても注目を集めてきた彼らが前作から2年ぶりとなるフル・アルバム『Vitalize』をリリース。3作目にして、初めて歌をフィーチャーした曲を収録した今回のアルバムは、ダンス・ミュージックのスタンダードを追求する彼らにとって大きなターニング・ポイントになるに違いない。Skream!初登場となる今回は新作の話に加え、メンバー4人に結成の経緯や彼らのダンス・ミュージック観も語ってもらった。

-結成から数えると、10年のキャリアを持つバンドですが、本誌初登場なので、どんなふうに始まって、これまでどんな活動をしてきたのかまず聞かせてください。

George:結成10年とは言っても、最初の何年かはほぼ潜伏期間。バンドやろうよって言いながら月日が経っていくみたいな感じでした。Kikuchiと僕が高校の同級生で、そこからメンバーを徐々に集めていって、今のメンバーになってから3年半。09年に最初のEPを出したころから、本当にちゃんとやりはじめた。それまでは今やっている音楽の土台作りしてましたね。

-最初、GeorgeさんとKikuchiさんがバンドを始めたときは、どんなバンドやサウンドを思い描いていたんですか?

George:もともと、お互いにクラブ・トラックが好きだったんですけど、それをどうにか生音でできないか、ロックの要素を足せないかっていうところから模索していったんです。THE CHEMICAL BROTHERSとかTHE PRODIGYとかマッドチェスターとかみたいなものを、いかに日本でできるかを考えてました。

-DJスタイルではなくてバンドでやろうと思ったのはなぜだったんですか?

Kikuchi:パソコンやソフトを買う金がなかったからです(笑)。

George:それもあるし、THE CHEMICAL BROTHERSのライヴ映像を初めて見たとき、メンバーふたりが卓をいじっているだけっていうところにがっかりしたんです。もっと生音がめちゃめちゃ入っているのかと思ってたんで。そこにギター、ベース、ドラムがいたらかっこいいのになって。もちろんTHE CHEMICAL BROTHERSの音はめちゃめちゃかっこ良かったんですけど、それをバンドが出していたらもっとかっこいいのにって。

Kikuchi:演奏するのも好きだったんですよね。

-ということは、いわゆるロック・バンドのかっこ良さも理解していたってことじゃないかと思うんですけど。

George:それはありますね。リズム隊のふたりはAIR JAM世代なんですよ。

Satoshi:世代ではない(笑)。

Hitomi:きっかけがAIR JAMだっただけで。

Satoshi:楽器を始めたきっかけがHitomiも僕もHi-STANDARDなんです。

George:僕もそれこそ60年代のロックから聴いてきたんで。僕、10個上のお兄ちゃんがいて、とんでもない量のCDを持ってたんで、CDを買う必要がなかったんですよ。LED ZEPPELIN、Bob Dylan、THE BEATLESがうちにあったんですよ(笑)。その後、バンドをやるようになってからもいろいろ聴いてたね。PRIMAL SCREAMはふたりとも大好きです。

Kikuchi:日本人だと僕はTHEE MICHELLE GUN ELEPHANT。

George:あ、そうだね。あとはBLANKEY JET CITY。逆に今のダンス・ミュージックやEDMは聴かない。否定するつもりはないんですけど、僕たちの世代じゃないっていうか。僕たちが10代とか20代前半とかだったらEDMに反応していたかもしれないけど、すごい昔のKRAFTWERKとかTHE KLFとか、あれぐらいのところからテクノとかチルアウトとか聴いてきちゃうと、全然ピンとこないんですよ。

-そういうおふたりとAIR JAMきっかけのふたりがどうやって出会ったんですか?

Hitomi:私はGeorgeと大学が同じで、声をかけてもらったんですけど、最初は客としてMOPを観に行ってました。

George:当時、同級生から"あいつベース弾けるらしいよ"って聴いて。音楽系の大学にいて、彼女も僕もジャズ・ピアノをやってたんです。ベースが弾けるって聞いたとき、女の子のベースっていいなって思って。そしたら大学にMOTLEY CRUEのTシャツを着てきてて、音大にMOTLEYのTシャツを着てくるなんて相当おかしいなって。音楽性はどうにでもなるだろうってとりあえず誘いました。SatoshiとはMOP of HEADとして、CDも出して、ある程度いろいろなところで演奏させてもらう中で出会いました。もともとは僕がDJをやらせてもらってたクラブのバーテンダーだったんですよ。

Satoshi:別でバンドもやってまして、そのとき、"こういうバンドやってるんですよ"って挨拶したら、"今度、ライヴ観に行くよ"って、club asiaでやったとき観に来てくれて、"良かったよ"って気に入ってくれたみたいで。

George:それで誘いました。

Satoshi:だから、ぜひぜひって。最初は"サポートでどう?"って言われたんですけど、MOP of HEAD好きだったから、"いや、本メンバーで"ってお願いして。

Kikuchi:でも、何も知らなかったよね。

Satoshi:そうですね。THE CHEMICAL BROTHERSすら聴いてなかった。

Kikuchi:それまで共通言語だと思ってたことが何も通じなかった(笑)。

George:それなのにね、入って1発目のライヴが"GAN-BAN NIGHT"のErol Alkanでさ。クラブとかけ離れた人間が"GAN-BAN NIGHT"でライヴするっていうね(笑)。でも、それで良かった。僕が曲を作って、みんなに投げるんですけど、おのおのに正解があるんで、"それでいいよ"って。好きな音楽、みんな違うもんね。