Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

noodles

2013年09月号掲載

noodles

メンバー:Yoko (Vo/Gt) Ikuno (Ba) Ayumi (Dr)

インタビュアー:吉羽 さおり

結成20周年のアニバーサリー・イヤーを終え、昨年はアルバム『Funtime』をリリースし、また新たな時を刻みはじめたnoodlesが、初のカバー・アルバム『MAKE UP TO BREAK UP』をリリースする。PIXIESやWEEZERやGREEN DAY、またBLOOD RED SHOESなどとてもnoodlesらしいUSオルタナやインディー・ロックから、ゆらゆら帝国、YMO、BUCK-TICKといった日本のバンドの曲、ポップスの名曲たちというバラエティに富んだ曲を、ポップでシャイニーなnoodles色で染め上げている。カバー集ゆえの遊び心や、軽やかに楽しんでいる感じも、またいい。きらめくノイズが迸ったバーストするギターと、陽のビートが織り成すキラー・チューンを、たっぷり楽しんでほしいアルバムだ。

-noodlesにとって初のカバー・アルバムということですが、PIXIESやWEEZERなどルーツや、これは絶対にはまるだろうなという曲から、なかには驚くような意外なバンドの曲のカバーもあって面白い内容です。メンバーそれぞれで、やってみたい曲や好きな曲をセレクトしていった感じだったんですか?

Yoko:そうですね。PIXIESとかは誰がということではなく、きっとやったら面白いなと思って入れた曲ですね。個人個人のルーツだったり、個々で大好きな曲っていうよりは、noodlesとしてこの曲をカバーしたら面白いんじゃないかっていうのを視点に選んだっていう感じですね。

-意外なところでは、YMO「NICE AGE」やBUCK-TICK「LOVE ME」のカバーだと思いますが、このあたりはどういったことで選ばれたんですか。

Yoko:BUCK-TICKは結成した当時に、この「LOVE ME」という曲を練習曲みたいな感じでちょっとやっていたことがあったんです。その流れで今回絶対入れたいなと思っていて。YMOはIkunoちゃんがどうだろう?って、持ってきた曲でした。

Ikuno:あまり深く考えず、だったんですけどね(笑)。自分の好きな曲で、やったら面白いかなっていうもので。シンセサウンドの印象が強いYMOの曲を私達3人でバンドサウンドでやってみよう、と。

Yoko:あえて、打ち込みを使わずに自分たちの楽器だけでやろうっていうのが、このYMOの曲に関してのテーマで。本来、YMOみたいな曲やディスコ・サウンドとか、バンド音楽じゃないものをバンドでカバーしてアレンジしたら、きっと面白いんだろうなとは思ったんだけど。わりと、自分たちの好きなバンドの好きな曲をえらんでしまったところがあって。もともとバンドの曲を、バンド音楽でカバーするっていう、そのへんのアレンジがいちばん難しかったですね。

-好きだからこそ、というジレンマもありますしね。実際に、どう向き合っていった感じですか。あまり手を入れ過ぎずみたいなことも?

Yoko:その塩梅がすごく難しいところでしたね。全然アレンジしてないのも良くないし、でもアレンジするならばとてもかっこいいアレンジで、それがいい感じに変わっていかないと意味がないし。自分たちも今までいろんな人がやってきたカバー曲を聴いて、すごくいいものもあれば、すごく、残念だなっていうのもあるじゃないですか。その残念なのにならないように、原曲が好きな人にも気に入ってもらいたいし、っていうそのへんが難しかったけれども。

-Tracey Ullmanの「Breakaway」は?

Yoko:実はこの「Breakaway」という曲をカバーしたいと思ったのが、カバー・アルバムをつくるきっかけになったという曲で。誰かがDJでかけていたのを聴いて、ずっとカバーしたいなと思っていたんですね。それを思ったのは、10年以上前のことだったんです。

-これまで手をつけずにいたんですか?

Yoko:そうなんです。カバー・アルバムはすごく出したくて、5、6年前くらいからふたりにも相談していたんですけど。2011年には20周年のアニバーサリーがあったり、その前にはレーベルの10周年もあって、ふたりとも“ちょっと、今じゃないんじゃない?”って、あまり乗り気じゃなかったんですね。今思うとおかしかったなと、自分でも思うんですけどね(笑)。アニバーサリーも終わって、新しくアルバム『Funtime』も出して、じゃあ次ってなったときに“今がカバー・アルバムかもね”っていう気持ちが揃ったので、ようやく今作に至ったと言うことですね。

-ちょっとタイミングもずれたことで、より肩の力もぬいて楽しくできたっていうのもありますかね。

Yoko:そうだね、時が来た!って感じだったよね(笑)?