Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

DISC REVIEW

Overseas

2022年12月号掲載

Profound Mysteries III

RÖYKSOPP

『Profound Mysteries III』

Release Date : 2022-11-26
Label : ウルトラ・ヴァイヴ

20年以上のキャリアを誇る北欧ノルウェーのエレクトロ・デュオが、約1年をかけ楽曲や映像作品などを発表する壮大でコンセプチュアルなプロジェクト"Profound Mysteries"の第3弾にして完結編をリリースした。全体としてダークで内省的なトーンにまとめられているが、陶酔感あるニュー・ウェーヴの中でメロディ・センスが光る「Me&Youphoria」、Susanne Sundførをフィーチャーしたエレポップの「Stay Awhile」、アトモスフェリックな長尺曲「Speed King」など、多彩で幽玄な表現が詰まっている。プロジェクトを締めくくる楽曲でありながら突き放すようなニヒリズムを湛えた「Like An Old Dog」まで、徹底した美学が貫かれた作品。(菅谷 透)


Related DISC REVIEW

Profound Mysteries III

20年以上のキャリアを誇る北欧ノルウェーのエレクトロ・デュオが、約1年をかけ楽曲や映像作品などを発表する壮大でコンセプチュアルなプロジェクト"Profound Mysteries"の第3弾にして完結編をリリースした。全体としてダークで内省的なトーンにまとめられているが、陶酔感あるニュー・ウェーヴの中でメロディ・センスが光る「Me&Youphoria」、Susanne Sundførをフィーチャーしたエレポップの「Stay Awhile」、アトモスフェリックな長尺曲「Speed King」など、多彩で幽玄な表現が詰まっている。プロジェクトを締めくくる楽曲でありながら突き放すようなニヒリズムを湛えた「Like An Old Dog」まで、徹底した美学が貫かれた作品。(菅谷 透)


Junior

北欧の誇るエレクトロ・ポップ・ユニットは、結成10周年目にして新たな季節を迎えた。 一聴してまず、これまでにないほどの多幸感に満ちた耳触りに驚かされる。冒頭を飾る「Happy Up Here」は、あの「Eple」が躁転したかのような、ちょっと笑っちゃうくらいキャッチーなナンバー。それ以降も、陽気でポジティヴなムードが全編を包み、冷ややかなムードだった前作とは印象がガラッと異なる作品になっている。疲弊しきった時代の空気を吹き飛ばすように。 ROYKSOPP特有の魔法、どこか懐かしく浮遊感のあるメロディはもちろん健在。しかし、これまでは白昼夢の世界に誘うようにそれが作用していたのに対し、本作は現実を塗り替えるような作用を持っている。冬の時代を春に変えていく、異化作用だ。(榎山 朝彦)