Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

group_inou

2012年04月号掲載

group_inou

メンバー:imai(TRACK)、cp(MC)

インタビュアー:遠藤 孝行

夏フェスや大きなライヴ・イベントと様々なシチュエーションのライヴでもオーディエンスを巻き込み破格の存在感を示し、そのヒップホップともエレクトロとも表現出来る中毒性の高いサウンドで快進撃を続けるgroup_inou。その彼らから久々にニュー・シングルが届けられた。メロウで切ない「MONKEY」とポップなダンス・チューンである「JUDGE」。秋には新たなアルバムを予定しているというお二人に今作を中心にメール・インタビューを敢行。その回答からは彼ら独自のセンスとそのクールなスタイルが垣間見れるのではないだろうか。

-4枚目のシングル『MONKEY / JUDGE』リリースおめでとうございます。まずリリースしての今のお気持ちを聞かせて下さい。

ありがとうございます!記念すべき十作品目のリリースとなり至高の極みです。

-「MONKEY」、「JUDGE」と対照的で素晴らしい2曲だと思ったのですが、この2曲を両A面シングルとした理由はあるのでしょうか?

ありがとうございます。両A面にした理由ですが、単純に色の違う良い曲ができたからです。今回の作品は3曲目の「MYSTERY (INA BAUER VERSION)」も含め、一枚を通して色々な面が見せられるバランスの良さがあると思います。

-アルバム『_(アンダーバー)』から約2年振りの新作となるわけですが、その間はどのような活動をしていたのでしょうか?

地道なライヴ活動と制作を行っていました。真面目に、着実に、一歩ずつでもいい、そう、確かな足取りで、一歩ずつ、着実に歩んできた。そんな2年でした。

-「MONKEY」は今までのgroup_inouの作品の流れを汲むシンセ・サウンドが心地いいとてもメロウでセンチメンタルなナンバーだと思ったのですが、この曲はどのように作られていったのでしょうか?

去年のRISING SUN ROCK FESTIVALの出番がちょうど夕暮れ時だったので、そこで演奏したら気持ちいいだろうと思い、間に合うように完成させました。

-また「MONKEY」は夏の午後の、誰でも感じたことがあるようなすっきりしない気持ちを思わせるようなリリックがとても印象的に感じたのですが、この楽曲に対するイメージというのはどのようなものなのでしょうか?

イメージは千差万別、人それぞれ、色々なイメージが自由に湧くように心掛けています。“時間”“移動”“気持ち”これらの共通項に“流れ”がございます。

-「JUDGE」は「MONKEY」とは対照的なBPMの早いポップでキャッチーなダンス・ナンバーだと思います。この楽曲はどのようなイメージで作られたものなのでしょうか?

ファン、ライヴに来てくれるお客さんやみんなのことを思い浮かべ、ヘッド・バンキングしながら作りました。

-「JUDGE」は少し毒のあるリズミカルでコミカルなリリックが印象的でした。いろいろな解釈ができるかと思うのですが、この楽曲に込められているメッセージなどあれば教えて下さい。

枠を取り払った時、人は何を基準に判断するのか。といったご提案でございます。