Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Overseas

THE TING TINGS

THE TING TINGS

メンバー:山口 智男

インタビュアー:Katie White (Vo/Gt/Ba/Dr) Jules De Martino (Dr/Vo)

マンチェスターのパーティー・シーンから世界に飛び出してきた男女デュオ、THE TING TINGSが3年ぶりに日本にやって来た。今回は持ち前のDIY精神を取り戻した3rdアルバム『Super Critical』を引っ提げての来日ツアー。来日を待ち望んでいたファンの期待も高かったに違いない。バンドはDJを迎えたトリオ編成で、アルバムとはまた一味違うエネルギッシュなパフォーマンスを披露。見事、観客をKOした。東京公演の2日後、日本で初めてオフを楽しんだというKatieとJulesにインタビューした。

-大阪(12月3日)と東京(同5日)でライヴをやったあと、この土日は何をやって過ごしていたんですか?

Katie(以下K):ショッピングに行ったり、明治神宮に行ったりしてたわ。これまで5回、来日してるんだけど、一度もオフをもらったことがなかったのよ(笑)。今回、やっとオフをもらえて、初めて東京を満喫できてうれしかったわ。

-ショッピングって何を買ったんですか?

K:探し物探知機って言うの? 携帯電話なんかに付けとけば、なくしたとき、どこにあるかわかるってアレ。うちで飼ってる犬に付けたら、迷子になったとき、すぐに見つけられるんじゃないかって思って。いいアイディアでしょ?

Jules(以下J):いや、俺はKatieに付けるべきだと思うよ。だって、買い物してると、すぐにいなくなっちゃうんだからさ(笑)。

-5日の東京公演を見せてもらったんですけど、とても楽しかったです。アルバムとはまた違う面白さがあると思ったんですけど、ライヴではどんなことを意識しているんですか?

J:ポップ畑には、とても洗練されたライヴというか、レコードをそのまま再現するような人たちもいるけど、俺たちはそうじゃないんだ。ライヴではロックならではのエネルギーを表現したいんだ。それに、ただ決まったフレーズを弾いてるだけじゃつまらない。その場その場で感じたものも表現していかなきゃね。同期する音源にしても全部できあがったトラックをただ流すんじゃなくて、それも演奏のひとつとして組み込むようにしている。そうすることでミスすることももちろんある。でも、そういうちょっとしたハプニングがあるのもライヴの醍醐味だと思う。何が起こるかわからないようなところを楽しみたいんだ。

-ロックのエネルギーという意味では、どんなバンドから影響を受けているんですか?

K:BLONDIEとTALKING HEADSね。これまでリリースしてきた3枚のアルバムはそれぞれに音楽性を変えてきたけど、その2つのバンドは変わらずに大好きよ。

-でも、2組ともKatieの年齢だとちょっと昔のバンドになりますよね(笑)?

K:そうね。もちろん後追いよ(笑)。でも、出会えてすごくよかった! SUMMER SONICでTOM TOM CLUB(TALKING HEADSのTina WeymouthとChris frantzが1981年に結成したユニット)を見ることができたときは興奮したわ。私、Tinaが大好きなのよ。TALKING HEADSのどこが好きって、パンクはパンクでもSEX PISTOLSのようなパンクではなくて、ディスコ・サウンドやニュー・ウェイヴ・サウンドも取り入れたし、アートぽくって、映像作品も何度見ても飽きないようなものをたくさん作ってたじゃない。そういうクリエイティヴなところもいいと思うけど、そうかと思えば、ライヴではヘンテコなこともやったりする。そういうところがいいのよねぇ。

-Julesはどうですか?

J:影響を受けたバンドはいっぱいるけどね。ライヴはとにかくシンプルにやりたいんだ。今回はDJもいたけど、基本はこのふたり。ふたりだけでも同期を使えば、アルバムのサウンドを忠実に再現することもできるけど、さっきも言ったようにライヴでしかできないことをふたりで作り上げたいんだ。今回、ライヴの最後にやった「Hands」って曲はレコードとは全然違う。ディストーションを掛けて、ギターを歪ませて、レコードよりもデカい声で歌うっていうアレンジにしてるんだけど、それをレコードでやってしまうと曲の良さが失われてしまう。でも、ライヴだったら元々ある曲に違う解釈を加えることによって、何通りにでも演奏することができる。そういうのがライヴの面白さだと思う。もっとも、自分たちが飽きないためでもあるんだけど、ライヴではいつもそういうことを心がけてるよ。

-以前はベーシストとドラマーを探していましたよね?

K:オーストラリアで6公演だけリズム隊を加えてライヴをやったこともあったんだけど、リズム隊のふたりをそっちのけでライヴをやっちゃったのよね(笑)。いい人たちだったから心苦しかったわ。Julesとふたりでやるときは、ステージには当然、Julesと私しかいないわけだから、この空間をふたりで埋めなきゃと思って、ものすごいエネルギーが出るんだけど、リズム隊を加えたら、ふたりでやるときほどエネルギーが出なかったのよ。もうふたりいるから大丈夫だって安心しちゃったのかも。とにかくうまくいかなかったのよね。