Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

アバランチ

2018年11月号掲載

アバランチ

メンバー:千野 洋平(Vo) 鈴木 雄樹(Ba) 青木 哲哉(Dr)

インタビュアー:蜂須賀 ちなみ

-言葉を選ばずに言うと、私は千野さんの書く歌詞を見て"この人、生きづらそうだなぁ"と思ったんですけど、そういう人と一緒にバンドをやってるおふたりはどういう気持ちでいるんだろうと思いまして。

鈴木:どうなんですかね? でも僕はわりと共感することが多いし、なんだかんだ勇気づけられてるなって思う瞬間があるんですよね。たぶん暗いんですよ、僕も。あ、千野君よりは暗くないけど(笑)。

千野:いや、そんなことないと思う(笑)。

鈴木:先ほどおっしゃってたような"本当はああしたい"、"でも何かを失うのが怖いからこうしてる"っていう感覚は自分も常に持ってるんですね。そういうふうに共感ができるから、僕は別に違和感を覚えたことはないです。単純に"うわぁ、エグいこと言ってるな"って引いちゃうときはありますけど(笑)。

青木:僕は......(千野のことを)最初は本当に極端な人だなって思ってたんですけど、慣れちゃったのかな(笑)? もう10年の付き合いになるから"千野君はこう考えてるんだろうな"、"千野君はこう感じてるんだろうな"っていうのがなんとなくわかるようになって。歌詞の内容に関してもそんな感じですね。


原点に戻ってきた感覚。ずっとやってたこと、やろうとしてたことをようやく体現できた


-第一印象としては、青木さんが一番社交的なタイプなのかなと思いました。

青木:そうですね。"○○さんに声を掛けに行こう"みたいに切り込んでいくのは俺が多いです。俺も大概コミュ障なんですけど、なんかおふざけポジションになってて。周りの仲いいバンドに"お前なんかやれよ"って振られるのはだいたい俺です。

千野:打ち上げ番長だもんね。だいたい僕はモニター越しにそれを見て楽しんでるんですけど。

鈴木:その模様を?

千野:そう、番長してる模様を。

-一緒に突撃したいとは思わないですか?

千野:それは思わないですね。青木さんのステージはちょっと、自分にはハードルが高いですから。

青木:はははは!

-でもそういう性格の人が、「「あと少しだよ」」のような曲を書いて、上を向くきっかけを最後の最後に提示するような作品を作っているというのは、とても重要な意味のあることですよね。

千野:そうですね。でもこれは実際のところ、ずっとやってたこと、やろうとしてたことでもあって。だから原点に戻ってきたような感覚なんですよね。精神的な部分だけではなく、楽曲単位、バンド単位で、今回ようやくそれを体現できるようになったんだと思います。

-わかりました。最後にライヴの話をうかがいたくて。12月16日に甲府KAZOO HALLでアルカラとツーマン・ライヴ([アバランチ presents『机上の空論 アバランチ 1st full album "彼岸花と置手紙" release tour 初日~甲府編~』])を行うそうですが。

千野:ありがたいですね。"SWEET LOVE SHOWER 2010"のプレ・オープニング・アクトとしてアルカラが出てたんですけど、僕はそれを現場で目撃してて。そのときはアルカラ初見だったんですけど、2日間観てた中で、俺の中ではアルカラが一番だったんですよ。"プレ・オープニング・アクトで一番持ってくなんてこのバンドは半端ないぞ。絶対いつか一緒にやってやる!"という気持ちがあったので、もう、めちゃくちゃ嬉しいですね。

青木:アルカラとは、渋谷TSUTAYA O-Crestで対バンや年末イベントで一緒にやらせてもらえる機会があったんですけど、打ち上げとかでもいっぱい話したりふざけたりして。そしたら2~3年前ぐらいのある日、太佑(アルカラの稲村太佑/Vo/Gt)さんが"今度(アバランチの地元の)山梨でも一緒にやろうや"って言ってくれたんですね。僕はそれがすごく嬉しかったからずっと覚えてたんですけど、今回リリースが決まったから、もうこのタイミングしかないなと。で、"あの約束を果たしたいっす!"っていう連絡を改めてさせてもらいました。それで実現することになったので、この日は俺らにとっても本当に大事な日になるだろうなと思ってます。

千野:だから僕らも気合入ってます。最高なので絶対来てください!