Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

juJoe

2020年02月号掲載

juJoe

juJoe

メンバー:平井 拓郎(Vo/Gt) 菅 ひであき(Ba/Cho) 佐藤 ユウスケ(Dr/Cho)

インタビュアー:秦 理絵

元QOOLANDの平井拓郎と菅 ひであきがRubberJohnnyのドラム、佐藤ユウスケを迎えて新バンド juJoe(読み:ジュージョー)を結成。現在、各種サブスクリプション・サービスやレコード店などで無料配信(配布)中の1stフル・アルバム『juJoe』が話題を呼んでいる。QOOLAND解散後、ヴォーカル 平井はアルコール依存症に伴う鬱病を発症。カウンセラーに"もう一度バンドをやれよ"というアドバイスを貰ったことがきっかけで、再びjuJoeとしての活動を始動するに至った。アルバム『juJoe』には、そういう日々に感じた心の叫びがリアルな言葉で綴られている。なぜ彼らはQOOLANDを終えなければいけなかったのか。そして、juJoeを始めなければいけなかったのか。話を訊いた。

▲1stフル・アルバム『juJoe』のジャケット・デザイン


楽器を弾くのも、音楽を聴くのも、つまらなくなってたけど、拓郎が作った曲を聴いて、"やっぱり楽しいやん"って思えたんです


-QOOLANDの解散から1年半経ちましたけども。

菅:そうか、もうそんなになるんですね。

-新しいバンド、juJoeとしての活動も広まりつつあるタイミングだと思うので、このインタビューではそのあたりの経緯をじっくり聞ければと思います。そもそもQOOLANDを解散した理由はなんだったんですか?

平井:ちょっと時系列を整理しながら話しますね。(※ホワイトボードに書きながら)QOOLANDは2017年10月と11月に月間で16から17本のライヴをやってたんですよ。これで完全に壊れちゃったんです。いくら牛丼がおいしくても、食べすぎたら嫌いになるじゃないですか。それと一緒でライヴをやるのが嫌になってしまって。で、12月にドラムとギターに"バンドをやめたい"って言われて、4月に解散したんです。

-"やめたい"って言われたときにバンドを続ける道は摸索しなかったんですか?

菅:ふたりには"新しいメンバーを入れて続けないのか?"って言われました。でも、拓郎は"ない"って言ったよね。

平井:即答しました。"もうバンドは解散する"って。うまく言語化できないんですけど、続けることが難しいなって感じたんですよ。今思えば緩やかに自殺してたようなスケジュールだったんですよね。稼働率が異常だったんです。

-とにかく1回止めたいっていうことが優先だったと。

平井:うん。QOOLAND自体、"あるものは必ずなくなる"っていう仏教で言うところの盛者必衰のような理を歌ってたので、ああいう状態でバンドを維持していくのは、歌ってることとやってることが違うなっていうのもあったんですよね。で、解散を発表した直後の年末のライヴにユウスケが観に来てくれて、"次が決まってないなら一緒にバンドをやりませんか?"って言ってくれたんです。

菅:QOOLANDの解散を発表した次の次のライヴぐらいかな?

佐藤:たまたまTwitterを見ててQOOLANDが解散しちゃうんだって知って。ライヴを観に行ったときに"一緒にやりましょう"って話をさせていただきました。

-ということは、QOOLAND解散前後から、ゆくゆくは新しいバンドを始動させる計画はあったということですか?

平井:うーん......考えてはいたんですけど、正直その直後には、もう1回やるっていう気力は湧いてなかったです。4月にQOOLANDを解散したあと6月とか7月ぐらいに、僕の頭がおかしくなったんですよ。アルコール依存症ですね。バンドがなくなって暇だったから、ずーっと酒を飲んでて。そのときに通い出したカウンセラーの先生に、"あなたはもう一度バンドをやったほうがいい"って言われて、(菅に)"もう一度バンドをやってください"ってお願いしたんです。

-自分でも、うっすらバンドをやりたいなと思ってはいたんですか?

平井:いや、そこはもう自らの意志というよりは、人に言われたからでしたね。

-菅さんはそれをどう受け止めたんですか?

菅:俺はQOOLANDを解散したあとすぐにユウスケと拓郎と一緒にやりたかったんですけど、なかなかできなくて、他のバンドのサポートをやりつつ、半年ぐらい"どうしようかな?"と思って過ごしてたんです。そんなときに拓郎に"もう1回やってください"って言われて。でも、その前に1回"ごめんなさい"って言われてたから、"じゃあ俺の魂が震える曲を書いてきたらいいよ"って言ったんですよ(笑)。課題みたいなものですよね。

平井:その課題があのときの自分にはちょうど良かったんですよね。

-そのときに作ってきたのが?

菅:「馬鹿」でした。で、その次に「灰」っていう曲を送ってくれたときに"ええやん"ってなりましたね。俺もQOOLANDを解散したあと、友達のバンドを手伝うとか、ちょいちょい音楽活動はやってたんですけど、やってることは同じはずなのに、あんまり面白くなかったんですよ。楽器を弾くのも、音楽を聴くのも、つまらなくなっちゃって。でも、拓郎が作った曲を聴いて、"やっぱり楽しいやん"って思えたんです。

-ユウスケさんからすると、2017年末に"一緒にやりましょう"と伝えていた想いが、半年を経て実現したという感じですよね。

佐藤:そうですね。僕の中では、もう完全にポシャっちゃったと思ってたんですけど、夜中に急に電話がかかってきて、"やっぱりバンドをやることにしたからやろうよ"って言ってくれて、すぐに"いいよ。やるやる!"って答えました。

-最初にこの3人でスタジオに入ったときのことは覚えてますか?

菅:初めてスタジオに入ったのは8月ぐらいだったんですけど、新感覚でした。ユウスケのドラムのスキルがめちゃめちゃ高いんですよ。

平井:あと、全員SMAPぐらい歌うから、それも面白かったですね。

佐藤:最初こんなに歌わされるとは思わなかったです(笑)。

菅:それから、2018年の9月から10月ぐらいまでは週1でスタジオに入って、曲を作って、練習しました。10月に2~3回こっそりライヴをやったんですよ。で、11月にレコーディングして、12月に『juJoe』っていう1stフル・アルバムとして発表したんです。