Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

PJJ

2016年10月号掲載

PJJ

メンバー:ミヤモトアツシ(Gt/Vo) タカイナオト(Gt)

インタビュアー:岡本 貴之

関西を拠点に活動する4人組バンド、PJJ。今年になって"プラズマ JAP JET"から改名した彼らが、10月5日に1stフル・アルバム『ever gold』をリリースする。愛はズボーン、神頼みレコードが所属することで知られるTOUGH&GUY RECORDSから初のリリースとなる今作は、オーセンティックな泥臭さを感じさせながらも空気感が心地よいサウンドで、聴けば聴くほど身体に沁み込んでくるような作品となっている。そこには他のバンドとは一線を画す音作りへのこだわりがあったようだ。

-1stフル・アルバムが完成した今の率直な気持ちを聞かせてください。

タカイ:ルーツを感じさせるものもできたし、その中で新しいこともできたかなと思ってます。

ミヤモト:"よくできたな"というのと同時に"早く新しいアルバムを作りたい"と思っています。いっぱい曲はできているので、今はもっといいアルバムができるという気持ちです。

-レコーディングはかなり前からやっていたんでしょうか。

ミヤモト:3月からレコーディングを始めて7月までかかりました。SPACE DOG! Recordというインディーズ音楽専門のCDショップを神戸でやっている河原拓宏さんという方がエンジニアなんですけど、拓さんと一緒にこだわりだしたら妥協できなくなってきて長くなっちゃいました。これまでの作品と比べても圧倒的に時間をかけてます。

タカイ:これまでは一発録りだったんですけど、今回はバラバラに録ったということもありますね。

ミヤモト:アンプも替えたりして、ワンフレーズごとや場面ごとに全部アレンジを考えました。それに今回、実はレコーディング・スタジオで録ってないんです。ドラムとかはスタジオで録っているんですけど、ヴォーカルはアンビエント(部屋鳴り)で録ってアコギは拓さんのCDショップで録りました。ギターも全部ラインで録ってから音をリアンプしにスタジオに行って、ひとつずつ音を作りました。その結果、あんまり聴いたことのないようなサウンドになっていると思います。"空気感"をすごく意識していて、全部生音を入れるというテーマで録音しました。

-たしかにすごく空気感を感じました。例えば「Let's Get Lost」(Track.3)とか。

ミヤモト:あ~、はいはい! メンバーもこれが一番音がいいんじゃないかって言ってますね。BPMもハマッてますし。

-アルバム自体はTrack.1「Wait It!」でヴォーカルのシャウトから激しい印象で始まりますよね。

ミヤモト:これはBruce Springsteenみたいな感じでガツンと始まった方がいいんじゃないかと意識しました。あそこくらいしかシャウトしていないんですけど、これ1個あればシャウトのイメージがつくかなと思って。僕はソウルのシャウトが好きなので、そのイメージを一発で感じてほしいなと。

-演奏を聴かせていただくと、昨日今日始めたバンドではないなという実力を感じます。結成から現在に至るまでの経緯を教えてもらえますか?

ミヤモト:2010年に結成したんですけど、メンバーが交通事故に遭ってしまって。あんまり活動ができてなくて、実質2013年から作品を出し始めて本格的に活動しています。メンバーは大学の音楽サークルで出会って、コピー・バンドから始めました。最初にどんな音楽をやろうという話をしたわけではなくて、結構お互いぶつかり合って今に至るという感じです。

-それぞれどんなアーティストから影響を受けているのでしょうか。

タカイ:僕は高校生のころからブルース、ソウル、R&Bが大好きで。Buddy Guy、Jimi Hendrix、Otis Reddingとかですね。

-以前のアーティスト写真でタカイさんを拝見すると、THE ROLLING STONESのKeith Richardsに似てますね。

タカイ:Keith Richardsはよく言われますね。THE ROLLING STONESも大好きですし。Keithはたまたま顔が似ているっていう感じで(笑)。でもリズムの取り方とかは影響を受けています。ギターを始めたきっかけは、エレキ・ギターを見てかっこいいなと思ったんですけど、たまたまエレキを持っていた子がDEEP PURPLEのCDを貸してくれて、そこからEric Claptonにいったり、親父がCharが好きで聴いたり。

ミヤモト:(タカイ)ナオトって名前もCharから取られてますからね。

タカイ:そうなんですよ、親父が好きすぎてCharさんと同じ漢字なんです(※Charの本名は竹中尚人)。

ミヤモト:僕は親父がTHE BEATLES狂なのでかなり小さいころから聞かされてたんですけど、昔はそれほど好きじゃなくて。むしろ兄貴がBLANKEY JET CITYやTHEE MICHELLE GUN ELEPHANT世代なので、バンド・サウンドとしては先にそっちの方を認識しましたね。

-バンドは今年になって"プラズマ JAP JET"からPJJに改名したとのことですが、どうしてなんですか?

ミヤモト:"プラズマ JAP JET"って言っても、"えっ?"って聞き返されて、言い直さないといけなかったんですよね(笑)。それとシンプルなバンド名の方が音楽的にも合っているんじゃないかと思って。決定的だったのは、9月30日に韓国でショーケース・ライヴをするんですけど(※取材日は9月7日)、僕らが憧れているアメリカやイギリスのレーベルが来て売り込み合戦があって、そこで"JAP"って言葉が結構NGだったんですよ。思想が強いバンドかもしれないと思われたりするので。そういうこともあってPJJに変えました。