Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

Dear Chambers

2019年01月号掲載

Dear Chambers

メンバー:モリヤマリョウタ(Vo/Gt) 秋吉ペレ(Ba/Cho) しかぎしょうた(Dr/Cho)

インタビュアー:山口 智男

それぞれにライヴハウス・シーンで活動歴を持つ3人が、それまでやっていたバンドからの脱退、あるいは解散をきっかけに新たに結成したDear Chambers。東京のライヴハウスを拠点にライヴを続けてきた彼らが2017年10月の結成から1年3ヶ月、ついに1stミニ・アルバム『Goodbye to you』をリリースする。全曲の作詞作曲を手掛けるフロントマン、モリヤマリョウタが本心からやりたいことをやるというテーマがあったせいか、『Goodbye to you』は、1作目にして確信と自信が手応えとして、はっきりと感じられるまさに名刺代わりの1枚に。さぁ、あとはこれを磨いていけばいいだけだ。3人は静かに情熱を燃やしている。

-それぞれにバンドをやっていた3人が新たにDear Chambersを始めたいきさつを、まず教えてください。

モリヤマ:僕が前にやっていたバンドの横浜公演の打ち上げで仲良くなった3人なんです。そこから会うたび、アホみたいな量の酒を飲み続けてるうちに僕が前のバンドを抜けることになって。

-それは、なぜ?

モリヤマ:うまくいってなかったんですよ。途中から自分を押し殺しながらやってたんですけど、自分を殺すぐらいなら、やりたいことをやりたいと思って。ちょうどメンバーの関係性も良くなくなってきて、結果僕がやめるよっていう形でまとまったんですよね。でも音楽をやりたい気持ちはもちろんあったので、この3人でスタジオに入ろうってなったんです。っていうか、スタジオに入るって名目で飲みに行ってたんですよ。

しかぎ:飲んでからスタジオだったもんね(笑)。

モリヤマ:で、前のバンドをやめるって決めたときに"曲、作ってみよう"ってやったら今回の『Goodbye to you』の5曲目に入ってる「city」ができて、"結構いいね"ってなったんですけど、そしたらペレも"バンドやめる。解散する"ってなって、"じゃあ、新たにバンドやろうか"って。そのとき、しかぎはまだ前のバンドをやっていたんですが、ちょうどバンドをやめるタイミングと重なって、それなら"じゃあ"って。

しかぎ:大学の友達と組んだバンドだったから、大学までって決めたんですよ。卒業後はサポートでもなんでもドラムは続けて、いいバンドがあったらと思ってたら、ちょうどタイミング良く(笑)。

モリヤマ:それまではスタジオに入るたび、スタジオ代よりも酒代の方がかかってたんじゃないかっていうくらい飲んでたんですけど、ライヴを始めてからは飲まなくなりましたね。真剣になったというか、バンドを始めたら誰ひとり"飲もう"って言わない(笑)。

-きっかけは飲みだったとはいえ、その後、バンドを続けているということは、それぞれにミュージシャン、プレイヤーとして認め合っているからだと思うんですけど、それぞれどんなところを認め合っているんですか?

モリヤマ:僕は基本的に"この人いいな"って思った人にしか話し掛けないんですけど。

秋吉:そうだね(笑)。

モリヤマ:秋吉のバンドを見て、秋吉のベースに魅かれて、"一緒にコピバンやろうや"みたいなことは言ってたんです。しかぎは前のバンドでひとりだけガツガツしていて、ヴォーカルを食うぐらい前に出ていたんですよ(笑)。だから、僕らはちょっと引いてたんですけどね(笑)。

しかぎ:だよね(笑)。

モリヤマ:すげぇ奴いるなって(笑)。打ち上げでもすげぇ飲むし。

秋吉:前のめりだった。

モリヤマ:すげぇいいなって思って声を掛けたんですよ。"ドラムいいね"って。

しかぎ:言ってくれてたね。僕だけ2個下なんですよ。だから、最初は"モリヤマさん"、"ペレさん"って感じで、打ち上げでも潰されてたんですけど。

モリヤマ:俺らが悪いみたいじゃないかよ。やめろ(笑)。たしかにしてたけどね。

しかぎ:地獄だったもん(笑)。

-リズム隊のふたりは、なぜモリヤマさんとやりたいと?

秋吉:前のバンドをやっているころからかっこ良かったんですよ。他にはいなかった。ステージの上でなんでも言っちゃう。すげぇ変な奴いるな。すげぇ面白い。しかも、すげぇ酒飲むしってところから仲良くなって。

しかぎ:僕もそうですね。すげぇかっこいい先輩いるなって。今となっては恥ずかしいんですけど、前のバンドのときは対バンするとき、最前列で観てました。

モリヤマ:いたな(笑)!

しかぎ:この3人でやるなら単純に楽しそうだなって。

-それで、モリヤマさんがやりたいことをやろうと?

モリヤマ:そうですね。基本的には。というか、最低の言葉で言うと、ほんとにふたりは下僕。いい意味でも悪い意味でも(笑)。

しかぎ:否定できないところもあるんですよ。僕はもともと後輩ですしね。

モリヤマ:結成したときは完全に僕が王様だったんですよ。だけど今はようやく3人のバンドになった感はあります。最初に、いろいろな人から言われたんですよ。"お前しか目立ってないよな"って。それがイヤで、うわぁって思ってたんですけど。最近は、ね?

しかぎ:うん。僕らもそれは話してました。やっぱりモリヤマだけ名前が知られているじゃないですか。だから、この3人でやることになったとき、モリヤマが新たにバンドを始めましたみたいな印象を持たれていたんですよ。ほんと下僕じゃないですけど、お客さんからも対バンからも付随のメンバーぐらいに思われていて。最初のライヴは、ハルカミライとKAKASHIと3マンでやったんですけど、"モリヤマさんお帰り!"みたいな雰囲気になって、これじゃダメだと思いました。モリヤマのバンドじゃなくて、Dear Chambersにしていかないとって。今はライヴを観てもらえれば、"Dear Chambersです"って言えるぐらいはやれてると思います。

秋吉:ライヴの本数をこなしながらバンドになってきましたね。

モリヤマ:僕のバンドですって意識はそんなに変わってないんですけどね、僕としては。ただ、どんどん理想には近づいていっています。このメンバーで。