Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

DISC REVIEW

Japanese

Empathy

声優でアーティストの上田麗奈がアルバム『Empathy』を完成。2016年のデビュー・ミニ・アルバムでは、繊細に丁寧に物語を紡いでいく印象が強かったが、今回は躍動的な曲、ポップで晴れやかな曲も増え、カラフルさが増した。Kai Takahashi(LUCKY TAPES)が作曲/編曲をしたポップ・チューン「アイオライト」は、上田がLUCKY TAPESを聴き、曲を書いてもらいたいという思いが実現したもの。またORESAMAによる「あまい夢」では、スウィートな歌声が抜群に映える。ストリングス基調のクラシカルな曲やファンタジックな曲など、それぞれの曲や感情表現で声色も細やかなグラデーションを描くのは、声優業で培ってきたものも反映されている。作品の彩りをその歌で表現した1枚だ。(吉羽 さおり)