Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

飯田カヅキ×判治宏隆

2019年11月号掲載

飯田カヅキ×判治宏隆

飯田カヅキ×判治宏隆

Official Site

メンバー:飯田 カヅキ(Vo/Cho/A.Gt) 判治 宏隆(Vo/Cho/E.Gt)

インタビュアー:石角 友香

異なる3ピース・バンドのギター&ヴォーカルが、また別の表現のためとはいえ、2ピースのロック・バンドを組むというのはかなり稀有なことではないだろうか。strange world's endの飯田カヅキとSILVER HALATIONの判治宏隆による"バンド"は、音源でもライヴでも歌とアコースティック・ギター、そしてエレキ・ギターだけで構成されている。その編成から想像されるサウンドスケープを見事に凌駕する映像的な世界観。むしろ音数を絞り、音色を極めることで生まれる生音のアンビエント感が新鮮だ。今回はバンドの成り立ちや2ピースであることで意識している音作り、インスピレーション源についてふたりに訊いた。

-各々別のバンドがあるなかでこの2ピース・バンドをやることになった経緯は?

飯田:対バンとかしていて音楽性自体はすごくかっこいいなと思ったんで、それに尽きるかなと思いますね。音楽に対して精通してるというか、わかる人なので、一緒にやったら面白いかなと思って声を掛けました。

判治:お互いジャンルとしてはかなり似た3ピースのヴォーカル兼ギター兼、作詞作曲ってとこがあって、仲は良かったんですね。で、飯田君がソロで弾き語りをやってた時期に、"ちょっとリード・ギターをプラスしてやってみたいんで"ということで、声を掛けてくれて、最初は飯田カヅキソロに加わったっていう流れです。

-編成をヴォーカルとギターだけにしたのはどうしてだったんですか?

判治:共通項のひとつがRADIOHEADとかNIRVANAの"MTV Unplugged"なんかを愛聴してるところだと思うんです。僕としては飯田君のソロ弾き語りにエレキ・ギターを足すんであれば、アンビエントとかエレクトロニカとか好きなので、初期はそういう雰囲気もいいのかな? っていうのがあったんですよね。で、だんだんライヴでやっていくにあたり徐々にオーガニックというか、そういうフレーズや音色になっていったという経緯があって。僕らはドラムとベースがいないだけで、そんなに変わったロックではないと思ってるんです。そこまで狙ってドラムレス、ベースレスをやっていこうと思ったわけではないですね。

飯田:弾き語りという手段はあるんですけど、それと別の部分が自分の中にはあって。その表現を具現化するには判治君がいいんじゃないかと。

-2ピース・ロック・バンドをやるときに決めたことはありますか?

飯田:決めたこと自体は実際のところないんですよね。例えばこの先、ドラムを入れたり、ストリングスを入れたり、バンド・サウンドでっていうのもアリだと思うし。だから、ふたりが関わって楽曲を作れば成立するのかなと考えていますね。

-目から鱗なスタイルでした。逆に人数を減らしたとき、打ち込みでやったりしがちですけけど、そうじゃないっていうところが。

飯田:ふたりでも音源自体はドラムが入ってベースが入って、いわゆるバンド・サウンドでリリースされることが多いんですけど、このバンドに関しては、音源でもふたりで成り立つ形で作ってるというか、できているものを薄めて作るのではなくて、現状ではこれで成り立つように作ってるんですね。楽曲を作っている段階で、お互いが成り立つようなフレーズとか、メロディや音色とか、そういうのを考えて作っています。

判治:ライヴや自分たちのワンマンになったときに、ゲスト・ミュージシャンを呼んだりして、それこそRADIOHEADみたいな編成に広げてやってみても面白いよねとか話してましたけど、やっぱお互いライヴハウスのバンドマンなので、実際生で演奏するっていうのは根本にあるんですよね。なので、生で今持ってる楽器でやるっていうふうに自然となってるだけかもしれない。

飯田:そうかもしれない。

判治:で、アコースティック・ギターっていうのはヘヴィな音が出る楽器だと考えていて、リズムを表現できると思うんですね。飯田カヅキ×判治宏隆での飯田君のアコースティック・ギターは、ベース兼ドラム兼バッキング・ギターってところが僕の中ではすごくあって、それを意識して弾けば、ロックっぽいエレキ・ギターとアコギの2本でも、スカスカにはならないんじゃないかなと。

飯田:例えば、3リズムのバンドの中だとアコギはアンサンブルのひとつなんですけど、飯田×判治(飯田カヅキ×判治宏隆)の場合は、アコギはリズム隊というか、そういう立ち位置なので、弾き方ひとつとってもバンドの中でアコギを弾く感じとはちょっと変えてますね。

-弾き語りともまた違う感情が出ますね。「深海の雨」はすごく映像的なものが喚起されるというか。

飯田:ありがとうございます。

判治:最初にこのバンドとしての曲って感じで作り始めた曲だったよね? かなりジャムで編曲が決まっていったというか。

飯田:スタジオでジャムってたら"あ、なんかこれいけるんじゃないか?"って。

判治:飯田君はアコースティック・ギターで2コードか4コードの進行というか、基礎を出してくるのが早い人で、かなりそれを繰り返すんですよ。僕はすぐ展開するんだけど、飯田君はループするのが得意で、最初のジャムのときにそのイントロとかにあるようなメロディがついたね。

-判治さんはこのバンドでエレキ・ギターを弾いてて、"こんなことができるんだ"っていう発見はありましたか?

判治:ギターとして何か誘ってもらえることはなかったんですけど、徐々に模索していってリード・ギターを担っているので、そういう人ってこういうポジションなんだなって気づいたというか、リード・ギターってこういうものかっていう勉強になってるし、ベースやドラムがいないけど、変にならないようにするにはここに休符をつければいいのかとか、そういう学びが日々ありますね。リード・ギタリストとして影響を受けたものというと難しいですけど、METALLICAがすげぇ好きです(笑)。

-(笑)METALLICAが好きでこういうギターになるっていうのも面白くて。そこはもちろん、いろんなフィルターを通ってるからだと思いますが。

飯田:判治君はMETALLICAが好きなんだろうけど、普段いろんなものに影響を受けて、ろ過されてるからなんじゃないかなと。

判治:テクノのLOSCILがすごく好きなんですけど、なんて言えばわかりやすいんだろうな? APHEX TWINのアンビエントのシリーズとかも好きだし、Eno(Brian Eno)も好きだし。世に言うアンビエント・テクノみたいなのは僕にとってはまだうるさいんですよね。展開しないで、ずっと静かにしててほしいし、音量が一定なほうが好きで。寝るときに音楽を聴くんですけど、そのあたりを探ってるときにLOSCILをすごく好きになったんです。それこそMETALLICAのリード・ギターって、ソロ! っていうときにどかーんと登場するリード・ギターなんですけど、そうじゃなくて、Aメロを歌ってるときのリード・ギターのつけ方では、テクノっていうか、打ち込みっぽい曲のフレーズのようなリード・ギターというか。オブリ(ガード)だとちょっとブルージーになっちゃうので、もうちょっと新しい音楽から影響を受けたかもしれない。