Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

浮遊スル猫

2015年05月号掲載

浮遊スル猫

浮遊スル猫

メンバー:さはら (Vo/Gt) やがわいちる (Ba/Vo) おみ (Dr)

インタビュアー:沖 さやこ

-エンジニアさんに丸投げをするのではなく、エンジニアさんの意見を取り入れて、自分たちで納得がいくところまでアレンジを突き詰めていったんですね。「感性せよ」はギターに遊び心が効いた曲になっていると思いました。

さはら:これはもう、頭が痛くなる(笑)。この曲は数学的なアンサンブルになっているんで、そういうものを意識して聴いてもらえたら楽しいかな。ベースとドラムの音の中で、ギターがもぐら叩き的な要素で入ってるんですよね。そういうものは今までにないので、楽しいかなって。今までの経験があってできたアレンジだと思います。フェード・アウトも初めてやってみて、結構お気に入りです。

-今回は変拍子が多くて、かなりリズムがテクニカルなので、ドラムは大変なのでは?

おみ:そうですね(笑)。ドラムのフレーズが特に凝ってるのは「感性せよ」と「She is」とか。エンジニアさんとのプリプロを経て、いろんな意見をもらってアレンジが完成して、録ってからエフェクトをかけてもらったりもして。

さはら:「虚栄心パラドックス」はドラムに合わせてトンカチで叩くような音が聴こえて......あれはシンセとギターを一緒に重ねてるんですよね。

-さはらさんのヴォーカルも表現力が増して。

さはら:レコーディングは12時間を7日間で行って、歌録りは楽器を全部録り終わってからしたので、2日間くらいしかなくて。だから全部ぶっつけ本番というか、自分そのものを出した感じで(笑)。だから喉はしんどかったんですけど、その効果もあって曲によっては歌い方が変わってきたんですよね。前半に録ったものはなめらかだけど、最後のほうに録った「Spectre」(Track.3)は深夜のガラガラな感じですごく野生的になりました(笑)。それがいいものになったなと思います。あとやっぱり、ライヴでたくさん歌ってきてるので、『フカシンリョウイキ』から1年以上経って、表現の仕方も変わりましたね。

-前よりも、音に合わせて歌を変えているような印象がありました。

さはら:「Spectre」はベースがゴリッゴリなので、それに負けないようにして(笑)。他の曲はシンセが入ったりしてるんですけど、この曲は完全に3ピース!って感じで。

やがわ:この曲はお客さんのノリを第一に考えた曲なので、音源というよりは"ライヴ"って感じで。ベースも同じフレーズをループさせてるので、結構単純なんですけど(笑)。その中でどれだけ魅せることができるかも課題ですね。

さはら:みんながきれいな音を出しているときは、そこに沿って映えるように歌いたいなと思ってますね。「1か0か」(Track.4)はリズムが重要な曲なので、リズムがバシッと合うように何度も歌いなおして。

やがわ:「1か0か」はノらせるというよりは聴かせる曲ですね。3人でやったときはゴリゴリで、ライヴでもゴリゴリでやってたんですけど、レコーディングしたら綺麗になって。こんなに変わるんだってびっくりした曲なんです。

さはら:前はサビももっとギターをじゃかじゃか弾いてたんですけど、エンジニアさんと話し合ってアルペジオとカッティングを入れたらキラキラしたものになって。この曲で"弾き方ひとつで曲が全然変わるんだな"と思いましたね。

-さはらさんとやがわさんのヴォーカル・ワークも、より融合していると思いました。

やがわ:最初に自分たちでやっていたハモりも、今回は全部エンジニアさんに変えてもらったんです。だからより一層新しく生まれ変わった感じで"こういうハモりの仕方もあるんだ""ここにハモりを入れることで映えるんだな""こうするとこういうふうになるんだ!"という驚きがたくさんあって、勉強になりました。歌において自分が主張すると、声質的にさはらを潰しちゃうので、さはらのバックで自分の声をどう映えさせるか、どう音の一部になるかを今回はすごく気にしましたね。力を入れすぎずにやわらかく歌えばコーラスもきれいになるし、声がひとつの音としてアンサンブルの中に入っていけることもわかりました。