Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

HaKU

Skream! マガジン 2013年07月号掲載

2013.06.16 @渋谷CLUB QUATTRO

Reported by 沖 さやこ

6/5にリリースしたミニ・アルバム『wonderland』を携え、東名阪とマレーシアを回るリリース・ツアー初日、渋谷CLUB QUATTRO公演。彼らが『wonderland』で紡いだ思いを、目の前のリスナーへしっかりと投げ掛けるような、感情を共有するような空間だった。1曲目は「masquerade」、ギターとベースのユニゾンで一気に歓声が沸く。三好春奈(Ba/Vo)が弾けるような笑顔で激しくフロアを煽り、辻村有記(Vo/Gt)の繊細な歌声は楽曲に妖しげなムードを作る。続いて「解放源」「wait」へ。滲むように歪む藤木寛茂(Gt)と辻村のギター、長谷川真也(Dr)の刻む性急なダンス・ビートがより加速する。音と戯れるようにリズムを作り出す4人。“wonderlandへようこそ”と辻村が笑みを浮かべるとスリリングなスピード感を帯びた「somethin' cold」を投下。ひやりと輝くシリアスな空気を醸しつつも、そんなムードとも遊んでいるように音が無邪気に鳴り響く。切ないメロとツイン・ヴォーカルが際立つ「defiance」では三好と藤木が交互にソロを披露し、長谷川がドラムを決めてフロアを沸かす。続いての「光」ではミラー・ボールが静かに輝き、囁くような辻村の歌声はまるで内緒話を聞いているような気分。「novel」「眠れぬ夜にライトをあてて」と、藤木がシンセさながらの音色を作り出す。触れると消えてしまいそうな辻村と三好のハーモニー、ドラマティックなギター・ソロ、解き放たれていくような非現実感、まさしく“wonderland”だ。それはまるでこの会場にいる人間だけが知りうる秘め事のようで、その優しく妖しい空間に酔いしれる。

アコギを抱えた辻村は自身の経験を語った後“今この中で、道に迷っている人や落ちている人もいると思うんですが、光は必ずあります。そして光のあるところに連れて行ってくれる人もたくさんいます。そういう人は意外と近くにいたりします。それでもそういう人が思いつかないという人は……その役目、俺らじゃだめですか”と告げ、笑みを浮かべた。“この気持ちをずっと忘れないように曲に残しました”と続けると、構えていたアコギを鳴らし「優しいモノと複雑なモノ」へ。闇を知っている者だからこそ言える言葉、一言一言を支えるサウンドが心に染み入る。続いて演奏されたのは新曲。ギターの音が鮮やかで、手と手を繋いで信頼をフロアと結んでいくような、力強い楽曲だ。終盤ではフロアからシンガロングも起こり、辻村は“最高です、どうもありがとう”と笑う。ここから更に、バンドの音が強固になった。否、会場全体が結束したと言っていいだろう。
“『wonderland』は僕が人と向き合うことで出来たアルバム”“みんながいなかったら出来なかったアルバム、すなわち皆さんのアルバムです。こんな素晴らしいアルバムを作らせてくれてありがとう”と、思いをひとつひとつしっかりと言葉にする辻村は、とても壮麗だった。彼の思いを受け取ったフロアの熱も、バンドの熱も頂点へ。「everything but the love」の後のインストでエッジィなサウンドをぶちかまし、レーザーが放射された「1秒間で君を連れ去りたい」「ショウガイレンサ」「Karman Line」までテンションを切らすことなく駆け抜けた。アンコールではストレートなロック・ナンバーである新曲「What's with him」と「Gravity」を披露。HaKUの現在位置への感謝と、その先の未来を同時に感じさせる、パワーの漲ったライヴだった。そしてライヴというのは極上のコミュニケーションであるということを再確認。リスナーとまっすぐ、前のめりに向き合う彼らは、この先更に濃く美しい景色を我々に見せてくれるだろう。

  • 1