Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

Somari

Somari

メンバー:降簱 幸輔(Vo/Gt) 恩田 賢人(Vo/Ba) 福本 涼太(Dr)

インタビュアー:山口 智男

ストレートに突き刺さる音楽――をモットーに下北沢を拠点に活動している3ピース・ロック・バンド、Somariにとって初の全国流通盤となる1st EP『前略トリコロール』は、改めて彼らがどんなバンドなのかを表明すると同時に、気持ちの面も含め成長を遂げ始めたバンドの今もしっかりととらえた作品となった。結成から2年、果たせなかった夢を叶えるために集まった3人が新たな一歩に込めた思いを語ってくれた。

-以前、RAINBOW FROGSというバンドをやっていた降簱さんと福本さんが、ダンス・ヴォーカル・ユニット ZEROの元メンバーだった恩田さんと2018年12月に、新たにSomariを組んだ経緯からまず教えてください。

福本:幸輔と新しいバンドを組もうってなったとき、仲良かった賢人を誘ったんです。賢人とはRAINBOW FROGSの活動が終わったあと、僕がやっていたメロコア・バンドで賢人のバンドと対バンしたときに知り合いました。

恩田:ふたりより2つ下の僕は当時まだ大学生で、大学のサークルでやっていたそのバンドとZEROの両方で活動してたんですけど、涼太さんのバンドとは仲良くさせてもらってたんです。

-福本さんはメロコア・バンドをやりながら、降簱さんとまたバンドをやりたくなったわけですね。

福本:一番合うと思うんですよ。RAINBOW FROGSの活動が終わってからもずっと仲良かったし、タイミングが合ったらまた一緒にやりたいねという話はしていたんです。だから、そのメロコア・バンドの活動が止まることになったとき、すぐに幸輔に電話して、"またやろうよ"と言いました。

降簱:俺も別のバンドをやっていたんですけど、同じタイミングで解散しちゃったんです。だから連絡をもらったとき、"やろう"って即答しました。

-そのとき、こんなバンドをやろうみたいな話はしたんですか?

降簱:特にしなかったよね。

福本:そうだね。こういうことをやるんだろうなっていうのは、お互いなんとなくわかってたんですよ。

-そして、恩田さんを誘った、と。

福本:はい。ツイン・ヴォーカルにしたかったから、歌える人を探そうと思ってたんですけど、それなら賢人しかいないとなりました。 恩田:前のバンドではベース/ヴォーカルだったんです。福本さんのことは人柄が好きだったから、バンド以外のことでも誘われたらやってたと思います。だから、このバンドに誘われたときも即決でした。ただ、最初は集まって、ただ音楽を楽しむぐらいに考えてたんですけど、それから1年ぐらい経ってからでしたっけ? 1枚目のデモCD『灯』(2019年リリース)を出したときに思ってたよりも買っていただけて、"あれ?"って気持ちがちょっと変わり始めて。

福本:そうだね。で、今年4月に2枚目のデモCD『写』を出したタイミングで、ちゃんと活動していこうって気持ちが決まったんです。

-ところで、福本さんが恩田さんを誘ったとき、降簱さんはどんなふうに思いましたか?

降簱:第一印象ですか?

恩田:あんまり良くなかったよね。

降簱:最悪でしたね(笑)。賢人が人見知りすぎて、機嫌悪いのかなって思ったんですけど、俺は俺でね(苦笑)。

恩田:全然喋らなくて(笑)。

降簱:それが今ではプライベートでも遊ぶくらい仲がいい(笑)。

-福本さんはさっきツイン・ヴォーカルにしたかったとおっしゃいましたけど、RAINBOW FROGSもツイン・ヴォーカルでしたよね?

福本:もともと、前のバンドの頃から幸輔がやりたいと言っていたんです。

降簱:ツイン・ヴォーカルのバンドが好きだったので、憧れがあるんですよ。

-恩田さんが加わってからもどんなバンドにしようという話はせず?

降簱:そうですね。ただ、"ストレートで、突き刺さるような音楽をやりたいね"という話はずっとしてましたね。

-そこは最初から共通していた、と。ただ、読者も3人がどんな音楽的なバックグラウンドを持っているのか知りたいと思うので、ひとりずつ教えてもらえないでしょうか?

福本:好きなのはWANIMA。同じ熊本出身なんですよ。一番尊敬しています。でも、聴いてきた音楽は結構バラバラで、そのときバンドを組んでいるメンバーが聴いているバンドをずっと聴いてきました。BUMP OF CHICKEN、RADWIMPS、UVERworld――シーンを代表するようなバンドが多かったですね。

降簱:俺はELLEGARDEN、ストレイテナー、アジカン(ASIAN KUNG-FU GENERATION)、My Hair is Badから影響を受けています。エルレ(ELLEGARDEN)のメロディのセンスがめちゃめちゃ好きなんです、メロディのいいバンドが大好きなんですよ。Somariもそういうバンドになりたいです。

恩田:僕はバンドを聴き始めたのは、ここ何年かなんですけど、その中ではWOMCADOLEがかっこいいと思います。もともとはK-POPを含め、ダンス寄りの音楽を聴いていたんです。あとは女性シンガー。YUIさんは子供の頃から好きでした。

-そして、今回、いよいよ初の全国流通盤をリリースするわけですが、作品について聞かせていただく前に意気込みから聞かせてください。

降簱:自分たちの音楽をいろいろな人に聴いてもらいたいと、ずっと思っていたんです。今回、ようやくその第一歩を踏み出せることに3人ともめちゃめちゃ嬉しく感じています。どんな反応がもらえるのか楽しみですね。その反応を受け止めたうえで、これからSomariは進化していくと思うので、どんなふうに進化できるのか、それも楽しみで......楽しみしかないです(笑)。

福本:楽しみです(笑)。

恩田:楽しみだし、ファンの人たちが"全国流通盤を待ってました"と言ってくれたのも嬉しかったです。

福本:『写』を出したとき、もっと活動を広げていきたくて、2本目のMV(「ポートレート」)も作ったんですけど、本当はレコ発ライヴとツアーもやりたかったんです。でも、新型コロナウイルスの影響でできなくなってしまって。ただ、その間に現在のレーベルから全国流通盤を出せるという話が決まったので、レコ発ライヴ、ツアーができなかったんだから、せめて年内には出したいと思って、出させてもらうことになったんです。

-バンドとダンス・ヴォーカル・ユニットという違いはあるものの、それぞれにRAINBOW FROGS、ZEROで果たせなかった夢を、このバンドで叶えたいという気持ちもあるんじゃないでしょうか?

降簱:それはあります。

恩田:そうですね。それは3人共通して、芯に持っていることですね。言い方は良くないかもしれないけど、このバンドが最後ぐらいの気持ちでっていうのは全員が思っていると思います。ただ、ZEROは仲のいい友達と始めたにもかかわらず、やめたという経緯があるので、甘いかもしれないけど、またグループなりバンドなりをやるなら仲のいい人たちとという気持ちがありました。その点、Somariはすごく仲が良いので、このまま続けていきたいです。

-"前略トリコロール"というタイトルはどんなところから付けたんですか?

降簱:デモCDを作っているときは、俺たち3人だけだったんですけど、HIGH BEAM RECORDSに入ったことで、仲間が増えて、卒業って言うんですか?

福本:3人だけでやっていた時代に別れを告げて――

降簱:新たなスタートをきるという思いを込めました。

-なるほど。新しいスタートに相応しい作品ということだと思うんですけど、どんな作品にしたいと考えたんですか?

降簱:俺はずっと好きなバンドの音楽に助けられてきたんです。落ち込んだときも好きなバンドの曲を聴いたら、頑張ろうと思えたので、今度は逆に自分がお客さんに、頑張ろうぜって勇気を与えられる作品にしたいと思いました。

-おっしゃる通り、全4曲中3曲はステージからお客さんに向けて歌っているような曲ですね。曲作りはどんなふうに?

降簱:俺が作ったデモに対して、ふたりがそれぞれに自分のパートをアレンジするというやり方です。

-アレンジするときは、どんなことを意識していますか?

福本:たぶん、こうやってほしいんだろうなって考えながらアレンジして、スタジオで合わせるときに幸輔がイメージしていたものに、さらに近づけていきます。

恩田:涼太さんと同じで、こういうベースを求めているんだろうなって考えつつ、歌を邪魔しないように作ってます。