Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

FEATURE

Japanese

SEKAI NO OWARI

2011年09月号掲載

SEKAI NO OWARI

ライター:花塚 寿美礼

“彗星のごとく”という表現がこれほど、ぴったりくるバンドもいない。

2010年の音楽シーンに突如、現れた4人組“世界の終わり”改め“SEKAI NO OWARI”。ポップなメロディとは相反する考えれば考えるほど深い痛烈な深瀬 慧(Vo&Gt)の描く歌詞、そして驚かされたのはそのバンド構成。要とも言えるベースとドラムが不在。しかもDJがピエロという風貌も異様だった。そんな彼らが8月17日、シングル『INORI』をリリースし、メジャー進出を果たす。
大田区にある“clubEARTH”というライヴ・ハウス。ここは彼らが一から立ち上げたハコであり、4人はここで生活を共にし、公私共に“ホーム”であるこの場所からすべては始まった。若者が一からライヴ・ハウスを作り上げる、それは金銭的な問題も含め容易なことではないことが想像できる。そんなライヴ・ハウスの名前が付けられたアルバム『EARTH』をリリースし、その『EARTH』は全国のCDショップ店員が聴かせたいと思う作品を投票で選ぶ「第3回CDショップ大賞」で準大賞に選ばれたり、続いてリリースされた両A面シングル『天使と悪魔/ファンタジー』はドラマ主題歌になったりと楽曲が徐々に知れ渡ることとなる。

今作『INORI』はトリプルリードシングル。今までは主に深瀬がソング・ライティングを、アレンジを中島真一(Gt)が担うというスタイルだったが今作は深瀬、中島、藤崎彩織(Pf)の3人が作詞と作曲を行うという形で作り上げた。この“4人だからこそ鳴らせる音”というのが確固として現れた作品になった。静かなピアノの音色から幕開けする「花鳥風月」は夏の始まりを告げるよう。作詞を手掛けるのは初となる藤崎によるもので、和のテイストがあるセカオワの新機軸となりそうなナンバー。「不死鳥」は作詞・深瀬、作曲・中島にて紡がれた躍動的なサウンドにロボットと人間の恋が描かれる。深瀬も今までにないくらい力強く、表情豊かな声を聴かせてくれる。そして世界の終わりが世界は終わらないとタイトルに謳った「Never Ending World」。作詞・深瀬、作曲・藤崎で送られるピアノの旋律が壮大なバラード曲は震災後に作られたものである。

また、このシングルは配信もいいが、ぜひ実際に手にとってもらいたい。
ジャケットには、おもしろい仕掛けが。これは手にしたものしかわからない特権。現在はclubEARTHを離れ、別の場所でデザイナーチームとメンバーが同居しているという環境から、自然とおもしろいアイディアが形になったアートワークなのだろう。

DVDとしてもリリースされたC.C.Lemonホール公演もチケット即完売という大盛況。セカオワ・ワールドがふんだんに散りばめられたライヴではオーディエンスとのコミュニケーションを通して楽曲の素晴らしさを再認識させてくれた。すでに発表されている通り、11月には初の日本武道館公演が控えている。自らが作り上げたclubEARTHというハコで少ないお客さんの前でライヴをしていた彼らが武道館へ。

“「僕ら」の「夢」が儚いと言われようとも
それを止める理由にはならない
もしもソレが嘘や偽りだとしても
ソレが「真実」に変わるまで
僕らは謳う”

この「Never Ending World」の歌詞にSEKAI NO OWARIの決意や歌への強い意思を感じてならない。
彼らは理想や願い、それを本物になるまで歌い続けてくれるはずだろう。強い志を持ってここからまた新たに、世界の終わりが終わってSEKAI NO OWARIが始まる-。

  • 1