Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

3SET-BOB

2017年07月号掲載

3SET-BOB

メンバー:YUSUKE(Vo/Gt) KAI(Ba/Vo) RUKA(Dr/Vo)

インタビュアー:荒金 良介

-YUSUKEさんが自分用に作った曲は、ラップとトラックのみで構成されたもの?

YUSUKE:そうですね。だから、レコーディングが終わるまでドキドキしました。

-今作の中ではどの曲になるんですか?

YUSUKE:「24x7」(Track.2)、「嫌YEAH」、「WEAK END」(Track.4)......でも、一番でかいのは「フラッシュバック」(Track.6)ですね。

-「フラッシュバック」は、前作で言えば「P.S.」みたいなスロー・テンポの曲というポジションで。

YUSUKE:「P.S.」で初めてバラードをやったけど、ライヴではやらないつもりだったんですよ。でも、やってみたら好評だったから。

KAI:「P.S.」とは違うバラードみたいな曲が欲しいなということで、YUSUKEが持ってきたんですよ。

RUKA:バラードは飛ばすこともあるかもしれないけど、「フラッシュバック」はスロー・テンポの曲でありながら、ノリは跳ねてますからね。

YUSUKE:厳密にはバラードではないもんね。

-「フラッシュバック」は純粋にいい曲ですね。バンドをまったく知らない人にも届きそうな普遍性があるなと。

YUSUKE:自分用に宅録している曲は、他人には聴かせられないくらいリアルなものもあって。その日の帰り道に思ったことを、ドラムだけ鳴らして録ってますからね。正直、ふたりに聴かせるのも恥ずかしかったんですよ。でも「フラッシュバック」は反応が良かったから、今風に歌詞を変えて完成しました。あと、アコースティック・セットでもやれる曲が欲しかったんです。

-まさにこの曲は初めてアコギを入れてますよね?

YUSUKE:そうですね。アコギとドラムだけのヒップホップも好きなんで、そういうイメージで作りました。アコースティックで聴かせられたら、バンドとしての説得力も増すかなと。普段ライヴハウスに行かない人でも、いい曲だなって感じてもらえるかなと思ったんです。


自分に言ってる言葉が誰かにとって響く言葉になればいい


-ちなみに、YUSUKEさんの中で最も恥ずかしかった曲は?

YUSUKE:「ORIGINALIFE」(Track.5)ですね。この曲はずっとやりたいと思っていたことなんですよ。自分のルーツを語るような内容で、歌詞をメンバーに見せたときは恥ずかしかったです(笑)。

KAI:ありのままだもんね。YUSUKEが思ったことを書いてるから。

RUKA:Aメロ、BメロはYUSUKEの人生そのものだなって(笑)。

YUSUKE:中学のころに今やっているようなバンド・サウンドに出会って、すごく夢中になりましたからね。こういう歌詞を書くのは初めてだけど、ほかのアーティストが自分の生い立ちを綴った曲を聴くのが好きで。この曲があったからこそ......アルバム名は最後に決めたんですけど、この曲名をヒントにつけました。1分半の短い曲だけど、僕の伝えたいことが詰まってます。僕はバンドをやっているけど、僕には僕のオリジナルな人生があって、みんなにはみんなのオリジナルな人生があるじゃんって。だから、一緒に頑張ろうぜって。

-よりパーソナルな表現に変わりましたね。

YUSUKE:全曲に言えるけど、自分に説教しているつもりで歌詞を書いたんですよ。いろいろうまくいかなかったり、つらかったり、金がなかったりとか、やりたくてやってるのに悩んでいる自分がいて。楽しくないわけがないのに、楽しくなかったりして。そういう矛盾って誰しもあると思うし、それに押し潰されそうになる自分がいたから、僕みたいな奴には響くんじゃないかと。お金がない、時間がない、余裕がない。誰かにそう相談されたら、自分なら"やめれば?"と言うと思ったんですよ(笑)。だから、自分に喝を入れるために書きました。

-そこが前作と比べて、大きく違うところだし、表現により説得力が増した要因だと思います。

RUKA:自分は曲や歌詞を書いているわけじゃないけど、バンドをやって、各地でツアーをやって、3人でいろんなものを共有するうちに、それぞれ精神的にもいろいろあっただろうし。そのなかで、YUSUKEは書いてる曲や歌詞にわかりやすく出ているのかなと。

YUSUKE:根本にあるのは"アガッていこうぜ!"という気持ちですからね。

KAI:ポジティヴさは大事だからね。

-今作で表現が変化したのはなぜでしょう?

YUSUKE:バンドを続けるなかで、よりリアルなことを考える機会が増えたから。例えば周りの友達が結婚して、子供ができたりとか......世間的にはバンドをやってると言っても、"へぇ?"という感じなんですよね。でも、俺は向き合ってやっているんだぞって。それで歌詞を書いているときに、結局自分のやりたいことをやっているんだから、弱音を吐いているんじゃねぇよって。自分に言ってる言葉が誰かにとって響く言葉になればいいなと。いままでは楽しさを共有したいという気持ちがあったけど、今回はいい意味で聴く人のことを考えなかったかもしれない(笑)。

-1曲目の「UP&UP」から"『もういいや』ってあきらめたその先に/ずっと欲しかったものがある"といきなりラップで始まりますよね。これもすごくインパクトがありました。

YUSUKE:僕の声だけで始まったら、ドキッとするかなと思って。その言葉も自分に言ってるんですよ。"あきらめたらそこで試合終了"という言葉があるじゃないですか(※漫画"SLAM DUNK"に登場する名ゼリフ)。まぁ、僕は"SLAM DUNK"はそこまで読んでないけど、そのとおりだなと。それを僕なりに解釈した言い方ですね。