Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Overseas

HARD-FI

2011年09月号掲載

HARD-FI

メンバー:Richard Archer(Vo&Gt)

インタビュアー:沖 さやこ

4年間の沈黙を経て、とうとうHARD-FIが再始動! 3枚目となるオリジナル・アルバム『Killer Sounds』は、Stuart Price、Greg Kurstinの手を借りながら、Richard Archer(Vo&Gt)がプロデュース全般を担当。1stと2ndアルバムでもおなじみのバンドが所有するおんぼろタクシー会社の倉庫を改造したスタジオ“Cherry Lips”だけではなく、Greg Kurstinが所有するLAのスタジオなど3箇所でレコーディングが行われた。4年間で導き出したバンドの在るべき姿――Richard Archer(Vo&Gt)に話を訊いた。

-2ndアルバム『Once Upon A Time In The West』がリリースされたのが07年9月。約4年振りのリリースになりますね。この4年間は皆さんにとってどんな年月だったのでしょうか。

前作が発売されて、1年くらいツアーをしてた。もちろんその間は新作の準備とかできなかったんだよね。最後のショウがアメリカのテネシー州ナッシュビルだったかな?そのまましばらくアメリカに残って、のんびりすることにしたんだ。メンフィスにあるElvis PresleyやJohnny Cashゆかりの地を訪ねたり、ニュー・オリンズにブルースを聴きに行ったり、あとは夜に飲みに出掛けて雰囲気を楽しんだりして。

-有意義に、のんびりとなさったんですね。

そう。それまでは数年間コンスタントにレコーディングやらツアーやらが続いてたから、休憩をして気分をリフレッシュできたよ。その後、自分の故郷に戻って曲を作り始めた。それが09年に入ってからかな。新しいプロデューサーを探したりしていて、それにも時間が掛かってね。たくさんの人に会ったよ。最終的にNEW ORDERやMadonnaの作品を手掛けたStuart Priceと、ロサンゼルスにスタジオを持つ有名プロデューサーのGreg Kurstinにお願いすることになった。曲作りやアルバム作り自体に手間取ったわけじゃないんだけど、ただ急いで作るのは嫌だったんだ。ここからある程度の時間を掛けて作っていった感じだね。

-今回の曲作りとレコーディングに費やした時間はどれくらいでしょうか?

アルバム全体のアイディアと、収録曲それぞれの大体の感じは3ヶ月くらいでできていたんだ。でも最初から曲を完成させてからレコーディングっていう形を取るつもりはなかった。曲がラフに出来上がってから、プロデューサーと一緒にプリプロをして、レコーディングをしながら完成させていったんだよね。レコーディングをしていた期間は10年2月から10月なんだけど、その間ずっとレコーディングをしていたわけじゃないんだ。自分たちのスタジオと、Stuartが所有するロンドンのスタジオ、Gregが所有するロサンゼルスのスタジオの3箇所でやってたから、間はかなり空いてるんだ。そして更にそれからミックスにかなり時間を掛けたよ。

-今作は"これぞHARD-FI!"と唸るほどのカラフルな音楽性で、聴いていて非常に気分が高揚するものばかりでした。

基本的にはロックで、そこにダンス・ミュージック的なものとかの実験的な味付けをしていくのが俺たちのやり方なんだけど。例えばTHE CLASHのMick JonesがやっていたBIG AUDIO DYNAMITEみたいな、ロック・ギターにサンプリングを加えるようなね。あとは、David BowieのアルバムでNile Rodgersがプロデュースした『Let's Dance』の、ファンクを取り入れたような感じとか。そういうアプローチが今回のアルバムでやろうとしたことだね。