Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

NEWS

JapaneseOverseas

カメレオン・ライム・ウーピーパイ、FEVER 333/CANCER BATSのギタリスト Stephen Harrison迎えたコラボ楽曲「Whoopie is a Punkrocker feat. Stephen Harrison」配信リリース

2022.07.06 00:00

カメレオン・ライム・ウーピーパイ、FEVER 333/CANCER BATSのギタリスト Stephen Harrison迎えたコラボ楽曲「Whoopie is a Punkrocker feat. Stephen Harrison」配信リリース

カメレオン・ライム・ウーピーパイ

Official Site

5月25日に2nd EP『MAD DOCTOR』をリリースし、各ストリーミング・サイトで多くのプレイリストにピックアップされ、注目を集めているカメレオン・ライム・ウーピーパイ。昨年11月には、イギリス・マンチェスター出身のプロデューサー兼DJであるTCTSと制作した楽曲『Rich Girl』(※読み:リッチ ガール)をリリースするなど、海外アーティストとのコラボレーションも積極的に行っているが、本日7月6日に、LA出身の3ピース・バンド FEVER 333、そしてカナダ出身のハードコア・バンド CANCER BATSのギタリストでもあるStephen Harrisonを迎えた新曲「Whoopie is a Punkrocker feat. Stephen Harrison」を配信リリースした。
 
Stephen HarrisonがSNSを通じてカメレオン・ライム・ウーピーパイに直接コンタクトをとり、やり取りを始めたことをきっかけに実現した今回のコラボレーションでは、カメレオン・ライム・ウーピーパイが作詞/作曲/リード・ヴォーカルを担当し、Stephen Harrisonがギター&アレンジで参加している。カメレオン・ライム・ウーピーパイのポップさとStephen Harrisonのヘヴィなギター・サウンドがぶつかり合い、最高にパンクでポップでラウドに仕上がった本楽曲。歌詞に込めた"あなたに刺さればそれでいい!!!"という強い想いが、リスナーの心も身体も踊らせるような楽曲となっている。
 
また、配信リリースと同時に、公式YouTubeチャンネルにて本楽曲のオーディオ・ヴィジュアライザーが公開された。2組のコラボを象徴するようなインパクトのあるジャケット写真、そして、そのジャケット写真を使用した映像のクリエイティヴはどちらもカメレオン・ライム・ウーピーパイが手掛けたものになっているので、こちらも注目だ。
 

Whoopie is a Punkrocker feat. Stephen Harrison (Visualiser)
 

■Chi- コメント
Stephenさんとの最高に刺激的なコラボでした。音楽に対してのエネルギーが半端じゃなかったです。私があまり聴いてこなかった音楽だったので、すごく面白くて楽しくできました。
Instagramでメッセージを貰った時はまさか本当にリリース出来るとは思ってなかったのでリリース出来てとても嬉しいです。
この曲を聴いてエネルギーを体感してみて下さい。
 

Stephen_Harrison.jpg
■Stephen Harrison コメント
ある日、いつも通りSpotifyを聴いていたら、カメレオン・ライム・ウーピーパイの曲が流れてきたんだ。その曲が本当に素晴らしかったので、すぐに勢いでChi-にDMしていつか一緒に何かできたらいいねって伝えたんだ。「Whoopie is a Punkrocker」は、激しいギターサウンドがハマっているクールな楽曲になった。キャッチーだけどヘビー、でもとても楽しいサウンドが詰まっていて、誰もが気に入る要素がある。だから何百回、いや何百万回も聴きまくって、曲の隅々まで楽しんで欲しい。ロックで、クールなものが好きなら、きっとこの曲を好きになると思うよ。

 

▼リリース情報
カメレオン・ライム・ウーピーパイ
ニュー・シングル
「Whoopie is a Punkrocker feat. Stephen Harrison」
Whoopie_is_a_Punkrocker_JK.jpg
NOW ON SALE
 
配信はこちら

 
2nd EP
『MAD DOCTOR』
2ndEP_MADDOCTOR_JK.jpg
NOW ON SALE
 
1. Oyasumi
2. Mad Doctor
3. Mole Dancer
4. Crush Style
5. Rock 'n' Roll Ice
6. URAHARA
7. Mole Dancer (End Credits Edit)
 
配信はこちら